« 良いことにも流されず | トップページ | 真贋見極めの困難さ »

2020年11月 3日

失敗の別の意味

良かれと思いやったことが、上手くいかなかった。

俗に言うところの、失敗である。

普通、失敗したとなれば、悪い事の代名詞だろう。

でも、人が、真剣に考えるのは、失敗した時。

上手くいってる時は、大して考えていないものだ。

もちろん、進んで失敗する必要はない。

でも、失敗した時は、好機と捉える。

少なくとも、そう心得ておく。

それだけで、失敗の性質が、変わっていく。

単に、悪いことではなくなる。

失敗こそ、可能性がぎゅっと詰まった、種なのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 良いことにも流されず | トップページ | 真贋見極めの困難さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良いことにも流されず | トップページ | 真贋見極めの困難さ »