« 変化の受け入れ | トップページ | 寒くなると換気のことが »

2020年10月18日

ワクワク感を持ってみる

人生を充実させるひとつの手段。

それは、ワクワク感の持続だ。

1日24時間の内、どれくらいの時間を、ワクワクして過ごせるか?

最も効率的なのは、長時間携わっていることを、ワクワクさせる。

例えば、仕事。

今、嫌々やってる仕事を、ワクワク出来るか?

普通に考えたら、まず無理だろう。

だから、普通を止めてみる。

この場合の普通とは、自分の固定観念のこと。

毎朝、満員電車で通勤することは、当たり前のことだった。

それを、コロナ禍で、止めることが出来た。

その結果、仕事に対する認識が、変わったのでは?

ワクワク感は、当たり前から、外れた線上に転がっている。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 変化の受け入れ | トップページ | 寒くなると換気のことが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 変化の受け入れ | トップページ | 寒くなると換気のことが »