« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月31日

すきま風が吹くことで

やらねばならないことは、ストレスとなる。

逆に、やりたいことは、リフレッシュに。

問題は、人によって、その行為が、まちまちなこと。

例えば、散歩。

歩きたい人にとっては、良い気分転換だろう。

でも、歩くなんてまっぴら、と言う人には?

でも、そのことに、思いが行かないことがあるわけで。

なぜなら、自分にとって心地良いから、相手もそうだろうと思ってしまう。

まさか、相手が、そこまで嫌がるなんて、想像も付かない。

結局、そこに吹くのは、すきま風。

その風が吹いてる間、分かり合うことは難しい。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月30日

ある閉店記事から

創業70年になる蕎麦屋が、閉店すると。

そのニュースを見て、これもコロナ禍で、売り上げ減ったせいだろう。

そう判断したのに、事実は異なった。

きっかけは、自粛要請に伴って、2ヶ月、閉店していたこと。

問題は、そこから、いざ開店しようとしたら、身体が言うことを聞かなくなっていた、と。

店主を始め、従業員も、70過ぎの高齢者。

2ヶ月休んでいたら、筋力が低下し、回復しきれなかったらしい。

開けていれば千客万来にも関わらず、店のスタッフに、それを回す体力が消えていた。

一度切れた流れを、元に戻すには、エネルギーが要る。

ましてや高齢者なら、尚更だろう。

今までどおりの危機管理では、対処できない現実もある。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月29日

ビールかけも消え去って

プロ野球パ・リーグ、ホークスが優勝を決めた。

いつもならやる監督の胴上げ、今年は無かったらしい。

その後の祝勝会でのビールかけ、これもやらなかった、と。

すべてコロナ禍のせいだが、今年だけとはならないだろう。

これからは、優勝しても、胴上げやビールかけは、無いというスタイルに。

これも、コロナがもたらした、新しい生活様式。

まだまだ手探りは続くだろうが、昔に帰ることはない。

それだけは、言えそうだ。

にもかかわらず、変えようとしない人もいる。

すると、必ず、摩擦を生ずる。

マスクをする、しないの問題とか、まさにそれ。

暗中模索の時代とも言える。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月28日

見誤ることもあるわけで

鬼滅の刃というアニメが、大ヒットしている。

私は、TV放送第一話を15分見て、自分には合わぬと判断。

二度と見ることはなかったのに、噂だけは、耳に入りだした。

結局、ネット配信で全話鑑賞し、思い直す。

最初の判断は、誤りだったな、と。

ただ、なぜ、この作品が、ここまでヒットしているのかは、分からない。

この辺の感覚が、ずれているのだろう。

今は、そのずれを、楽しむことにする。

人と違うからといって、不安に感じることもない。

そもそも、車イスの段階で、人と違うわけだし。

自分は自分と、胸を張って、前へ進む。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月27日

新しい基準線

自分なりに、精一杯やってみる。

それでダメなら、仕方ないな、と。

問題は、その精一杯が、真に精一杯だったか?

ここが、適当な精一杯だから、後悔することに。

雑巾を絞り切り、もう水が出ない状態から、もう一度、絞る。

とにかく、そこまでやると、達成感に包まれる。

仮に、上手く行かなくとも、やるだけはやった、と。

それが、自分にとっての、新しい基準線となる。

繰り返していけば、基準線が、グレードアップしていく。

人は、経験の生き物。

何をどうして、どう生きるかだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月26日

人生の岐路

人生には、ターニングポイントなるものがある。

でも、「ここがあなたの岐路です」なんて看板はない。

振り返ってみた時、あの時が、そうだったなと分かるだけ。

そして、今を、噛みしめる。

果たして、結果は、幸か?不幸か?

でも、ぼんやりしてなどいられない。

すぐに、次のターニングポイントが、やって来るから。

そして、その地点を、どう過ぎ去るか?

