« 恥を知らねば | トップページ | 何となくの裏にあるもの »

2020年11月19日

曖昧さの中に

この時期、多くの草花が、種を付けている。

それらの種を眺めつつ、ふと思う。

この種って、生きているのだろうか?

手のひらに乗っている状態、とても生きているとは思えない。

しかし、来年の春、蒔けば、必ず、発芽する。

であるなら、今は、眠っているだけか。

そういえば、人間だって、睡眠と死は、紙一重だという。

そう考えれば、生きていることの定義、実はあやふや。

確かに、何から何まで、定義づける必要性はないだろう。

ただ受け入れるだけの大切さも、知っている。

でも、生きることの定義だけは、しっかり持ちたい。

たとえそれが、自分だけのものだったとしても。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 恥を知らねば | トップページ | 何となくの裏にあるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恥を知らねば | トップページ | 何となくの裏にあるもの »