2019年12月10日

生きていく姿勢というもの

人は、一生、学び続けねばならない。

学校を終えれば、学ばなくて良いわけじゃないのだ。

なのに、そこで止める人の、何と多いことか。

そして、どうでもいいことを、一生懸命。

それで、幸福じゃないと、嘆くとか。

何とかに付ける薬など無い。

そもそも、その薬は、自分で調合しなければならない。

誰かが、「はい、どうぞ」と、くれるわけじゃないのだから。

でも、そのことに、気づいていない。

自分本位の正義に、酔っている。

まあ、他人の生き方なので、関与しないが。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年12月 9日

愚者の愚行

何をしてたら、こんな時間に?

たまに、そんなことがある。

そもそも疑問を抱くわけだから、そうなった理由を思いつかない。

でも、結果的には、「こんな時間」になっているわけだ。

これを消えた時間と、名付けてみる。

今回は、自覚できたから良いようなものの、無自覚だったら?

おそらく膨大な時間が、消えている。

有限な時間なのに、自ら、捨て去っている。

改めて考えれば、恐ろしいこと。

そして、末期の瞬間、つぶやくのだろう。

一体、自分は、何をやっていたのだろう?と。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年12月 8日

善とか悪とか

誰もが、自分の中に、善悪の概念を持っているだろう。

これをしたらダメ、これなら良い、という具合に。

すべては、その概念の元に、行われている。

しかし、その概念、絶対的なものではない。

自分にとっては悪だが、相手にとっては善ということも。

昔、輸血を拒否して死亡、という事件があった。

通常なら、輸血を拒否することはない。

なぜなら、生きることは善で、死ぬことは悪だから。

でも、世の中には、死ぬ以上の、輸血を悪とする概念もあるのだ。

であるなら、善悪の概念自体、手放してみたら?

いちいち、これが良いとか悪いとか、悩まなくなるのでは?

とは言いつつも、まだまだ、思いも及ばぬ世界なのだが。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年12月 7日

北風のみで太陽なければ

人の嫌がることをやり続けていたら、そりゃ嫌われるだろう。

相手の気持も、考えろってこと。

しかし、やってる当人には、分からないらしい。

あげくには、こう言い放つ。

「なぜ自分が、嫌われねばならないんだ」と。

さも、嫌ってる方が、悪いかのような言い草で。

世の中には、こういう存在がある。

個人レベルならまだしも、組織や国レベルでさえ、存在している。

それを、おかしいと思えないことの方が、恐ろしい。

そういう輩と、共存できるのか?

否応でも、北風のごとく、吹いてくる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年12月 6日

時代の流れに屈しない

私の若い頃は、三高でなければ、もてないと言われていた。

いわゆる高学歴、高収入、高身長なるもの。

では、それに対して、どうしていたか?

結論から言えば、何もしていない。

というより、どうしようもなかったのが、事実だった。

男は見た目じゃない、中身だ!

そう強がっても、高学歴、高収入は、中身のひとつ。

それを突きつけられると、グウの音も出なくなる。

だから、言いたいやつには、言わせておけ、と。

そもそも、心美人は、そんなこと言っていなかった。

そうつぶやいて、自分を正当化。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年12月 5日

遠い記憶の隅にあるもの

雨が降っていたから、傘を差して、歩いていた。

そのうち、すれ違う人が、こちらを見て、クスッと。

いつの間にか、雨が上がっていた。

そんな中、たった一人、傘を差していたわけだ。

あわてて、傘をしまう。

ぼんやり、ただ歩いていただけだから、雨が止んだのにも、気づけなかった。

そりゃ、笑われるはずだ。

思わず、ほほを、両手でパチン。

そもそも、何を、ぼんやりしていたのだろう。

遠い記憶、残ってるのは、他人のクスッ。

気をつけることの大切さなど、微塵も持っていなかった時代。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年12月 4日

考えれば二面性

裏表のある人間と付き合えば、いつかは火傷する。

そう納得してしまう経験をした。

だから、教材として、使わしてもらう。

改めて、その人の言動を、思い浮かべる。

いろいろなデータを集めると、あちらとこちらで、言うことが違う。

自分を良く見せるために、相手を貶める。

そして、平気で、嘘を付く。

失敗の原因は、いろいろある。

その最たるものは、まさか、裏の面があるなど、想像もしなかったこと。

そして、密な付き合いでもないのに、表の面のみを、鵜呑みにしたこと。

無条件で信じて良い人なんて、何十人もいるわけないようで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年12月 3日

悩みの海

いろいろな人が、様々な悩みを持っている。

そんな悩み、数え上げたら、幾つになるだろう?

そんな悩みの海を、漂っている。

そんな中を、余裕で泳いでいる人を、たまに見かけるのだ。

一見、悩みが無いようにも思える。

しかし、舞台は同じ、悩みの海だ。

ということは、そういう人にも、悩みはあるわけで。

溺れかけている自分と、何が違うのだろう?

それが分かれば、自分もスイスイと?

ただ、そうは問屋が卸さない。

だから、悩みは、尽きないわけで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年12月 2日

カレーは辛い

先日、他所で作られた、カレーを食した。

国民食などとも呼ばれる、カレーライス。

作る人により、味にも、微妙な違いがあるものだ。

先日のものは、ピリッとした、大人の辛口。

通常、カレーは、辛(から)いもの。

でも、それが苦手な人には、辛(つら)いものへ。

であれば、そういう人は、これを、どう読むのだろう。

カレーは辛い。

辛いという漢字を、「からい」とも「つらい」とも読める。

ひょっとしたら、同時に、読んでいるやも知れぬ。

人の心は、分からない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年12月 1日

沈黙は金の斜め上

沈黙は金、などと言われる。

しかし、いまいちピンと来ぬ。

だから、沈黙は聖なることと、言い換える。

とにかく、沈黙するには、自制が必須。

文句のひとつも言いたい状況で、グッとこらえる。

すると、そのこと自体が、難度の高い、修行みたいなものに、様変わり。

ここまで意識できると、沈黙が聖なるものになる。

あとは、ひたすら、繰り返すだけ。

最初は出来なくても、続けていれば、出来もする。

一度出来たら、しめたもの。

自分の中の、自分との闘い。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