2010年2月20日

また二次感染者

昨日、歯医者の待合室で新聞読んでたら、驚愕の記事。

神戸市で、ポリオの二次感染者が出た、と。

記事を読めば、まだ9ヶ月の男の子。

予防接種時に体調不良で、受けていなかったそうです。

あわてて、いろんな記事を検索してみました。

大抵は、小さな扱いでした。

中には、「だからこそ、予防接種をしなければ」なんて、バカなコメントも。

そもそも、今のワクチン自体が、非常にリスク高いのです。

それを押さえる、不活化ワクチンという手段もあるのです。

にもかかわらず、何ら手段を講じていない・・・

これを行政の不作為と言わず、どう表現すればよいのでしょう?

これ以上書くと、とんでもない言葉を並べそうなので、押さえますが・・・

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 1日

ポリオの2次感染から、あっという間に5年です

発病から、丸5年が経ちました。

5年前には、ポリオの2次感染が確定し、新聞・TVで派手に報道されていたのです。

日に日に動かなくなる身体。

治まらない高熱。

隔離された、たった一人の病室。

入院していた頃は、すぐ歩けるだろうと思っていた足。

あれから、5年・・・

心身共に、生まれ変わりました。

いろんな事に、挑戦、挑戦の日々です。

車イスのまま、生活していかなければならないわけですが、それでも楽しめる。

人生って、楽しいんだということを、実感できる毎日。

健常者と同様の楽しみは、無理でしょう。

しかし、それ以上のものを、手にできました。

素直な氣持ちで、車イスの身体に感謝できるのです。

**************
釈円融のe-book書店”EnYou堂”に「こころの癒詩」が登場しました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年3月18日

2次感染救済措置の手続き完了

いや~っ、長い月日を要しました。

やっと、救済措置の手続きが完了しました。

個人的には、手抜きの措置としか思えませんが、もう良しとします。

こんなんでゴチャゴチャ言ってても、前に進めませんから。

とりあえず最低限の生活は、保証されましたから、心機一転、再スタートです。

とっくの昔に、再スタート切ってたつもりだったのですが、どこか引っかかってたようです。

やっぱり後ろ向きの事案を引きずってる間は、なかなか思うように飛べません。

しかし、丸4年の月日を費やすなんて・・・

これも、良い経験をさせてもらったと、感謝です。

さあ、ホントに思い残すことはありません。

これから思うのは、今より未来にかけての事ばっかりです。

私の人生、これからますます楽しくしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月23日

公務員の仕事力とは

私のこんな日記でも、少しはお役に立てたのかも?

そんなコメント頂けると、こちらの方が元氣でます。

私の普通ではない体験が、落ち込んでる人の氣持ちをやわらげることの一助になるのなら、これこそ本望です。

普通でない体験ついでに、久しぶりに2次感染の救済措置について。

今年の4月に、救済措置を開始すると連絡受けました。

出せと言われた書類を揃えるため、あちこちバタバタ走り回ったのです。

時間と金とエネルギーを結構使いました。

書類提出して半年以上経過します。

先日、こういう連絡がありました。

「医療費に関しては、今年の4月以降の分しか助成しません。」

おいおい、何言ってるの?出せと言われたから、病院かけずり回って書類出したのに・・・

そもそも半年以上経過して、そんな基本的な連絡をなぜ今頃になって??

やっぱ、今の公務員、仕事力が低下しすぎでしょう。

もう少し、仕事というものを、真摯に受け止めてもらいたいものです。

仕事というのは、給料もらうためだけにあるのではないのです。

公務員でそういう考えを持っているのなら、そういう人たちに公務員の資格はありません。

そういう氣持ちで仕事してると、どでかいしっぺ返しを食らうことになりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月27日

二次感染者への救済措置1

初めまして、人生冒険家の釈円融です。

ちなみに、釈円融(しゃくえんゆう)とは、法名です。

法名とは、死んだ時に位牌に書いてある、アレのことです。

友人に寺の息子がいる関係で、生前にもらっただけです。

別に、僧籍があるとか仏教系だとかいうわけではありません。

私が、子どもの予防接種(ポリオ)の二次感染で障害を負ったのが2000年。

当時、二次感染者へは、救済措置なんてものございませんでした。

4年越しの交渉の結果、今年度やっと国が重い腰を上げてくれたのです。

でも、その内容に納得いかない私は、直接、厚生労働省の課長に手紙を出しました。

7/7七夕の日に「せめて、法律に則った救済制度にして欲しい。」

それも、7/23日までに返事をくれと、条件まで付けて。

そしたら、本日、速達で返事が届いたんです。

ほとんどあてにしてなかったので、ビックリ!

その中身はと言うと・・・      <続>

| | コメント (0) | トラックバック (0)