« 顕微鏡の世界から | トップページ | 変化の受け入れ »

2020年10月16日

真を捻じ曲げて

サイコロには、6種の目がある。

どれかひとつの数字が出る確率は、1/6。

これは、どの数字を選んでも、変わらない。

もし、「1」を選んだら、出る確率が1/2とかには、ならないのだ。

でも、世の中、摩訶不思議なことが起こる。

「2」が出ても、それは「1」だと言い張る。

「3」が出ても同様に、それも「1」だ、と。

そして、無理やり、「1」の出る確率を、1/2に。

これを不条理と呼ばずに、何と呼ぶ?

なのに、その不条理こそが、正義だと宣っている。

迷惑千万、極まりないのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 顕微鏡の世界から | トップページ | 変化の受け入れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 顕微鏡の世界から | トップページ | 変化の受け入れ »