それによって、例えば、1年後が、幸か?不幸か?決まるだろう。

そんなこと考えなくても、生きていける、という人もいるだろう。

そうかもしれないが、深みというか、濃さというものが、違うと思う。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月25日

所詮自分の思い込み

久しぶりに、雲ひとつない、真っ青な空。

それを見上げ、ふと思う。

と、いつもなら、そうなるはずが‥‥

その日は、不思議に、何も浮かばなかったのだ。

ただ、青い空を、見上げていただけ。

すると、薄い雲が見えてきた。

パッと見ただけでは分からぬほどの、薄い雲。

これも、ただ見ることに、専念していたから。

ただ、いつまでも、見ているわけにはいかないから、視点をずらした。

その瞬間、白い雲が、あちこちに。

雲ひとつないと思っていたのは、単に視野が、狭かっただけ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月24日

情熱の熾火

何事でもそうだが、最初は、情熱にあふれている。

やること成すこと、すべてが前向きの。

その情熱を削ってくるのが、日常の雑事だ。

気がつけば、雑事に追われ、情熱自体を忘れ去る。

でも、情熱の火は、決して消えていない。

炭の熾火のように、しぶとく残っている。

古い日記を読み返したりすれば、再び、思い出せる。

そして、ふと思う。

なぜ、忘れていたのだろう?

でも、これだけは、言えるのだ。

もう一度着いた情熱の火は、決して消えないということを。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月23日

裏技って結局

たまたま手にした雑誌に、「裏技特集」のページが。

裏技という字面から、何となく姑息さを感じていた。

でも、そこにあったのは、紛れもない創意工夫。

もう立派な、表技だった。

では、なぜ、裏技などと呼ぶのだろう?

早い話、裏技が目立つと、それまでの表技が、衰退する。

その結果、表技で儲けていた企業等が、困るわけだ。

通常なら、今までの表技を、磨き直せば良い。

しかし、一度敷かれたレールは、なかなか動かせないのだろう。

だから、裏技なんて、出てくるのだ。

本来なら、表技で、表現すべきものが。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月22日

不要な変化に

携帯会社から、通知が来た。

今の電波が使えなくなるから、スマホに買い換えろ、と。

地デジの時もそうだったが、ある日突然、規格が変わることがある。

すると、故障もなく使えていた機器が、一瞬でゴミに。

その変化、大多数の人々には、恩恵が有るのだろう。

しかし、現状に不満のない少数の者にとっては、はた迷惑な話でもある。

これも、弱者切り捨て、強者の理論。

コロナ禍をきっかけに、世の中の社会システムが、大きく変わろうとしている。

なのに、前近代的手法で、ゴリ押ししようとする。

果たして、そういう思考で、大丈夫なのだろうか?

毎月の携帯料金が、100円以内で済むから、つい愚痴も出る。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月21日

あやふやとちぐはぐ

のどが渇いたから、飲み物を、買いに行く。

店に入ると、多種多様な商品が、並んでいる。

一瞬、自分が、何しに来たのか、忘れるくらいに。

万一忘れてしまうと、不要な品を買うことになる。

だから、目的の品へ、一直線。

しかし、そこにも、多くの飲料が。

果汁?炭酸?それともお茶?

具体的に決めておかないと、迷ってしまう。

迷うということは、時間に無駄が生じるということ。

のどの渇きを癒すだけなら、水道水で十分だった。

そもそも、何の理由で、買い物に出たのだろう?

その理由があやふやだから、行動もちぐはぐになる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月20日

真の楽とは

そりゃ、自業自得では?

そう思わせる問題に、直面している人がいる。

なのに、他人のせいにしている。

すべての責任は、他人にあるという理屈のようだ。

この自分を省みないタイプ、結構、見かける。

確かに、他人のせいにしておけば、自分は楽だろう。

その楽な方へ、楽な方へと、生きてきた。

その結果が、今なのだ。

でも、思いが、自分に向くことはない。

その思考だけが、欠落しているから。

楽を求めることが、実は、苦へ一直線だっただけ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月19日

寒くなると換気のことが

予報によれば、いよいよ最低気温が、一桁に。

こうなると、秋ではなく、冬となる。

今は、日中、全開にしている窓も、開けなくなるだろう。

そうなると、換気というものを、意識する必要が。

そういえば、コロナ禍で、店舗などは、換気が必須に。

これって、真冬でも行えるのだろうか?

