« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月28日

自分なりの対処方

季節の変わり目こそ、体調管理に注意せねば、と書きつつ、崩してしまった。

結局、一日半ほど、口にしたのは、水分のみ。

経験上、これで治るだろうとの、予測は付いていた。

注意してても、起きる時は、起きるもの。

大事なのは、起こった事態には、対処できること。

改めて、実感した次第である。

ただ、これが、油断へと繋がらぬことは、言わずもがなであるが。

それにしても、一日PCを開かなかっただけで、大量のメールが受信箱に。

その殆どは、宣伝メール。

不要なのだが、たまに重要な案件が混ざるから、一括処理も出来ない。

こればかりは、仕方ないことと、あきらめている。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月27日

真実の姿を意識して

たまにネットニュースに上がる、コレクション問題。

夫のコレクションを、妻が勝手に処分した、などというものだ。

コレクターにとって、コレクションは、まさにお宝だろう。

しかし、それ以外の人にとっては、無用な品。

品によっては、ゴミとしか思えなかったりするわけだ。

通常、ゴミなら、捨てる。

だから、捨てて、何が悪い?

事柄の一部分を切り取ると、何の問題もない。

でも、全体を見ると、「おや?」と感じてしまうのだ。

その感性を持たないと、情報に踊らされる。

発信者に、都合の悪いことは、隠されているものだから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月25日

つくづく思うこと

さすがに、花粉や黄砂が飛び交う今の時期、窓全開とはいかない。

でも、ポカポカ陽気で、室内には、陽が入る。

すると、室温が、みるみる上がっていく。

一番暖かくなる部屋で、25度を越えていた。

さすがに、暑いのである。

よって、サーキュレーター使い、空気を循環させてみる。

これだけで、過ごしやすくなるわけだ。

そして、やっぱり思ってしまうこと。

これが、あの氷点下続きの、寒い日にあれば、と。

まさに、ないものねだりのわがまま。

欲とは、なかなかに、やっかいなもので。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (2)

2021年2月24日

身近な自業自得

季節の変わり目は、体調を崩しやすい。

寒暖の差が、理由のひとつ。

昨日までの暑さ寒さが、嘘のように、真逆へ。

そして、その差が、大きければ大きいほど、体調管理が大変に。

若くて元気なら、むりやりにでも、維持出来よう。

でも、その無理が利かない高齢者などは、大変に。

当然、障害持つ私も、その範疇に入る。

よって、自己管理が、必須事項で。

こればかりは、他人まかせには出来ない。

そんな当たり前のことを、失念するから、体調崩す。

あまりに分かりやすい、自業自得なのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月23日

どこで誰と繋がっているか

地球上には、70億以上の人が生きている。

ということは、70億通りの人生があるということ。

それらをすべて網羅すれば、壮大な人間ドラマが、構築されるだろう。

自分にも、意外なところで、意外な繋がりが、あるかも知れぬ。

でも、99%以上の人のことを、知らない。

よって、そこにあるはずの人生さえ、気にも止めない。

その結果、密接な繋がりを持っているのに、知らぬまま過ごしているということに。

ひょっとしたら、恩を仇で返しているかも。

知らない=無関係、ではない。

そのことを、肝に銘じて置くべきだろう。

命の繋がりとは、想像以上に、壮大なのだから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月22日

あらゆることに疑問を

TVドラマを見ていたら、メモを取るシーンが。

その姿に、違和感が発生。

なぜだろうと思ったら、左手で、文字を書いていたせい。

私の子供の頃は、左利きは、右利きに矯正されていた。

いつの頃か、それが、止んだのだろう。

つまり、左利きは、個性となって。

確かに、文字としては、読むことが出来れば良い。

その文字を、右で書こうが、左で書こうが、関係ないわけで。

考えたら、なぜ、矯正されていたのだろう?

他人と違うことを、忌み嫌ったのか?

