« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月31日

誤用の罪

長かった梅雨も、ようやく明けた。

いよいよ躍進の夏かと思いきや、まさかのコロナ。

近隣で拡大中のため、慎重な行動が、必要となってしまった。

にもかかわらず、散見するのだ。

「自分だけは大丈夫」というタイプが。

そこには、何の根拠もない。

迷惑な、「根拠のない自信」である。

本来、根拠のない自信は、有効なもの。

それを誤って、使っているわけだ。

その結果、根拠のない自信自体が、迷惑視される。

それこそが、迷惑なことなのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月30日

それって幸福なのか

幸福になるための、最低条件とは何か?

言わずもがな、幸福を目指すこと。

幸福になろうと思わなければ、幸福になるわけがない。

では、幸福を目指せば、必ず、幸福になれるのか?

間違いなく、幸福になれる。

こう断言すると、必ず、反論が上がるだろう。

いやいや、世の中、そんなに甘くない、と。

でも、それは、幸福が分かっていないから。

自分にとっての幸福を知らず、ただ、目の前の飴を、掴もうとしているだけだから。

そのため、その飴を入手できなかったり、取りこぼしたりした瞬間、不幸を感じる。

幸福とは何かを知らないがための、錯覚なのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月29日

阿吽の常識今いずこ

こちらの常識が、相手にとっては非常識。

そういう状況に直面すると、軋轢を生じる。

例えば、食事に誘う。

すると、誘われた方が、おごってもらえると思い込む。

誘った方に、そのつもりが無ければ、会計する時に、ひと悶着。

それぞれの常識の違いが、騒動の元となっている。

こうなると、何が常識で、何が非常識なのか?

しっかり確認しておかないと、トラブルの原因に。

そんなの阿吽の呼吸で。

そう言われることが、常識の時代では、無くなっているのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月28日

縁があるとかないとか

面接の結果、不採用。

そのことを、「縁がなかった」と表現される。

要は、求める人材と、異なっただけのこと。

ラーメン食べたいのに、カレーを出されたようなものだ。

不採用=実力不足と、一概には言えない。

縁がなかったとは、まさに、柔らかな表現だと思う。

しかし、縁がなかったの乱発は、いただけない。

その結果、チャーシュー麺を求めているのに、素ラーメンで応募し、縁がなかった、と。

これは、100%実力不足。

なのに、それを、誤魔化してしまうからだ。

縁とは、深く、また微妙なものである。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月27日

調子に乗りすぎると

ボーナス時期になると、銀行員が、預金獲得に奔走していた。

この預金、銀行側から見れば、借金だ。

預金者が、銀行に、貸しているわけだから。

その預金額が増えれば、どうなるか?

貸し出せる額が増えるから、安定経営へと結び付く。

それを、「銀行の借金が増えたから、倒産だぁ」と言えば?

赤っ恥を、かくことになるだろう。

でも、銀行を、国に置き換えると、どうなる?

朝のラジオで「国の借金がぁ」と言っていて、ふと考えたわけで。

とにかく、偏った報道が、メディアに溢れすぎ。

そのうち、新聞TVも、淘汰されていくだろう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月26日

そろそろ意味のあることを

とうとう「withコロナ」なる言葉が、生まれた。

これ、国民感覚では、「コロナは無くならない」ということだろう。

であるなら、毎日報道される感染者数には、何の意味もないことに。

意味があるのは、その内の入院患者数とかでは?

これが増えると、医療崩壊へ繋がるからだ。

とにかく、感染しても、大多数は軽微な症状で済む。

だから、あわてず、ゆるりと、過ごせば良いだけ。

なのに、マスコミ報道は、感染することが、罪在るかの如し。

だから、感染しただけで、廃業や引っ越しに、追い込まれたりする。

まさに、マスコミの罪作り。

なのに、正義面してるから、気分も悪くなるわけで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月25日

毒リンゴだったら

政府主導で、旅行しろのキャンペーン。

二週間後、どれくらいの感染者が、出るだろうか?

それによっては、瀕死の観光産業に、とどめを刺すと思うのは、私だけ?

確かに、藁をも掴む状況なのは、理解できる。

でも、藁だと思って掴んだのが、毒蛇だったら?

今回のキャンペーン、その危険性を孕んでると思うのだが。

そういえば、コロナは、暑くなれば収束する、という予測があった。

まったくの、大ハズレではないか。

とにかく、初めてのことで、あらゆる形態が、変化している。

なのに、旧態依然のまま、金だけは欲しがるの?

そこに、そもそも、無理がある。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月24日

変化を受け入れ

コロナ騒動以来、久しぶりに1時間のドライブを。

さすがに炎天下の車内、クーラーの効きも悪い。

みるみるうちに、体力を奪われるかのような錯覚に。

それでも、心地良い疲労感に包まれる。

自粛生活の中、忘れていた感覚だ。

多くの人がそうだろうが、コロナ前後で、生活様式が変わった。

慣れた人もいるだろうし、まだ、戸惑っている人もいるだろう。

ただ、言えることは、ひとつ。

変化してしまったのだ。

それに、合わせる以外、方策はない。

変化を嫌がることが、淘汰されることへ、繋がっていく。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月23日

自律を自覚して

2年前の画像ファイルを整理していたら、台風の様子が。

どうやら、7月に、直撃だった模様。

庭の草花も、ひまわりを始め、軒並み倒れていた。

おそらく、片付け作業も、大変だったはず。

なのに、その画像を見るまで、忘却していた。

やはり、人間は、忘れる生き物なのだろう。

なのに、どうでもいいことは、いつまでも、覚えていたりする。

仕方のない生き物でも、あるらしい。

そんな生き物なのだ、自分とは。

だから、意識的に、律していかなければ。

ズルズルダラダラじゃ、どうしようもなくなるから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月22日

観察したら見えてきた

今の時期、トンボやチョウが、庭先を飛んでいる。

では、トンボとチョウ、どちらが速く飛ぶか?

瞬間速度なら、間違いなくトンボだろう。

でも、どちらが早く動くか?

この問には、チョウと答える。

なぜなら、トンボは、ホバリングをするから。

だから、トンボの飛翔する姿は、写真に撮れる。

それに比べ、常に飛び回るチョウは、難しいのだ。

今、私の中には、「チョウは、意外に、速く飛ぶ」がある。

観察する前は、先入観で、「トンボが、絶対速い」だったのに。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月21日

夏の思い出

あなたにとって、夏の思い出は?

そんな問いかけに、どう答えよう。

確かに、海水浴に行ったこともあれば、花火をしたことも。

でも、それらは、20年前の、汗だくになりながらのリハビリに、上書きされた。

当時は、まだ寝返りさえ、困難な状態。

完全寝たきりから、半寝たきりへなるべく、ベッド上で、もがいていたのだ。

その年の夏は、病院内から出ていない。

空調完備にも関わらず、常に、汗をかいていた。

時間があれば、身体を動かそうとしていた。

それが、回復へと繋がるはずだと、信じ切って。

夏が来るたび、思い出すわけで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月19日

そういえば不死が富士とも

仏教を学ぶと、どうしても、死の問題と直面する。

死を、どう捉えるかで、進むべき道が、決まるようなものだ。

でも、多くの人々にとって、死は厭うものだろう。

そこで、ふと思うのだ。

では、不死なら、良いのか?

普通に考えれば、死が嫌なことなら、不死は良いこととなる。

でも、不死が良いと公言する人にも、出会わない。

結局、どっちなの?と、問い直したくもある。

あれも嫌、これも嫌とか、まるで駄々っ子そのもの。

死という根源的な問題から、目を逸らしているだけ。

本当に、それで、良いというのだろうか?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月18日

正しいからこその方程式

水の入った田んぼを、観察してみる。

すると、たくさんのオタマジャクシを、見つけることが出来る。

もし、オタマジャクシを知らなければ、丸いうねうねした生き物?となるだろう。

そのオタマジャクシにも、個体差はあるし、種別差もある。

1匹ずつ精査したら、それぞれが違っているのだ。

それでも、それらは、オタマジャクシと断言できる。

田んぼの中を、丸い顔でうねうねしてたら、オタマジャクシと知るからだ。

この認知作用、実は、いろいろな場面で、使っている。

自分の中に、「こういう場合は、こうだろう」と、方程式が出来上がっているから。

問題は、その方程式に、難があること。

間違っていると、目も当てられぬ結果を、生み出すはめに。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月17日

どこまで疑うべきか

刑事ドラマなどには、「疑い」なるものが、必ず出てくる。

犯人ではないかと、その人を疑う。

犯人でないとしても、まずは、疑われる。

白黒付けるために、まずは、疑うわけだ。

これを、日常生活に当てはめると、どうなるか?