換気のせいで風邪を引くとか、本末転倒の気もするが。

まあ、その辺りは、専門家に、委ねざるを得ない。

それにしても、世界的に見れば、収まる気配のないコロナ。

人工的に作られたという論文も、発表されたらしい。

窓の開け閉めに悩むとか、可愛いうちなのかも知れぬ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月18日

ワクワク感を持ってみる

人生を充実させるひとつの手段。

それは、ワクワク感の持続だ。

1日24時間の内、どれくらいの時間を、ワクワクして過ごせるか?

最も効率的なのは、長時間携わっていることを、ワクワクさせる。

例えば、仕事。

今、嫌々やってる仕事を、ワクワク出来るか?

普通に考えたら、まず無理だろう。

だから、普通を止めてみる。

この場合の普通とは、自分の固定観念のこと。

毎朝、満員電車で通勤することは、当たり前のことだった。

それを、コロナ禍で、止めることが出来た。

その結果、仕事に対する認識が、変わったのでは?

ワクワク感は、当たり前から、外れた線上に転がっている。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月17日

変化の受け入れ

季節の変わり目は、油断ならない。

体調を、崩しやすいから。

これって、身体と頭の時差みたいなもの。

頭の中では、10月だから、まだ寒くない。

だから、身体の方は、薄着のまま。

でも、実際は、結構冷え込む日も、あるわけで。

すると、一発で、風邪を引く。

しまったと思った時は、もう遅いのだ。

結局は、自分勝手な判断に基づいた結果。

だから、そこの修正が、必要となる。

なのに、すぐ忘れて、また繰り返す。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月16日

真を捻じ曲げて

サイコロには、6種の目がある。

どれかひとつの数字が出る確率は、1/6。

これは、どの数字を選んでも、変わらない。

もし、「1」を選んだら、出る確率が1/2とかには、ならないのだ。

でも、世の中、摩訶不思議なことが起こる。

「2」が出ても、それは「1」だと言い張る。

「3」が出ても同様に、それも「1」だ、と。

そして、無理やり、「1」の出る確率を、1/2に。

これを不条理と呼ばずに、何と呼ぶ?

なのに、その不条理こそが、正義だと宣っている。

迷惑千万、極まりないのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月15日

顕微鏡の世界から

理科の授業で、顕微鏡を覗いた。

そこには、見たことのない細胞の世界が。

その目に見えない細胞が集まって、例えば、一枚の葉っぱを形作る。

逆から見ると、手に持っている葉っぱは、見えない細胞から成り立っていることに。

今だからこそ、考えてしまう。

では、葉っぱとは、何なのか?と。

確かに、小さな細胞の集まりではある。

でも、その細胞と、目の前の葉っぱは、まるで別物。

だから、混乱してしまうのだ。

これが、人間となると、もっとややこしい。

そこに、心なんていう、目に見えないものまで、絡んでくるから。

結局、人って何だろう?

考えれば考えるほど、分からなくなる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月14日

たまには外から刺激を

世の中、便利な品が溢れている。

見れば見るほど、欲しくなるような品が。

それらに手を伸ばし、ふと考える。

この品、今使っていない品々を組み合わせれば、代替えできるのでは?