探せば、未だに、矯正、強要されていることが、あるかも知れぬ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月21日

手段を選ばず

私の身体では、何をやるにしても、筋力不足の壁が生じる。

その壁は、決して、消えることはない。

だからといって、乗り越えられないわけでもない。

自分の力だけで無理なのだから、他人の力や、道具を使う。

例えれば、自転車で、マラソン競争に参加するようなもの。

通常なら、反則とか、卑怯などと、言われるだろう。

でも、日常生活は、競技と異なる。

どういう手段を使おうと、ゴールしさえすれば良いのだ。

その開き直りが出来ずに、他人の目を気にしていた時期もある。

それはそれで、勉強にもなった。

そんな目など、何の役にも立たない代物なのだ、と。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月20日

誰にもある余命

先日、TVドラマを見ていたら、余命の話に。

主人公は、余命1年を宣告される。

しかし、延命治療はせず、好きなことをして過ごすことを決断。

まあ、よくある話だろう。

1年という時間は、長いようで短い。

だから、残された時間を、逆算できる。

それをどう過ごすかは、個人の自由で。

これが、50歳の人に、余命30年と言ってみたら、どうなるだろう。

当たり前過ぎて、何のリアクションもないのでは?

さすがに、30年という時間は、感覚的に長いのである。

でも、長いからって、思考停止していては、無意味な時間に早変わり。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月19日

不安の原因

久しぶりに、朝の最低気温が、氷点下に。

それまで、春の陽気が続いていたので、寒さが身にしみる。

でも、梅を始め、花々も咲き出した。

この寒さも、最後だろうと、満喫することに。

これも、ゴールが見えたことによる、余裕から。

先月までの、毎日続く氷点下では、こんな余裕、生まれ得ない。

やはり、先が見えるというのは、大事なことだ。

不安の殆どは、先が見えないことによる。

だから、逆説的に、先を、あえて見ないという、不安解消法もある。

見えない先を、気にしてしまうから、不安になるわけだから。

しかし、それでも気にしてしまうのが、人間の性か。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月18日

必要事項の変遷

封筒が必要になったので、文具店へ行った時のこと。

目の端に、鉛筆削りが写った。

手動のハンドルが、付いたやつ。

その瞬間、得も言えぬ懐かしさが。

最後に、鉛筆を削ったのは、いつだろう?

学年が上がるに連れ、シャープペンシルの割合が、増してきた。

それに伴い、ガリガリ削る時間は、減っていたわけで。

それでも、決して、ゼロではなかった。

それが、いつの間にやら、ゼロになっているのだ。

今でも、使おうと思えば、使う機会はある。

ただ、どうしても、必要というわけじゃないだけ。

やはり、消えるべくして、消えたというわけだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月17日

消えゆくだろう言い回し

昔の体温計は、水銀を使っていた。

だから、使用前後に、体温計を振るという作業が必要。

でも、今の若者には、通じない。

そもそも、振る必要のある体温計自体を、知らないだろう。

だから、手首の動きを、「体温計を振るように」と説明しても、相手はポカン。

この人は、一体、何を言ってるのだろう?に。

そのうち、「体温計を振るように」という表現も、消えるだろう。

それでも、書物の中には、残り続ける。

100年後、そういう表現を読んで、未来人は、どんな想像をするだろう。

そう考えるだけで、面白い。

消えそうな表現を、集めてみるか。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月16日

分からぬこともある

先日、TVの中に、行ったことのある場所が、映った。

しかし、記憶に残っていなかった。

場所の名前から、行ったことに、間違いはない。

でも、その場所の詳細が、まるで浮かばなかったのだ。

確かに、そこへは、一度行ったきり。

だから、記憶が、薄れた?

でも、そういう場所は、他にもある。

そのひとつは、一度きりの訪問にも関わらず、鮮明な記憶が。

この差は、一体、どこから来るのだろう?

考えても、まるで分からない。

縁の有無くらいしか、思い浮かない不思議。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月15日

知らぬうちに溜まるから

誰もが、少なからず、不平や不満を持つだろう。

そしてそれらは、なかなか、解消しない。

その結果、心の中に、澱のように溜まっていく。

穏やかに暮らしている間は、溜まっていても、影響ない。

底にあるだけだから、心を濁すことはないからだ。

でも、ちょっとでも、心が揺れ動いたら?

あっという間に、その澱が、舞い上がり、心を濁す。

その結果、いつもなら見えていることも、見えなくなる。

俗に言うところの、人が変わったかのような状態に。

そうなる前に、根本の不平不満を、解消すべきだろう。

いらぬ問題自体を、起こさぬためにも。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月14日

どう選ぶかで

「後ろ向きよりは、前向きに」などと言われる。

これだと、二択なのか?などと、構えてしまう。

でも、前向きにだって、二種類あることに、気づく。

つまり、積極的な前向きと、消極的な前向きがあることに。

分かりやすいのが、生と死に関して。

仮に、生を前向き、死を後ろ向きと、定義する。

基本的に、生か死のどちらかを選べと言えば、生のほうだろう。

つまりは、前向きを選択している。

でも、自分は前向きに生きているのか?