おそらく、破綻するだろう。

あらゆることを、疑いだしたら、キリがない。

ある程度の所で、踏ん切りをつける必要が。

今回のコロナ騒動でも、感染者は減らないが、旅行キャンペーンは実践する、と。

これも、実際、どういう力場が働いているのか、分からない。

かといって、疑ったとしても、答えなど、出そうにないわけだが。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月16日

試練の目的

人生において、様々な試練が、降りかかる。

その瞬間は、「なぜ、自分が?」などと、考えてしまう。

しかし、その試練は、大事なことに、気づかせるためのもの。

よって、気づくまで、何度も、降りかかる。

このことは、多くの先人が、語り伝えているところ。

ただ、非科学的なのも、事実だろう。

だから、信じる信じないで、二分する。

信じようと、信じまいと、試練は、乗り越えられる。

問題は、乗り越えた後の、降り先なのだ。

気づけた人は、その目的場所へ、きちんと降りる。

そして、二度と、試練は、巡ってこない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月15日

セミの一生どう見るか

セミの一生を、儚さに例えられることがある。

数年もの長い間を、地中で過ごす。

そして、地上に出て、一週間ほどで、死んでいく。

それの、どこに、儚さが?

間違いなく、地上に出て、一週間しか、生きられないことに対してだろう。

でも、考えたら、昆虫の中では、長生きの部類のはず。

地中の幼虫時代を、鑑みないから、そういう印象を持ってしまう。

派手に動き回るだけが、人生ではなかろう。

芽の出ない、苦難の時期だろうと、生きていることに、変わりはない。

セミの一生に儚さを感じるようでは、まだまだ未熟。

ガツンと言われて、目が覚める。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月14日

他人事から自分事へ

コロナで客足が遠のき、閉店へ。

ニュースでは知るも、どこか他人事だった。

でも、30年前からの馴染みの店も、閉店する、と。

その瞬間、身近な問題へと変わる。

現金なものだ。

結局、我が身に降りかからないと、直視できない。

私にとっては、福祉問題が、まさにそれ。

他人事から、自分事へ変わり、まさに右往左往。

それを、身を以て、知るはめに。

自分がそうだったように、他の人もそうなのだろう。

当事者でなければ、なかなか理解は進まない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月13日

押してもダメなら

今の時期、頻繁に、予定が狂う。

外出するつもりが、いきなりの大雨となったりするから。

それでも、必要な外出なら、濡れるの覚悟で、出発するだろう。

でも、幸いと言うか、そういうことはない。

つまり、予定自体、不要不急なことなのだ。

それなら、予定など、組まねば良さそうなもの。

しかし、一日中、家の中というのも、刺激がない。

内で飽きるから、外に刺激を。

ただし、コロナ騒動で、簡単には出来なくなった。

ならば、どうするか?

具体策など浮かばぬが、そこに活路がありそうな。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月12日

幅を広げてみる

ダライ・ラマが、ファーストアルバムを発表。

そんなニュースにつられ、「Inner World」を聴いてみる。

これも、定額聴き放題サービスに加入しているから、出来たこと。

わざわざ買ってまで、聴くことはない分野だからだ。

感想としては、「これが、世界一有名な僧侶の声か」と。

音楽に合わせ唱えるというより、お経に音楽が寄り添っている?

確かに、音楽アルバムとして、完成されている。

これが、グラミーでも取れば、おもしろそうだ。

世界的に、仏教を知る、一助にはなるだろう。

まあ、それ以前に、まず自分から、なのだが。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月11日

惰性を止めて

20年以上契約していた衛星放送を、解約した。

原因は、コロナ禍による、生放送の激減。

正直、1日の視聴時間、平均すれば1時間弱?

半分、惰性で続けていたようなものだった。

それが、見たいと思っていたスポーツ中継が、中止に。

その瞬間、「お金を出してまで利用する価値が無い」のスイッチが。

自分的には、良いタイミングだった、と。

これって、会社側からは、急な解約に見えるだろう。

でも、こちら側からは、いつ解約しても、おかしくなかったわけで。

世の中、急転直下な現象など、稀有なもの。

実は、危うい、綱渡り状態に、気づいていないだけだろう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月10日

悩みこそ不要

多くの人が、いろいろな悩みを持つ。

その結果、数え切れないほどの、悩みが生まれる。

その姿、まるで悩みの海だ。

人生とは、そんな悩みの海を、泳ぐことなのか?