よほど画期的な品でない限り、何とかなるもの。

要は、創意工夫ということに。

緊急性がなければ、程よい頭の体操にもなる。

このような外からの刺激、たまには必要だ。

そうでないと、頭の中が、凝り固まる。

自力でほぐすには、力が足らない。

だから、たまには、外に出る。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月13日

手間を惜しんだばかりに

パソコンの中には、様々なファイルが入っている。

それを整理しようと、格闘中。

基本的には、種類別の日付順になっている。

それらの中に、ファイル名が付いていないのが、結構有るのだ。

保存する際、手抜きして、名前を付けずに保存。

すると、ファイル名が日付となっており、中身が不明に。

結局、それらを、一々開いて、名前を付けていく。

最初にやっていれば、こんな苦労は、しなくて済んだ。

「まあいいか」の先送りが、回り回って、今となる。

やはり、手抜きなんて、するもんじゃない。

ちょっとした手間が、大きく物を言う。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月12日

予防の大切さ

中途半端な知識で、偉そうなことを言う。

分かる人から見たら、バカ丸出しだろう。

それを見抜くためには、自分が学ばねばならぬ。

そこを手抜きすると、前述の偉そうな文言を、名言だと勘違い。

気がつけば、あちこちで、披露するかも。

そして、ある日突然、指摘されることに。

「あなたの言ってることは、バカ丸出しだ」と。

その瞬間、これまで築いてきたものが、崩れ去る。

一体、何をしてきたのだろう?

その思いとともに、茫然自失。

そうならないための、日々の勉強。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月11日

用が済んだらお引取り

何かを動かすには、力が必要。

とにかく動き出すまで、目一杯、力を入れる。

でも、動き出したら、楽になる。

動きを維持するだけの力で、十分だから。

必要なのは、止めない努力。

つまりは、観察力だ。

止まりそうになるなら、ちょっと、力を入れる。

動き過ぎなら、その力を緩める、といった具合に。

動き出すまでに入れた、目一杯の力は、すでに用済み。

いつまでも、それに執着していたら、とんでもないことになる。

何かが変われば、当然、自分の側も変わらねば。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月10日

良かれと思った根拠は

良かれと思ってやったこと。

それが、どの程度、良かっただろうか?

そもそも、そのやったことによる影響を、どれくらい把握しているだろう?

完璧に把握しているはずがない。

ということは、裏返すと、良くないことになる可能性も。

これを、はっきり見せつけてくれるのが、パソコン絡み。

良かれと思って、設定をいじる。

すると、思いもよらぬ所で、不具合を起こす。

やったことと、不具合とが、直接には結びついていない。

でも、回り回って、不具合となる。

これが人間関係なら、もっとややこしくもなるわけで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月 9日

ゴミは本当に出てきたのか

家の大掃除をすると、大量のゴミが出る。

しかし、実際は違う。

それらのゴミを、ただ、見ないようにしていただけ。

大掃除の前も、しっかり、家の中に、鎮座していたわけだ。

そこに在るのに、見なければ、無い。

だから、ゴミを捨てるには、まず、見なければならない。

それは、家のゴミも、心のゴミも同様。

見なければ、気づけないのだ。

心のゴミは、家のゴミ以上に、見ようとしない。

そもそも、ゴミという自覚さえない。

見ないままだと、大変な状態に、なっているかも。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月 8日

理想と現実の違い

理想と現実には、ギャップがある。

そして、実際触れるのは、現実の方。

そこにあるのは、半ばあきらめの感覚だろう。

でも、大事な感覚でもある。

もし、理想が現実だと、思い込んでいたら?

一種の狂信者の出来上がり。

理想は素晴らしいのだが、現実には厳しいものでもある。

その厳しさを、突きつけてくるわけだ。

一般的には、そこまで求めていない。

これが、現実。

だから、この差は、埋まるはずもない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月 7日

知らないこと減らし

初めてデジカメを買った時、その手軽さに感動した。

それまでのフィルムカメラみたいに、現像に出す手間が消えたから。

だから、パチパチ撮りまくっていた。

すると、ある日突然、カードを認識しなくなった。

今では、常識として知る、フラッシュカードの寿命。

でも、当時は、永久的に使えると信じ込んでいた。

だから、右往左往した思い出が。

結局、調べて、カードにも寿命があることを知る。

知ってしまえば、対策も講じられる。

やはり、恐いのは、知らないということ。

「知ってさえいれば‥」、なんてことは、なるだけ少なくしたいもの。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月 6日

夕焼けに思う

見上げた空に、白い雲が、浮かんでいる。

その雲が、夕方には、紅く染まる。

夕焼けは、単なる自然現象。

にもかかわらず、多くの人が、何かを感じる。

それをテーマに、たくさんの絵画や写真、楽曲などが生まれている。

科学で説明出来る現象が、科学で説明できないものを生んでいるのだ。

その間に横たわるものは、何なのだろう?

