« ビールかけも消え去って | トップページ | すきま風が吹くことで »

2020年10月30日

ある閉店記事から

創業70年になる蕎麦屋が、閉店すると。

そのニュースを見て、これもコロナ禍で、売り上げ減ったせいだろう。

そう判断したのに、事実は異なった。

きっかけは、自粛要請に伴って、2ヶ月、閉店していたこと。

問題は、そこから、いざ開店しようとしたら、身体が言うことを聞かなくなっていた、と。

店主を始め、従業員も、70過ぎの高齢者。

2ヶ月休んでいたら、筋力が低下し、回復しきれなかったらしい。

開けていれば千客万来にも関わらず、店のスタッフに、それを回す体力が消えていた。

一度切れた流れを、元に戻すには、エネルギーが要る。

ましてや高齢者なら、尚更だろう。

今までどおりの危機管理では、対処できない現実もある。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« ビールかけも消え去って | トップページ | すきま風が吹くことで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビールかけも消え去って | トップページ | すきま風が吹くことで »