« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月31日

競争もどきなら

春の芽吹きとは、よく言ったもの。

その証拠に、家の周りが、草ボウボウに。

恥ずかしくない程度に、草取りはする。

それでも、自然の生命力には、追いつかないのだ。

でも、その追いつかなさを、楽しんでいる自分もいるわけで。

こういう、無意味な競争?意外に、ストレスを解消してくれる。

何と言っても、勝ち負けがない。

まあ、正確に言えば、雑草まみれの一軒家とかになった瞬間、負けなのだろうが。

基本的に、誰かと争えば、泣く人が出る。

しかし、相手が雑草なら、誰も泣かない競争もどき、のようなもの。

こんな世界が、心地良い。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月30日

他山の石として

政府提出法案に、多数の誤字等があったとか。

正直、何やってるの?と思う。

国会提出する前に、何度も、チェックをしているはず。

なのに、この体たらく。

チェック機能が働いていない、いい加減な仕事の結果だろう。

しかし、それ以前の法案とかには、ミスは無かったのだろうか?

想像するしかないが、ゼロとは言い切れまい。

それらすべてを洗うのか?それとも無視するのだろうか?

いっそ、憲法7条の誤植も改正すれば?

そこまでやれば、さすがと見直すのだが。

まあ、見て見ぬふりを、続けるのだろう。

それを他山の石として、自分磨きに使わせてもらおう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月29日

当たり前のありがたさ

夜明け前から、春の嵐。

強い風雨の音で、目が覚めた。

と言いたいところだが、実際は、暑くて目覚めたのだ。

ちょっと前までは、雨が降ると、肌寒かったのに。

まさに、季節の移ろいを、肌で感じた朝だった。

それが分かるのも、感覚神経は、麻痺していないから。

暑さ寒さを感じるなんて、普通の人には、当たり前。

でも、私には、その当たり前こそが、貴重なわけで。

だから、十二分に、活用したいと思う。

当たり前と思えることは、決して、当たり前じゃない。

そのことを、しっかり、胸に抱きつつ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月28日

動く前の納得

コロナの感染者は、減少していない。

にもかかわらず、緊急事態宣言は撤回。

おまけに、聖火リレーまで、始まった。

これすなわち、コロナは単なる風邪だと、認めたようなもの。

なら、ハッキリ、宣言すれば良い。

なのに、自粛は要請するとか、あまりにも愚かしい。

愚者が舵取りすれば、どこに向かうか分からない。

それを、まざまざと、見せつけられた感がある。

ただ、今回のコロナ騒動で、良かったと思えることも。

それは、自分の頭で考えなければ、とんでもないことになる。

だから、納得した上で、行動していく。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月27日

チャンスは一瞬

桜が満開のこの季節、何か新しいことに、挑戦したくなる。

これも、春爛漫のなせる業。

個人的に、勝手に、そう定義している。

実際、真冬の凍てつく中で、何かを始めようとは思わない。

その間、エネルギーは、溜まっているのだろう。

それが、春の訪れとともに、弾き出るわけだ。

ただ、その瞬間に動かないと、機を逸する。

あっという間に、夏になってしまうから。

面倒なことに、暑すぎても、何かを始める気にならないわけで。

大それたことを、するわけでもない。

それでも、チャンスは、一瞬のこと。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月26日

本物知るから出来ること

今の時期、山に入れば、多くの山菜が、採れる。

では、誰でも、採れるのか?

これに対しては、「否」としか、答えようがない。

例えば、ワラビという、山菜がある。

まず、ワラビが、どういう山菜か知らねば、話が進まない。

これに関しては、普通に、スーパー等でも売っているため、見たことはあるだろう。

では、それが、どういう場所に生えているか?

