2018年8月20日

すでに届いているということ

今では、多くの人が手にしているスマホ。

だからといって、その原理を、理解しているわけじゃない。

それらを知らずとも、普通に、使えるからだ。

指先を動かすだけで、いろいろなことが、出来てしまう。

この場合の「出来る」は、どこに繋がっているのか?

パッと見、自分が出来るように感じる。

でも、出来ているのは、スマホ本体なのだ。

スマホの中に、すでに、「出来る」ことは、含まれている。

自分がやっているのは、指先を、動かしているだけ。

自分が知っているのは、指先を動かせば、どう表示されるかだけ。

すでに、それは、届いている。

それに気づくか、どうかなのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月19日

ピュアな心とか

「ピュアな心」というコピーを見た。

心は純粋無垢ということだろうか?

でも、実際は、どうだろう?

観察するにしても、対象は、自分の心のみ。

他人の心なんて、分かりようもないから。

そこで、改めて、自分の心と対峙してみる。

ピュアか?

どこをどうみても、その逆としか思えない。

であるなら、そのコピーが言いたかったのは、理想?

だとすれば、言えることはある。

汚れは、落とすべきなのだろう、と。

まあ、それだけで、一生掛かりそうだが。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月16日

それしかなければ

秋になれば、涼しくなる。

それを知るから、夏の猛暑も、耐えられる。

それもこれも、四季があるから。

もし1年365日、猛暑のみなら?

最初からそうだったら、悩むこともない。

しかし、ある日突然、そうなったら?

おそらく、多くの人が、なぜ?と考える。

そして、ああだこうだと、考察するだろう。

それでも、解決策が、見当たらなければ?

猛暑日しかないことを、受け入れるのみ。

いくら不満があろうとも、出来ることは、そこしかない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月14日

いやはや知らぬことばかり

ニュース記事を流し読みしていたら、「後生大事に」という言葉が。

この後生という言葉も、仏教用語にある。

字面で説明すれば、死んだ後の生まれ。

死んだ後に、浄土に生まれる、と言った感じだろうか?

なぜ後生に引っかかったかといえば、最近読んでいる蓮如上人の御文章に出て来たから。

それも、「後生の一大事」という表現で。

素人には、難解な概念なのだ。

ちょっとした心トレから始まり、心を知ろうとして、仏教を学び出す。

その結果、毎朝、文語体の文章と格闘。

そして、自分の無能さに、打ちひしがれている、と。

ただ、それさえ楽しめているのも、事実。

生産性は無いのだろうが、充実した時間ではある。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月13日

先例から学ぶべきことは

偉人の最期の言葉をまとめている、サイトがあった。

そこに横たわっていたのは、後悔。

結局、自分は、何をやってきたのか?

それを嘆きつつ、死を迎えていた‥‥

偉人と呼ばれる人たちでも、そうなのだ。

自分のような凡人では、どうなることか。

そのことを、はっきり、認識しておく。

すると、今、この瞬間に、やるべきことが見えてくる。

そもそも、人として生まれてきたことが、奇跡的。

なのに、あまりに、のんべんだらり。

これまでの生き方に、喝入れ直す。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月12日

季節が変わるということは

毎日暑いと言いつつも、空を見上げれば、秋の雲。

季節は、確実に、移ろっている。

また一歩、人生の終幕に、近づいたことに。

でも、その移ろいが、ゆっくり過ぎて、実感に乏しい。

もし、ジェットコースター並みのスピードだったら?

さすがに、感じることもあろう。

何と言っても、終点が、グングン近づいてくるのだから。

おまけに、ブレーキの気配さえない。

レールもどうやら、切れている。

なのに、呑気に、ぼんやり過ごす?

だから、やるべきことを、しっかりと。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日

心を構えて

大昔は、五体満足であることが、最低の生きる条件。

障害があるだけで、生き残れなかった。

だからこそ「五体満足で生まれさえすれば」という台詞が出てくる。

その流れは、今も続く。

さすがに、障害があるだけで、すぐ死ぬようなことはない。

それでも、社会の前提条件は、五体満足なのだ。

これは、未来永劫、消えないだろう。

だから、障害を持つ方が、覚悟を決めねばならない。

他人の優しさなんか期待すれば、足元すくわれる、と。

すくわれても、ひっくり返らぬよう、心を鍛える。

理不尽さの風雨に晒されても、風邪引かないように。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日

征服すべき山があり

発症当時、時間が経てば経つほど、麻痺が進んだ。

映像の早送りのように、日に日に、動かなくなっていた。

その状態で、死を意識するなと言う方が、無理だろう。

しかし、不思議なことに、あっさりしたものだった。

死んだ後のことを、事務引き継ぎみたいな感じで、書き記した。

過大に評価すれば、死に対し、狼狽えることがなかった?

ただ、死の予感が無かったのも確か。

麻痺が進んでいたにも関わらず、何となく、まだ死なないかな、と。

だから、淡々と、遺言書もどきを作成できたのだろう。

これをもって、死を乗り越えたとは、思ってもいない。

その前に、超えるべき、大きな山があるわけで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 9日

こんなとこにも

クレヨンしんちゃんという、アニメがある。

主人公である野原家の掛け軸には、「色即是空」

実は、奥深い設定だったりするわけで。

そもそも、色即是空って、どういう意味?

まさか、しんちゃんが説明するわけじゃない。

だから、自分で、学ばねばならないわけだ。

しかし、たかがアニメのワンシーンについて、そこまでやるか?

ただ、アニメに限らず、生活シーンのあちこちに、仏の教えが、散りばめられている。

そこに気づいて、学ぶかどうかだろう。

元は、ブッダが2600年前に説いたもの。

それらが、色褪せることなく、心を鍛える教材となる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 8日

心の中の恐ろしさ

心を鍛えようと、まずは、心そのものを調べる。

調べれば調べるほど、その劣悪さに、愕然とする。

そこに広がるは、まさに、救いのない世界。

それもこれも、自業自得、自分でまいた種なのだ。

後は、死んだら、地獄行き。

あ然とするしか無かった。

ここまで来て、ようやく、歎異抄の「悪人」の輪郭が、ぼんやりと。

心って、簡単な文字である。

しかし、書けることと、意味を知ることとは、次元が違う。

書けるから、読めるからと言って、心を知るわけじゃない。

下手な怪談よりも、恐ろしい世界が、広がっているのを、実感してしまう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