その問い掛けに、どれほどの人が、YESと答えられるだろう。

消去法での前向きでは、魅力半減となるようだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月13日

鵜呑みにせずに

忙しいことを、「心を亡くす」と表現する人がいる。

確かに、漢字の部位では、そうなっている。

心を亡くしているから、とんでもない状態だ、と。

でも、忙しいことは、そんなに、悪いことなのか?

忙しいの中にも、質の問題があるだろう。

忙しいことが、100%悪ではないはず。

忙しいことで、かえって、余計な悩みが、消えることだってある。

よって、悪い忙しいは、まさに、命を削ってしまうこと。

これこそが、心を亡くし、命を亡くすことになる。

何かを断じる時には、中身を精査する。

聞きかじりで断じると、とんだ間違い犯すことにも。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月12日

1本の替え芯に教えられ

机の上にある筆立てに、ボールペンの替え芯が、入っている。

いつ購入したのかさえ、記憶にない。

そもそも、筆記用具の使用時間が、激減している。

この調子では、交換前に、使えなくなっているかも。

とはいえ、そういう心配より、やはり安心感の方が、大きい。

ボールペンが、いつ書けなくなっても、予備が控えているという安心感が。

あとは、替え芯を持っているとうことを、忘れないことだろう。

これを忘れてしまうと、予備が予備でなくなる。

ちゃんと、筆立ての中に、入っている。

保管場所まで、しっかり記憶。

これを、すべてのことにやろうとすれば、結構な仕事量となる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月11日

知らぬを知る難しさ

自分は、何も知らない存在である。

これを証明することは、意外に難しい。

その理由は、至ってシンプル。

何を知らないかを、知らないから。

では、知っていることに関しては、完璧か?

これなら、答えられる。

決して、完璧に、知っているわけではない、と。

せいぜい7割程度で、知ってるつもりに。

結局、残り3割を、知らないこととしてしまっている。

でも、実際には、10割知らないことが、当然存在する。

そこに、どう意識を、持っていけるか?

やはり、難しい命題である。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月10日

ちょっとプラスして

新人の頃は、コピー取りも、仕事のひとつだった。

コピー取りなんて、誰でも出来る、簡単な仕事。

そう蔑まれることもあるが、仕事であることに、変わりはない。

だから、これを、きちんとやるか、適当にやるかで、差が生まれて来る。

きちんとやるだけでなく、何か工夫できることはないかと考えるだけで、もっと差が。

コピー取りをバカにするタイプには、決して生まれない何か。

その何かが、その後の仕事をする上での、大きな力となる。

その積み重ねが、こう呼ばれることに。

「あいつは、仕事が出来る」と。

仕事が出来るタイプは、必ず、プラスアルファを考えている。

そういう人と仕事をすることは、楽しいものである。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月 9日

要はやる気の問題で

車を走らせると、電光掲示板が、目に入る。

そこには、こう書かれてあるのだ。

「隣県への不要不急の外出自粛を」と。

住んでいる場所が県境のため、経済圏は同一。

しかし、くどいほど「隣県への〜」を繰り返されると、萎えてくる。

やはり、外出自体を、やめようと。

だからといって、しょんぼり暮らしているわけでもない。

家の中でも、活動的に生活できる。

要は、やろうとするか、しないかの問題で。

でも、考えたら、すべてに通じることだろう。

決して、コロナに関してのことだけではない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月 8日

人それぞれの定義あり

以前、動かなくなった腕時計の、分解修理に挑戦したことがある。

結果は、失敗。

目の前に残ったのは、動かない腕時計。

でも、動かないこの品を、腕時計と呼んでいいのか?

個人的には、動いてこそ、時計だと思う。

つまり、時計とは、数多の部品が重なった、時を知らせる道具。

時を知らせることができなくなった時点で、時計とは呼べない。

それは、時計のような物だろう。

しかし、動かない腕時計を、愛でる人もいる。

動かなくても、その人にとっては、しっかり腕時計に。

つまり、時を知らせる機能以外にも、価値を見出しているということ。

そこにも、人それぞれの考え方が、横たわっている。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月 7日

意味の違う使い方

たまに、「パソコンやスマホが壊れた」との相談を受ける。

でも、実際は、壊れていない。

ほとんどが、ソフトやアプリの不具合と言うだけ。

だから、「これは、壊れていない。ただ、動いていないだけ」に。

でも、使用者にとっては、使えない=壊れた、だろう。

よって、そこを修正すれば、元のように使えるわけだ。

言葉の意味は、使う人によって、まちまちとなる。

だから、その裏の意味を、見出さないと、あらぬ方へ。

お互いが、違う意味を、思い込みで、使っていたら?