これを知らなければ、採りようもない。

そして、何とか、目の前に、ワラビを見つけるかも知れない。

でも、似たような、ワラビもどきが、あるのだ。

その区別がつかないと、労多くして益なし、に。

本物を知らないと、いろいろ損することが、多くなる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月25日

変化への心意気

やってみなければ、分からないことがある。

なら、やってみれば、良いだろう。

何も、難しいことはない。

と、思いがちだが、そうでもない。

何かをやるためには、金とか時間が、必要に。

それを、用意できなければ、スタートラインにさえ、立てないわけで。

そして、もう一つ、大事なことがある。

スタートラインに立っても、踏み出す勇気を持てるか、だ。

こちらの方が、難易度は高いかも。

何かの本にあった、「人は、変化を望まない」

そんな一節が、頭をよぎる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月24日

いつでも出来るという幻想

40年前の今頃、何をしていたか?

3月には、高校を、卒業していた。

4月には、大学入学が、控えていた。

宿題が有るわけでもなく、何かを強制されることもなかった。

つまり、本当に、自由な休み期間だったわけだ。

しかし、残念ながら、その間の記憶は、残っていない。

おそらく、特別なことは、何もしていなかったのだろう。

考えたら、勿体ないことをした。

だからこそ、今は、そういう後悔をせぬように。

時間は有限、そのことを、肝に銘じる。

いつでも出来る、などという幻想は、打ち捨てる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (2)

2021年3月23日

その行為の裏を読む

晴れた日に、洗濯をする。

そこに、おかしさは、微塵もない。

これが、雨の日だったら?

あっという間に、普通でなくなるようだ。

だからといって、非難される筋合いはない。

雨が降っていても、洗濯しなければならないこともあるからで。

それを、寄ってたかって、「雨の日に、洗濯なんて」などと、非難されたら?

思わず「うるさい」と、怒鳴るかも。

雨の日に洗濯しても、その非難している人々に、迷惑かけているわけじゃない。

自分たちの定義を、押し付けることこそ、非常識。

まあ、それが分かるようなタイプじゃないから、面倒なのだが。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (2)

2021年3月22日

知らない世界と知る世界

南九州に住んでいると、冬スポーツとは、縁遠くなる。

早い話、スキーやスケートをせぬまま、一生を終えることも。

果たして、これは、不幸なのだろうか?

経験者に言わせれば、それらを知らぬは、一生の損だとか。

でも、知らぬ人間にとっては、想像の彼方だ。

逆に、それらを知って、損することは、無いのだろうか?

知る者と知らぬ者、会話が成り立つわけもなく。

ただし、一度知ってしまえば、知らない世界には、戻れない。

だから、知らない者を、知る者の世界に、引き込むしか無い。

同じ土俵で、会話を成立させるには。

問題は、同じ土俵に、立つ必要が、有るか無いかだろう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月21日

後悔せぬために

昨日と今日は、何が違うのか?

もし、昨日、何か新しいことを知ったのなら、それを違いと、認識できる。

でも、毎日、そういうことは無いだろう。

すると、代わり映えのない日々を、過ごしてしまうことに。

それが積み重なり、最期に、こうつぶやいてしまう。

「一体、自分の人生とは、何だったのだろう?」

それが嫌なら、逆算していく。

まずは、昨日の自分と違う、今日の自分を見つける。

見つけられないなら、見つけるまで粘る。

まったく見当たらない、なんてことは、あり得ないのだから。

そこであきらめると、前述の「自分の人生とは」に、陥ってしまう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月20日

差別の定義とは

私の身体は、ポンコツである。

だから、「あなたの身体は、ポンコツですね」と言われても、「そうですね」に。

これが「や〜い、ポンコツ」と、からかわれたとしたら?

これは、ポンコツという事実を示すのでなく、それを元に、揶揄しているだけ。

つまり、ポンコツの裏に、悪意を潜ませているのだ。

ただ、どちらも、表面的には、ポンコツという事実を、示しているだけ。

最近は、そのことを、「差別された」と、断じる風潮がある。

でも、そうなのか?

そもそも、差別とは、何を以って?

微妙な感情の行き来が、見え隠れする。

簡単そうで難しい、考えさせられる問題である。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月19日

建前の裏に潜む本音

「障害者の社会参加を、推進する」

そういうキャッチフレーズに、反対する人はいないだろう。

でも、そのために、一人1万円の税をかける、となったら?

おそらく「ふざけるな」という声が、出てくるはず。

障害者が社会参加するのに、なぜ自分たちが、金を出さねばならないのか、と。

早い話、本音では、推進賛成では、なかったということ。

この本音と建前があるから、面倒くさいのだ。

建前を鵜呑みにして前進していたら、いきなりハシゴを外されるようなことにも。

人は、平気でというより、無意識に、嘘をつくことがある。

そういう生き物だと、頭の片隅に、置いておく。

最低限の、自己防御だと、考える。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月18日

壊れたら直すつもりで

今使っているPCを自作して、丸10年が経過。

10年一昔というように、規格自体が、何世代前になるのだろう?

それでも、日常使いに、何ら支障はない。

PC自体が、半ばブラックボックス。

よって、故障したからといって、容易に、修理できるものでもない。

不具合箇所を見つける手間暇考えたら、買い替えた方が、安いだろう。

今は、修理して、使い続ける時代ではない。

ただ、個人的には、その流れに、迎合していない。

だから、一度は、必ず、修理に挑戦。

そういう考え方を持つ人間が、一人くらいいても、バチは当たるまい。

勝手気ままに、そう断じているわけで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月17日

それって本当に一大事なのか

4月になれば、新天地が待っている。

入試や入社という、過程を経て。

これ、自分サイドから見れば、100%自分の問題となる。

でも、採用する側に言わせれば、優秀な人材を確保しただけのこと。

そこに、個人の思惑など、入りようもない。

つまり、自分の問題だと思っていたのは、まさに、自分のみ。

確かに、人は誰でも、自分が一番。

だから、自分の問題となれば、一大事となる。

でも、第三者の目からは、大問題でも何でもないのだ。

このことに気づかないと、いらぬ苦労を、背負い込むだろう。

下手したら、エゴ丸出しの、愚者と呼ばれる羽目に。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月16日

桜の開花から

全国各地から、桜の開花宣言が、届き出した。

今年は、かなり早いという、枕詞が付いて。

この調子では、3月中に、終わりそうだ。

桜と言えば、どうしても、4月というイメージが、付いて回る。

入学式の看板に、舞い散る桜、という感じで。

もし、桜の開花時期が、今頃で固定化したら、どうなるだろう?

気がつけば、卒業式と桜、となるだろうか?

そういえば、以前、そのような光景を、目にしたような‥‥

とはいえ、自然が相手のこと。

人の都合で、どうこうなんて、あり得ない。

これに関しては、なるがままとしか、言いようがないわけで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月15日

自立の確認

定年退職を機に、習い事を始める。

その理由が、小粋であった。

「今から始めても、20年は楽しめるから」

なかなか言えることでは、ないだろう。

以前、濡れ落ち葉症候群というものがあったが、それとは真逆。

まさに、自分の足で、立っているわけだ。

結局、自分の足で立てない大人が、増えてしまった。

与えられたことは、何とかこなすが、自分の力では、何も生み出せない。

会社の重役や、エリート官僚と言われても、それは、組織に属している間のこと。

裸一貫となった時、一体、自分に何が出来るのか?

それを持たないと、寂しい老後、まっしぐら。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月14日

長いものに巻かれていては

よく「歴史は繰り返す」などと、言われる。

つまり、人間のやることなんて、時が経っても変わらない、ということ。

結局、何も成長していないと、なるわけで。

そんな未熟な人間が、ああだこうだと、やりたい放題。

そりゃ、良い世の中に、なるわけがない。

だからこそ、自分をしっかり保つ必要が、出て来る。

なあなあで生きてると、どこに流されるか分からない。

「そんな心配、することはない」

そう思う人は、そう思っていれば良い。

どう思うかなど、個人の自由だからだ。

自分のことは、自分で決めるという、ただそれだけのこと。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月13日

このリハビリも楽しめる

日曜大工も、私にとっては、有効なリハビリ。

棚ひとつ作ることさえ、全身運動に近い。

動かぬ手足を駆使せねばならないため、それは、必然の行為に。

おまけに、頭も働かさないと、組み上がっていかない。

普通の人なら、チョチョイと出来ることさえ、出来ないのだから。

そうやって、工夫しながら、身体を動かす。

これが、日頃使わぬ筋肉を、刺激していく。

まさに、リハビリそのものだ。

ただし、デメリットもある。

効果がありすぎて、疲れも半端ない、と。

そして、ヤリ過ぎも毒だと、学ぶわけだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月12日

春のリハビリのコツ

草花の世話をすることで、リハビリを兼ねる。

趣味と実益の、まさに一石二鳥。

リハビリのコツは、リハビリをやっているという意識を、希薄にすること。

このコツをつかめば、長続きする。

一見、きついだけのようなリハビリ。

でも、やりようによっては、楽しくなるわけだ。

そうやって、楽しくなったら、意識を濃くする。

しっかり、この部位を、リハビリしてると、しっかり認識する。

矛盾しているようだが、無意識の動作は、リハビリにならないから。

リハビリしているという意識の流れに、順番が在るということだ。

そのリハビリ結果、今年も、チューリップが、花咲かせた。
Dscf4237_
ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月11日

小さな手間の大きな効果

入院中は、ベッドサイドに、飲み物を置いていた。

夜中にのどが渇いても、すぐ飲めるように。

この習慣は、今も続いている。

もし、これをしていないと、どうなるか?

夜中にベッドから車椅子に移り、台所まで行き、水を飲む。

間違いなく、目が覚めるだろう。

もしくは、眠気に負け、のどの乾きを、無視する。

これはこれで、健康上の問題が。

結局、寝る前に、ベッドサイドにお茶を置く。

このひと手間で、すべてが丸く収まる。

このような妙手を、数多く持ちたいものだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月10日

言葉の力

今日も一日、張り切っていこう。

そう宣言できるだけで、充実していける。

仮に、ドンヨリしていても、宣言だけはしてみる。

言葉の力を、バカにするものではない。

気力が充実してくるのを、確かに、感じるわけだから。

ただし、宣言する言葉に、映像が結びつかないと、効果半減。

「張り切っていこう」が、効果を発揮するのは、張り切って、良い結果を得た場合のみ。

中には、張り切りすぎて、失敗した人もいるだろう。

そんな人が、「張り切っていこう」だと、過去の失敗を、思い出すだけ。

だから、成功体験の中から、効果的な言葉を、思い出す。

そんな言葉と、ともに生きる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (2)

2021年3月 9日

心の因数分解

ゴキブリを嫌う人は、多い。

その人に言わせれば、「嫌いなゴキブリが出た」となる。

でも、「嫌いなゴキブリ」が、存在するわけじゃない。

ゴキブリは、ただ、ゴキブリというだけ。

そこに在るのは、ゴキブリを嫌う自分の心、となる。

自分の心で、勝手に「嫌い」というレッテルを、ゴキブリに貼る。

そして、「ゴキブリが嫌い」と、大騒ぎ。

この流れを認識すれば、コメディにしか見えない。

ただ、その流れを認識することが、非常に困難なだけ。

そもそも、そういう流れが在ることを、知らないままだろう。

まずは、それが在るという意識を、持つことから始めることに。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月 8日

無理強いの根拠は

カラオケと言えば、カラオケボックスか、スナックでやるものだった。

それが、スマホさえあれば、自宅でだって可能な時代に。

そこから始まり、気がつけば、カラオケボックス並の設備を構築。

いつでも、自宅でカラオケが可能に。

コロナ前までは、定期的に、少人数でカラオケ会をやっていた。

それさえ、自粛の波に、飲まれていった。

年に数回の楽しみさえ、奪われたのだ。

家でも、マスクをしろとか、冗談じゃない。

そこまで無理強いするなら、根拠を示せ、と。

正直、コロナゼロとか、愚かすぎるだろう。

なぜ、こういう愚人が、人前に立っているのだろう?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月 7日

もし戯言だったなら

法的には、ペスト以上に、恐ろしい病気なのが、コロナとなっている。

それが蔓延しているわけだから、オリンピックなど、即中止だろう。

どうしてもやりたければ、コロナなど、単なる風邪と、発表すべき。

それをやらないと、自己矛盾に陥る。

飲食店に、営業自粛をさせたが、結局、科学的根拠が見当たらない。

そもそも、飲食店で、コロナウイルスが、発生するわけじゃない。

なのに、推論で、店舗閉鎖に、追い込んだわけで。

そもそも、マスクの効用って、何?

