« 不要な変化に | トップページ | 情熱の熾火 »

2020年10月23日

裏技って結局

たまたま手にした雑誌に、「裏技特集」のページが。

裏技という字面から、何となく姑息さを感じていた。

でも、そこにあったのは、紛れもない創意工夫。

もう立派な、表技だった。

では、なぜ、裏技などと呼ぶのだろう?

早い話、裏技が目立つと、それまでの表技が、衰退する。

その結果、表技で儲けていた企業等が、困るわけだ。

通常なら、今までの表技を、磨き直せば良い。

しかし、一度敷かれたレールは、なかなか動かせないのだろう。

だから、裏技なんて、出てくるのだ。

本来なら、表技で、表現すべきものが。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 不要な変化に | トップページ | 情熱の熾火 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不要な変化に | トップページ | 情熱の熾火 »