やはり、人間の想像力なるものは、偉大だと思う。

それがあるからこその、結果だから。

では、その想像力は、どこから生まれて来るのだろう?

天才と凡才の差とは、一体、何なのだろう?

考えれば考えるほど、分からない。

実は、そんな中を、漂いながら、生きていたりする。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月 5日

無いようで有る積み重ね

リハビリというのは、積み重ねである。

それも、長期運用の。

よって、昨日と今日では、何も違わない。

一昨日と今日でも、変化はない。

でも、一ヶ月前と今日とでは、違いが分かる。

小さいけれど、変化が見られる。

預金利子が、「1円」付くようなもの。

これが、一年前と比べれば、どうだろう?

それなりの変化が、見られるだろう。

預金利子も、「10円」くらいは付いている。

それもこれも、コツコツ積み重ねてきたから。

見えない所で、しっかり、積まれていたのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月 4日

効率のみを求めたら

一極集中だと、そこが止まれば、すべてが止まる。

今回、東証システムのエラーが、それを教えてくれた。

だからこそ、東京の一極集中は、まずいと感じる。

何度も繰り返される、首都機能の移転。

真剣に、検討すべき課題だろう。

しかし、それだと損する人間が、多々いるらしい。

だから、こういう問題が、前進しない。

結局、公より個が優先。

そもそも、選ばれた政治家自体が、個の代表だ。

それで、公を優先できるわけがない。

であるなら、やはり、今の政治システム、改良の余地あり?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月 3日

何かが変われば自分も変わる

私のパソコン、OSはlinuxのひとつであるubuntuである。

それのアップグレード通知があった。

前回から、2年ぶりとなる。

実質、OSの書き換えみたいなものだから、オンライン上でやらない方が無難。

そういう意見が多々あったので、これまでは、ダウンロードして、USBに焼いてインストール。

でも、今回は、オンライン上でグレードアップしてみることに。

万一のことがあっても、バックアップは取ってあるし、大丈夫だろう、と。

ただし、どちらの方法を取っても、時間はかかる。

だから、余裕のある時でないと、違う意味で拙いのだ。

ただ、新しくなると、変更に伴う不具合は出るもの。

早い話、これまで大丈夫だったものが、使えなくなるとかだ。

その変化に対応するのも、アップグレードの醍醐味か。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月 2日

何となくを続けるか

目標を持っている者と、何となく生きている者。

どちらが、人として強いか、言うまでもないだろう。

目指すべきものを持つ人には、余計なものは目に入らない。

ただ、まっすぐに、その道を進む。

方や、何となく生きてると、余計なものに、目移りする。

何が、自分にとって必要かの、選択肢を持っていないからだ。

最終的に残るのは、満足した人生か、何のために生きてきたのだろう?という疑問。

さあ、どちらを選ぶ?

そこまで問われても、まだ、何となく生きる?

結局、この自問自答をしないから、何となく生き続けてしまう。

ため息つきながら、人生終わる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年10月 1日

多数決だけが良いわけじゃ

家に、二人の来客があったとする。

一人は暑がり、もう一人は寒がりの。

すると、当然、このようになる。

一人が、「暑いからエアコンを」

すると、もう一人は「寒くなるからやめて」

さて、家主としては、どうするのが正解か?

暑がる人以外は、現状に、不満は無いのだ。

では、暑がりに、我慢させるか?

それだと、場の雰囲気が、悪くなる。

多数決が正義と言うなら、一人は、我慢しなければならないことに。

民主主義とやらのほころびを、垣間見た気がした一瞬。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »