« その行為の裏を読む | トップページ | 変化への心意気 »

2021年3月24日

いつでも出来るという幻想

40年前の今頃、何をしていたか?

3月には、高校を、卒業していた。

4月には、大学入学が、控えていた。

宿題が有るわけでもなく、何かを強制されることもなかった。

つまり、本当に、自由な休み期間だったわけだ。

しかし、残念ながら、その間の記憶は、残っていない。

おそらく、特別なことは、何もしていなかったのだろう。

考えたら、勿体ないことをした。

だからこそ、今は、そういう後悔をせぬように。

時間は有限、そのことを、肝に銘じる。

いつでも出来る、などという幻想は、打ち捨てる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« その行為の裏を読む | トップページ | 変化への心意気 »

コメント

 釈さん、またまた、こんばんは。
 タイムマシンがあれば、とH・G・ウェルズの映画を見たオヤジです。映画は、まあまあ、でしたけど。
 日めくりカレンダーに、書いてあった言葉をご紹介します。
 「人は、誰でもタイムマシーンを持っている。過去へは記憶が、未来へは、希望が連れて行ってくれる。」
 近いうちに、桜を見る会でもしませんか(*´ω`)

投稿: 行き当たりばったりオヤジ | 2021年3月24日 22:30

行き当たりばったりオヤジさん

長いこと「過去へは後悔が、未来へは心配が、連れて行く」生き方してたような。
それを笑い話に、観桜会やりましょう。
ただし、ウチの窓から見えるのは、シバザクラですけど(笑)

投稿: 釈円融 | 2021年3月25日 07:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その行為の裏を読む | トップページ | 変化への心意気 »