2006年8月24日

自分の直感を信じる

自分の直感を信じますか?

そう聞かれたら、迷わず「はい」と答えます。

なぜなら、直感とかひらめきとか、決して偶然ではないと信じているからです。

必要だから、パッと思いつくのだと。

でも、そんな直感ばかりに頼って大丈夫?

そういう心配は、無用です。

なぜなら、そうそう直感なんて、ありませんから。

そんな滅多にない直感だからこそ、大切にしたいと考えるのです。

きっと、計り知れない、何か大きな力が作用していると思えるから、大切にしたいのです。

直感に限らず、何らかの芯をもつことは大切でしょう。

いざとなっても、決してぶれることのない芯を。

私の場合、そんな芯のひとつが「自分の直感を信じる」なのです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。
**************
釈円融のe-book書店”EnYou堂”にて「体験記」「こころの癒詩」販売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日

人生を変えるコツ

人として、この世に存在していること、それ自体が奇跡です。

しかし、なかなか実感できていないのでは?

存在自体が奇跡だとすれば、自分の中に奇跡を見ることが出来るはずです。

そして、自分の中に奇跡を見出せれば、人生が変わると思うのです。

何をもって奇跡と言うかは、人それぞれでしょう。

“絶対無理だと思っていたことが、出来てしまった”

単純ですが、これだって、本人にとっては、りっぱな奇跡です。

そう考えれば、自分だって、まだまだ捨てたもんじゃない、と思えます。

無限の可能性を、感じることが出来るのです。

そうなると、どうなるでしょう?

大概のことには、動じなくなります。

心が、常に、平静でいられるのです。

何が起こっても、自分にとって、必然だと思えるようになります。

後ろばかり氣にしていた生き方から、前を見つめる生き方へ変わります。

その積み重ねが、人生を変えていくのだと思うのです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。
**************
釈円融のe-book書店”EnYou堂”にて「体験記」「こころの癒詩」販売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 6日

やっぱり笑顔

人間関係で、トラブルを起こしている時・・・

よくある原因として、感謝の強要があります。

私がこんなにしたんだから、あなたもやって(もしくは、感謝して)

どんな人でも、強要されると嫌なものです。

特に感謝なんて、自発的に起こるもの。

ムリヤリ感謝してもらっても、それは真の感謝ではありません。

方法は、一つしかないのです。

相手が心から感謝してくれるよう、努力するのみ。

その相手と接している時、どういう表情でしょう?

ひょっとして、般若のようなきびしい顔で接しているのでは?

まずは、笑顔で接する努力が、必要だと思うのです。

怒りながら「ありがとう」とは言えません。

やはり感謝の氣持ちの入り口は、笑顔ではないでしょうか?

ひょっとしたら、笑顔でほとんどの人間関係、スムーズになるかも?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。
**************釈円融のe-book書店”EnYou堂”にて「体験記」「こころの癒詩」販売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 2日

弱い自分と会話する

分かっちゃいるけど、止められない。

本当に、人間という生き物は、弱いものです。

イライラするくらいならと、食後のタバコ。

ダイエット中に、ケーキバイキング。

肝機能を注意されても、夏の日のビール。

百人が百人とも、頭では理解しているのです。

でも、ついつい、誘惑にほだされて・・・

そんな甘さを、根氣よくつぶしていく作業。

それが、まさしく、自分磨きです。

もう、どうでもイイヤ。

投げるのも人生。

イヤ、ここで踏んばり我慢しよう。

成長続けるのも人生です。

一体、自分は、どの道を歩んでいるのか?

たまには、じっくり会話してみるのです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。
**************釈円融のe-book書店”EnYou堂”にて「体験記」「こころの癒詩」販売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日

なぜ生きるのか3

私のつかんだ答とは・・・

それは、“幸福になるために生きる”というものです。

おそらく、多くの人が「何を当たり前のこと言ってるの?」と思われたはず。

誰だって、不幸になるために生きたいとは思いません。

それだったら、死んだ方がまし、なんてことになってしまいますから。

すると今度は、幸福とは何?となってしまいます。

幸福とは、平穏な心でいられることだと思うのです。

何をやっても、笑顔でいられることだと考えるのです。

そのためには、地位や財産、健康などが必要なのでしょうか?