すべてに、科学的根拠が、見当たらない。

あるのは、専門家とやらの、主観のみだ。

クラスター発生させたと、命を差し出した人に、どう申し開きするのだろう?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月 6日

モヤッとすること

何度体験しても、悔しいものである。

出来そうで、出来ないことがあれば。

現実には、出来ていないのだ。

でも、もう少しで、出来そうな気がしている。

この、もう少し、というのがミソ。

まったく出来る気がしないのなら、早々にあきらめる。

そうでないから、つい、もがいてしまうわけで。

その結果、出来てしまえば、万々歳。

ところが、実際は、出来ないことの方が、多いもの。

最終的には、あきらめるのだが、如何せん、不完全燃焼。

このモヤッとした感覚は、ストレスとなる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月 5日

見方ひとつで変わるもの

卒業と言えば、終着点。

そう考えると、寂しさが募る。

でも、新たな世界への、出発点でもある。

だとすれば、そこにあるのは、ワクワク感。

ここを出るのか、ここから出るのか。

考え方ひとつで、心の風景が、がらっと変わる。

であるのなら、前向きに進みたいもの。

そう思えるよう、心を、鍛え上げていく。

ものの考え方なんて、自然とそうなるわけじゃない。

日々の積み重ねが、そうさせるのだ。

だから、今からでも、遅くないとなるわけで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月 4日

馬の骨を考えていたら

TVドラマを観ていたら、「どこの馬の骨とも、分からぬやつに」というセリフが。

結婚の申込みに行くシーンで、よく使われる言い回し。

でも、ふと、思ったのだ。

何故、馬だったのか?

牛や豚の骨では、ダメだったのか?

元々は、中国の故事から、来ているらしい。

馬の骨は、大きすぎて、使い道が無かったからだとか。

そういえば、牛や豚の骨は、スープの材料に使われるしなぁ。

などと、意味のない思考に、ふけってしまった。

そもそも、骨とは、誰かのために、あるわけじゃない。

紛れもなく、自分を支えるために、必須な物なのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月 3日

考え出すとキリがない

発表によれば、コロナ患者は、減少中。

これの怖いところは、実際どうなのかが、分からない点。

所詮は、大本営発表でしかないからだ。

では、なぜ、減少中に見せるのか?

間違いなく、オリンピック絡みだろう。

そこには、莫大な金や権力が、存在する。

その力たるや、一国民の健康など、度外視ということなのだろう。

しかし、本当に、減少しているかも知れない。

そもそも、最初から、重篤な伝染病ではなかった。

だとすれば、緊急事態宣言に、何らかの効果でもあったのか?

どちらだろうと、政府が、信用を無くしたことに、変わりなし。

やはり、自分の頭で、考えろということか。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月 2日

飛び去って感動残す

ちょっと前まで、黄色の花を咲かしていたタンポポ。

それが、今日見たら、白い綿毛に。

その丸い形に癒やされていたら、風とともに、飛び去った。

綿毛の1本1本が、タンポポの種である。

今見たように、風で飛び去れるよう、種が綿毛を付けているわけで。

その綿毛は、確かに、タンポポの元で、作られた。

しかし、そこに居座ることはしない。

新天地を求めて、飛んで行く。

何と言うか、感動を覚える。

地位や財産にしがみつく、人間とは、大違いだ。

新たな場所で、花開けと、つぶやいた。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年3月 1日

転ばぬように

何となく使っている言葉にも、意味がある。

しかし、何となく使っているわけだから、その意味を、考えていない。

自分にとっては気軽な言葉でも、相手にとっては重要な言葉。

そういうことだって、あるだろう。

でも、すべての言葉の意味を、本当に理解できるか?

それに関しては、無理だと、即答できる。

ならば、どうすることが正解だろう?

発する言葉を、少なくすること。

これに尽きるのではないだろうか?

早い話、余計なことを、喋らないようにする。

それだけで、半歩くらいは、前進するはず。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »