« 元気をもらう | トップページ | ちょっとした気づきを重ね »

2021年4月11日

誤字に気をつけ

日本語には、同音異義語なるものが、多々ある。

有名なところでは、一休とんち話に出て来る「橋」と「端」だろうか。

というのも、キーボードで変換すると、同音異義語が出て来るから。

今回は、「甘言」と「諫言」だった。

これは、同音なのに、意味は真逆。

だから、誤字してしまうと、意味不明な文章となってしまう。

「耳に心地よい諫言」など、存在しないだろう。

でも、諫言と甘言の意味を、知らなかったら?

変換し出て来るのだから、正しいだろうと、思い込んでいたら?

やはり、基礎が大事ということになる。

つまらないからと、蔑ろにすべきではないだろう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 元気をもらう | トップページ | ちょっとした気づきを重ね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元気をもらう | トップページ | ちょっとした気づきを重ね »