2019年10月19日

秋は寒さも釣瓶落とし

いつの間にか、肌寒いを通り越し、寒い!に。

なのに、半袖で過ごしているから、体調崩す。

じゃあ、長袖にすれば?

しかし、日中は、まだまだ暑い。

よって、長袖なんか、着用する気にもなれない。

そして、明け方、やっぱり冷えるな、と。

不思議なのが、冬より、冷えを感じてしまう。

やはり、夏の暑さとの差が、あるからだろうか?

冬は、とにかく、ただ寒いだけ。

秋の寒さは、急に来る。

だから、それだけ、印象に。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月16日

一度出来るように慣れば

公園の片隅で、小さな子が、自転車の練習をしていた。

父親が、後ろを支え、一緒に走る。

それでも、途中で、こけるわけで。

5分ほど眺めていたが、何度も、何度も、やり直していた。

そこを離れ、30分ほど散策し、また同じ場所へ。

ちょっとの間に、漕ぎ方が、上手くなっていた。

そして、父親が、支えていた手を、離したのだ。

目の前で、自転車に乗れるようになった瞬間が、発生。

名も知れぬ親子の、溢れるような笑顔が、そこに。

つられて、こちらも、つい笑みが。

何より、その子は、これから、ずっと乗ることが出来る。

乗れなかった時期など、無かったかのように。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月15日

「すごい」を身に付けたいが

多くの人が、いろいろな悩みを抱えている。

それを数え上げたら、星の数ほどになるだろう。

まるで、悩みの海を漂うがごとく、だろうか。

それでも、明るい人がいる。

悩みが無いはずないのに、それを思わせない。

すごいことだと思う。

できれば、自分も、そうありたいと思う。

しかし、すごいことは、簡単には出来ない。

やはり、トレーニングが必要に。

でも、そんな教本は、どこにもないのだ。

だから、結局、すごいと思うだけで、終わってしまう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月12日

子供時代に体験すること

この時期、週末になると、花火が上がる。

間違いなく、どこかで運動会。

最近は、春に行う学校も増えたが、個人的には秋。

そして、青いミカンなのだ。

そういえば、体育の日が、10月10日でなくなったのは、いつ?

今でも、体育の日は、私の中では、10日のまま。

結局、子供の頃の原体験は、いつまでも残る。

であるなら、なるだけ良い体験をさせてあげる。

それが、大人の仕事だろう。

なのに、とんでもない大人の、多いこと。

何でも自由が許されると、勘違い。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月11日

寺子屋に帰る道も

なぜ、学校内での犯罪行為は、いじめで済まされるのだろう?

最悪、幼い命が、散ることになっても。

今回、神戸の小学校で、教員間の犯罪行為があった。

未だ加害者側の情報は、隠蔽されたまま。

これも、いじめの問題と、誤魔化されている。

それにしても、なぜ、こういうクズが、教員になれたのか?

問題は、そちらの方が、大きい。

そういう採用システムなら、表に出てこないクズが、多くの学校に入り込んでいるわけだ。

ということは、いじめで済まされる犯罪行為が、蔓延しているということに。

ひょっとしたら、江戸時代の寺子屋って、ある意味、理想形?

学びたい、学ばせたい人のみが集う、学びの場だったから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月 8日

恥知らず増殖中

時代劇に、こんなセリフが出て来た。

「お天道様は、しっかり見ておるぞ」

これって、一種の恥の文化だろう。

自分の誤った行動を、恥ずかしく思う。

そして、二度としないと、心に決める。

「慚愧に堪えない」と表現される。

動物の人間が、人となるには、慚愧の念が必要では?

最近、つくづく思うわけで。

世の中、あまりにも、恥知らずが増え過ぎた。

「自分さえ良ければ」ただそれだけだ。

そこに、どんな未来が、あるというのだろう?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月 7日

無自覚の悪事

小説の中に、盗賊団が出て来た。

そこの団員にとっては、強盗が仕事。

そして、一生懸命に働いた者が、出世していく。

自分が、悪事を働いているというのは、分かっている。

分かった上で、堂々と働いているのだ。

よって、最終的に、騎士団に滅ぼされても、潔いもの。

こういう悪事が、長続きしないことさえ、自覚していたかのように。

打って変わって、現実社会では、どうだろう?

自覚のない強盗団が、かなり存在しているのでは?

そして、無自覚なまま、悪事を働いているような‥‥

まさか、自分も、その片棒を?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月 6日

諦観は進む

田舎の駅には、エレベーターなどない。

なのに、ホームは、階段の先。

これを、簡単に、バリアフリーの問題とされる。

しかし、ここにあるのは、強大な差別なのだ。

機会均等から、大きく離れた世界そのもの。

なのに、誰も、声を大にしない。

これが、嫌韓とか言えば、即ヘイトだ、差別だと。

いつの間に、こんなおかしな世の中に?

などとつぶやけば、「お前の方が、おかしいからだ」と。

まあ、おかげで、あきらめることは、進んでいく。

結果、不平不満も、尻すぼみ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月30日

大げさな人

どうでもいいことを、大げさにする。

その結果、周りに迷惑かける。

通常なら、しまったと、反省する。

それが出来れば、問題ないのだ。

出来ないのが、大げさ人間か。

結局、自分が、中心にいたいのだろう。

だから、わざわざ、問題を大きくする。

そして、そんな大きな問題に関わっていると、自慢する。

下手くそな、自作自演でしかない。

分かっていないのが、自分だけ。

どういう育ちをしたら、こうなれるのだろう?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月23日

価値観の相違で済むことか

厚顔無恥な人がいる。

政治家など、そのオンパレード?

正直、こんな人間には、なりたくないと思う。

しかし、少なからず、存在する。

それらを、支持する人もいる。

きっと、そこには、知り得ぬ世界があるのだろう。

だからといって、知る気も、更々ないのだが。

そもそも、なぜ、厚顔無恥な人が、減らないのか?

一つには、生き易いからだろう。

何と言っても、他人の迷惑を、省みる必要がないのだ。

とにかく、自分さえ良ければ、大丈夫のようで。

周囲にいたら、疲れそう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