それらに関しては、こう思えるようになりました。

有っても良し、無くても又良し、と。

こう思えると、ものすごく楽になります。

ありのままの自分を、ありのままに受け入れるだけです。

だからといって、何も努力する必要が無いとは言いません。

でも、その努力さえ、楽しく感じられるのです。

これぞ、まさしく“幸福になるために生きる”の、実践だと思っています。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。
**************釈円融のe-book書店”EnYou堂”にて「体験記」「こころの癒詩」販売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日

なぜ生きるのか2

なぜ生きるのかが、分からない・・・

その答が分からないため、苦しいわけです。

でも、その苦しみ、ひょっとしたら必要なのかも知れません。

自分なりに、もがき苦しむ。

その結果、得たものこそが、自分にとっての本物でしょうから。

私が、私なりに得た、答。

なぜ、生きるのか?に対する答。

実際に、得てみると、拍子抜けするくらい簡単なものでした。

でも、ここに行き着くまでには、それなりの辛苦はあったわけで。

おそらく、その苦労があったため、しっくりと収まってるのかも知れません。

何も考える必要のない時に、この答を言われても「ふ~ん」で終わったことでしょう。

「そんなの、当たり前でしょう」と思うだけだったかも。

しかし、今は違います。

なぜ、生きるのか?

確かに、それに対する答をつかんだと思うのです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。
**************
釈円融のe-book書店”EnYou堂”にて「体験記」「こころの癒詩」販売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日

なぜ生きるのか1

年間3万人以上の日本人が、自ら命を絶っています。

ようやく国の方も、詳しい理由を調査するようです。

でも、もっと根源的なものがあると思うのです。

それは、なぜ生きるのか?ということ。

なぜ、自分が、この世に生まれてきたのか?ということです。

それに対する明確な答を知らない事の方が、問題ではないでしょうか?

学校では、決して教えてくれません。

じゃあ、家庭で親が子に教えているのか?

結局、人間の根幹に関わる問題なのに、触れる機会が皆無に近いのです。

なぜ生きるのか?

もう一度、真剣に、考えてみたのです。

その中で、ひとつのことを学びました。

それは、目標と目的は、まったく次元の異なるものだということ。

目標は、それをクリアした段階で、消え去ります。

しかし、目的は、未来永劫続くわけです。

なぜ生きるのか?は、永遠に続く目的だったわけです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。
**************釈円融のe-book書店”EnYou堂”にて「体験記」「こころの癒詩」販売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日

選択することが生きること

人生とは、選択の連続である。

そういう先人の言葉があります。

言われてみれば、選択から選択です。

おまけに、選択したのは自分自身です。

にもかかわらず、それを他人のせいにしがちなのは、なぜでしょう。

選択肢を掲げたのが、他人だったから?

でも、その中から選んだのは、やっぱり自分。

どう転んでも、そのことを、誰かのせいには出来ないはず。

選択した結果生じた責任から、逃れたいのでしょうか?

確かに、他人のせいにしてしまえば、楽でしょう。

しかし、原因と結果の法則があるわけで。

必ず、何らかの責任が回ってくるものです。

そうであるなら、積極的に責任を負う方が、もっと楽です。

選択には、責任が生ずる。

このことを、しっかり押さえておきたいものです。

**************
釈円融のe-book書店”EnYou堂”にて「体験記」「こころの癒詩」販売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日

成功体験の必要性

ご訪問ありがとうございます、釈円融です。

何かに向かって努力しても、すぐ成果が出るわけではありません。

数日だったり、数ヶ月、はたまた数年なんて場合も。

その期間、我慢できる人できない人。

大きく、この2種類のタイプに別れるでしょう。

どういった理由で別れるのか?

ひょっとしたら、何か大きな理由があるのかもしれません。

ただ、釈円融的には、こう解釈しています。

一度でも、成果を見ることの出来た人は、我慢できるのでは?と。

最初から、3年努力しろなんて言われても、厳しいものがあります。

まずは、数日で成果の出るものから、始めてみるのです。

身体的なものでもいいし、精神的なものでもいいのです。

まずは、何らかの成果を出し、満足感を得るのです。

例え、他人の目から見れば、つまらないものでも構いません。

大切なのは、自分の氣持ちです。

最初の一滴が、大きな波紋となって、広がっていくのです。

すぐあきらめてしまう前に、簡単なことからやってみるのはどうでしょう?

**************
釈円融のe-book書店”EnYou堂”にて「体験記」「こころの癒詩」販売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日

あなたはダメじゃない

人間生きてれば、ちょっとしたことで、行き詰まったりするものです。

そんな時って、悪い方へ、悪い方へと考えがち。

「どうして、こんなにダメな人間なんだ・・・」なんて。

そんな悪循環から救ってくれるものがあるとしたら?

それは、今までで、一番輝いていた時の自分です。

子どもの時の思い出でも良いし、恋人との思い出でも構いません。

とにかく、全然ダメじゃなかった自分を思い出すのです。

すると、光が差してきます。

自分で思ってるほど、ダメじゃないかも・・・

さあ、後は氣を取り戻して、再スタート。

自分くらいは、自分のことを信じてあげるべきなのです。

**************
釈円融のe-book書店”EnYou堂”にて「体験記」「こころの癒詩」販売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