2020年10月14日

たまには外から刺激を

世の中、便利な品が溢れている。

見れば見るほど、欲しくなるような品が。

それらに手を伸ばし、ふと考える。

この品、今使っていない品々を組み合わせれば、代替えできるのでは?

よほど画期的な品でない限り、何とかなるもの。

要は、創意工夫ということに。

緊急性がなければ、程よい頭の体操にもなる。

このような外からの刺激、たまには必要だ。

そうでないと、頭の中が、凝り固まる。

自力でほぐすには、力が足らない。

だから、たまには、外に出る。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月11日

用が済んだらお引取り

何かを動かすには、力が必要。

とにかく動き出すまで、目一杯、力を入れる。

でも、動き出したら、楽になる。

動きを維持するだけの力で、十分だから。

必要なのは、止めない努力。

つまりは、観察力だ。

止まりそうになるなら、ちょっと、力を入れる。

動き過ぎなら、その力を緩める、といった具合に。

動き出すまでに入れた、目一杯の力は、すでに用済み。

いつまでも、それに執着していたら、とんでもないことになる。

何かが変われば、当然、自分の側も変わらねば。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月 9日

ゴミは本当に出てきたのか

家の大掃除をすると、大量のゴミが出る。

しかし、実際は違う。

それらのゴミを、ただ、見ないようにしていただけ。

大掃除の前も、しっかり、家の中に、鎮座していたわけだ。

そこに在るのに、見なければ、無い。

だから、ゴミを捨てるには、まず、見なければならない。

それは、家のゴミも、心のゴミも同様。

見なければ、気づけないのだ。

心のゴミは、家のゴミ以上に、見ようとしない。

そもそも、ゴミという自覚さえない。

見ないままだと、大変な状態に、なっているかも。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月 5日

無いようで有る積み重ね

リハビリというのは、積み重ねである。

それも、長期運用の。

よって、昨日と今日では、何も違わない。

一昨日と今日でも、変化はない。

でも、一ヶ月前と今日とでは、違いが分かる。

小さいけれど、変化が見られる。

預金利子が、「1円」付くようなもの。

これが、一年前と比べれば、どうだろう?

それなりの変化が、見られるだろう。

預金利子も、「10円」くらいは付いている。

それもこれも、コツコツ積み重ねてきたから。

見えない所で、しっかり、積まれていたのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月 2日

何となくを続けるか

目標を持っている者と、何となく生きている者。

どちらが、人として強いか、言うまでもないだろう。

目指すべきものを持つ人には、余計なものは目に入らない。

ただ、まっすぐに、その道を進む。

方や、何となく生きてると、余計なものに、目移りする。

何が、自分にとって必要かの、選択肢を持っていないからだ。

最終的に残るのは、満足した人生か、何のために生きてきたのだろう?という疑問。

さあ、どちらを選ぶ?

そこまで問われても、まだ、何となく生きる?

結局、この自問自答をしないから、何となく生き続けてしまう。

ため息つきながら、人生終わる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年9月25日

見かけだけの義務もどき

生きていれば、「やらねばならないこと」がある。

それも、「やりたいこと」を、犠牲にしてまで。

典型的なのが、ゆっくりしたいけど、仕事に行かねば、だろう。

これって、つらい状況ではないだろうか?

だからといって、仕事は辞められない、というのが、ほとんどの意見。

なぜなら、生活に困るから、と続く。

でも、つらい状況を続けて、身体を壊せば?

すると、やはり、生活に困るだろう。

どちらに転んでも、生活に困ることとなる。

そうならないためにも、まず、疑ってみる。

その「やらねばならないこと」は、本当に、必須なのか?と。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年9月20日

思考の再構築

障害者になると、「出来ないんでしょ」と言われる。

確かに、出来なくなったことは、多々ある。

でも、最近、違うことを考える。

それは、障害者じゃなきゃ出来ないこと。

健常者には出来ないが、障害者には出来ることが、何かあるのでは?と。

ただし、普通に考えてもダメだろう。

考え方の視点を変えるのではなく、次元を変える。

それをするために、絶賛、乱読中だ。

そこには、あらゆるヒントが、散りばめられてある。

後は、それらを、どう構築していくか?

最終的に、どういう答えが出るのか分からぬが、楽しい作業ではある。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年8月25日

分かっているようでそうでないこと

梅雨明けしてからというもの、連日の猛暑。

それに少雨が重なるため、庭の草花にとっては、劣悪な環境に。

よって、弱いものから、枯れていく。

人の手でフォローしても、自然の力には、叶わない。

そう感じていた所に、恵みの雨が。

結局、自然現象を前に、一喜一憂している。

自然相手じゃ仕方ないと言いつつ、このざまだ。

これも、分かってるようで、分かっていないということ。

それが、あらゆる場面に、潜んでいる。

だから、なるだけ、掘り起こし、滅していく。

おそらく、一生、続けているだろうが。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (2)

2020年8月22日

今を生きる難しさ

一瞬なら、心穏やかでいられる。

ならば、それを、3秒間、続けてみる。

それも出来たら、次は、10秒。

すると、段々、怪しくなる。

頑張って、1分間なら?

間違いなく、心の中は、ざわついている。

そこから導き出せるのは、ただひとつ。

それは、今を生きていない、ということ。

心のざわつきの原因は、ほぼ、過去か未来に、起因するもの。

つまり、今のことではないわけだ。

口で言うほど、今を生きることは、容易じゃない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年8月18日

常に気をつけて

今年の夏は、猛暑である。

にもかかわらず、夕立ちがない。

その結果、日が沈んでも、30度を越えている。

つまりは、暑いのだ。

だからといって、冷やしすぎると、体調崩す。

ここにも、ほどほどが、求められる。

しかし、揺れ動くのが、自分の心。

右へ左へ、ふらついてしまう。

なかなか、道の真ん中を、歩けないわけで。

それでも、すぐ気付けるようには、なっている。

三歩くらいは、進んだようだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