解決できることも、できなくなる。

軽く考えてると、大きな問題に、発展したりするわけで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月 6日

その理不尽さに意味あるか

誰にでも出来る、簡単なことを失敗する。

何度やっても、うまく出来ない。

周りからは、「真面目にやれ」と、怒鳴られる。

その結果、萎縮し、自信を無くす。

気がつけば、小さく目立たぬように、振る舞う自分が。

そもそも、人には、得手不得手がある。

周りの、たかだか数人が出来るからと、全員が出来る証明にはならない。

なのに、言われることは、「なぜ出来ないんだ」

そこには、優しさなど、微塵もない。

だから、押しつぶされてしまう。

でも、つぶされる理由なんて、実は、無い。

それを自覚し、居場所を変える。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月 5日

かげひなた

日向に出れば、陰が生じる。

道徳の授業で、「かげひなたを持たぬよう」とあったが、科学的には無理。

まあ、突っ込むところでも無いだろうが。

それにしても、陰日向のある人間が、多すぎる。

おまけに、議員なんて肩書を、背負っていたりも。

一体、何を習ってきたのだろう?

もう一度、小学校から、やり直せば?

科学的に突き詰めれば、必ず、分岐点が見つかるだろう。

陰日向を、何とも思わなくなった、きっかけが。

この分岐点、ひょっとしたら、誰にでも当てはまるかも。

ただ、どちらに進むかで、人としての違いが生まれる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月 4日

自分は自分を貫いて

日中、晴れさえすれば、カーテン全開している。

太陽光を、家の中に、入れるため。

それだけで、十分な暖房となる。

ただ、これができるのも、窓の外が田畑という、田舎ならでは。

これだけでも、金で買えない財産だろう。

以前、「金で買えないものは無い」などと、豪語する人がいた。

それを耳にし、何と言うか、憐憫の情が湧いた。

金で買えないものがあることを、知らない人なんだな、と。

ただ、ものの考え方など、人それぞれ。

だから、自分は自分と、前を見る。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月 3日

気の持ちよう

暦の上で春となり、あぜ道にも、ホトケノザの花が、目につくように。

三寒四温を、順調にこなし、いよいよ春近しの感。

実際は、まだ冷え込んだりするが、要は気の持ちよう。

春がそこまで来ていると思うだけで、テンション上がるわけだ。

にも関わらず、コロナ禍で、春の行事が、軒並み中止へ。

中には、楽しみにしていたものもある。

しかし、こればかりは、どうしようもない。

もう、なるようにしか、ならないだろうと、あきらめている。

だからこその、気の持ちよう。

自分まで、雰囲気に飲まれる必要はない。

貴重な時間を、有意義に。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (2)

2021年2月 2日

素朴な疑問

情報番組から、びっくりニュース。

ただし、びっくりしたのは、私のみ。

一般的には、周知の事実だった模様だ。

そのニュースとは、紙幣のデザイン変更。

一万円札が、渋沢栄一に変わるとか。

確かに、偉人ではあるが、一般的には、マイナーな存在だろう。

他に、いなかったのだろうか?

そもそも、なぜ、国の象徴である、天皇陛下では、だめなのか?

憲法遵守の精神から行けば、もっとも落ち着くと思うのだが。

まあ、国旗掲揚さえ、嫌悪する人々もいる。

紙幣に天皇とか、騒ぎ立てるのが、目に浮かぶ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2021年2月 1日

良い習慣の意味

休日に、早起きする人と、いつまでも寝ている人。

時間で考えれば、前者が、得しているだろう。

問題は、その得した時間で、何をするか?

せっかく早起きしたのに、やってることが、寝てた方がマシなことなら?

まさに、時間の無駄遣いというもの。

早起きは、良い習慣だと言われる。

でも、それは、早起きして、良いことをやった場合に、限られる。

早起きして、犯罪行為をやっても、誰も褒めない。

それこそ、寝ていろと、非難されよう。

だから、早起きして、良い行為をする。

胸を張って、良い習慣と、宣言できるように。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »