« 似て非なるものだった | トップページ | 疑問と感謝 »

2020年12月13日

本物のエネルギー

東側のカーテン開けたら、朝陽がビガーッと、入ってきた。

その瞬間、テンションが上がる。

自分でも、笑いが出るほど、それを実感する。

まさに、ソーラーパワーだ。

そんな自然のエネルギーを、一身に受け、活動開始。

本来なら、そのエネルギーには、対価が発生するはず。

でも、自然エネルギーは、無償なのだ。

だから、せめてもの、感謝の念を捧げる。

意外に、宗教なんて、こんな感じで、始まったのかも。

とにかく、朝イチで、笑顔が溢れることは、好ましい。

それだけで、幸福を、実感できるから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 似て非なるものだった | トップページ | 疑問と感謝 »

コメント

 釈さん、こんばんわ。
 そろそろ、人間国宝に推薦されるのでは無いかと、心配しているおやじです。
 それは、ともかく。いきなりですが、太陽は、神だと思っています。エジプトの神、太陽神ラー。日本の天照大御神。そして、ウルトラマンの「君にも見えるウルトラの星」。
 僕は、いまだに、ウルトラの星を探しています。少年の心を抱きつつ、夢を見つつ、衰退しつつ、酒を飲んでいます。
 メリークリスマス!
 

投稿: 無形文化財オヤジ | 2020年12月14日 22:03

無形文化財オヤジさん、こんにちは。

神に例えられる太陽にも、寿命がある。
それを知った子供の頃、得も言えぬ恐怖を感じた覚えが。
たまたま見たウルトラマンの中で、星が爆発したし。
個人レベルでは、まったく影響ないことなのに(笑)
まあ、そんなこんなで、今年も残りわずか。
楽しんでいきましょう♪

投稿: 釈円融 | 2020年12月15日 07:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 似て非なるものだった | トップページ | 疑問と感謝 »