ついつい、そう邪推してしまう。

というのも、悩みを解決するために、日々努力しているからだ。

でも、本末転倒だった。

そもそも、悩みを持つこと自体、誤りだということに、気付かされたから。

まず、真剣に、その悩みと向き合ってみる。

そして、問い直す。

なぜ、悩む必要があるのか?と。

新たな道が、見えて来る。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月 9日

集まれば強力に

雨は、ひと粒ずつ、降ってくる。

その大きさは、可愛いものだ。

それが、一度に降ってくると、様変わり。

可愛さなど、吹き飛ばして、猛威となる。

雨粒、1個1個は、確かに微力。

でも、それらが、合わさると、どうなるかを、まざまざと見せつけられた。

人間だって、個人で出来ることなど、知れたもの。

お互いが、助け合えば、想像以上の力を発揮する。

それを、誤った方向に発揮するから、迷惑なのだ。

何のために、生きているのか?

考えたことも、ないのだろう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月 8日

自分勝手の輪

自分勝手な人間は、どうしようもない。

その時の気分で、勝手な振る舞い。

ルールもあったものじゃない。

そのくせ、批判されると、勝手な理屈で、自己弁護。

そして、逆ギレ、批判を返してくる。

冷静に眺めたら、ツッコミどころ満載のタイプだろう。

なのに、本人には、見えていない。

自分が、勝手な人間だとは、露ほども思っていないのだ。

そして、そういうタイプ、意外に多い。

だから、十分、気をつける。

自分が、その輪の中に、入っていかないように。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月 7日

無個性も個性

製氷皿で、氷を作る。

最近は、いろいろな形の氷を作れる。

それはそれで、面白い。

その1個1個が、個性を発揮するかのごとく。

今の人間社会、この氷を作ろうとしているのかも。

一人の人間が、1個の氷みたいに。

でも、元々は、水なのだ。

氷になると、入らない容器でも、水なら問題なし。

ひょっとしたら、そのことを忘れているのでは?。

いつから、個性が大事になった?

無色透明の、何が悪いというのだろう?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月 6日

無責任社会か

コロナ感染者が右肩上がりに、増加中。

なのに、今回、自粛要請は無し。

ならば、なぜ、春に大騒動したのか?

その辺の検証をやらずに、方針転換とか、いい加減すぎるだろう。

自粛要請無しの前に、そもそも不要だったとか、説明しなければ。

冗談抜きで、無責任社会だ。

大人がこういう姿なのに、子供には「責任持って」などと言えるのか?

本当に、腹立たしい人間が、目立ちすぎ。

何故、こういう愚者が、前面に出てくるのだろう?

まあ、考えるだけ、時間の無駄。

やることは、他にも、たくさんあるから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月 5日

広がる感染に

南九州も、鹿児島市で、コロナのクラスター発生。

すると、マスコミ報道は、相も変わらず、感染者数のみ。

問題になるのは、入院患者数であり、重篤者数なのに。

そういえば、マスコミは自分らを、権力の監視者と言ったりする。

なら、そのマスコミは、誰が監視するのか?

それが無いから、自分たちに都合の良いことしか、報道しない。

コロナに感染しても、症状が出なければ、何の問題もない。

感染すれば、すぐ死亡するかのような報道姿勢こそ、問題ありだろう。

とにかく、感染者数のみ問題視しているうちは、何も進まない。

なのに、前へ進もうとするから、あちこちに歪みが出るわけで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月 4日

どうしようもないからこそ

車イスを乗り降りする際、どうしても、麻痺の少ない左腕が基点に。

その結果、左手首や肘に、無理が来る。

そして、気がつけば、常に痛みを伴う状態に。

それを、無意識に、かばってしまっていたのだろう。

先週あたりから、右手首にも、痛みが発生。

こうなると、どう工夫しても、乗り降りの際、痛みを生じる。

でも、その痛みを我慢しないと、次へ動けない。

治療法などないから、痛みは、増すばかり‥‥

腕に関しては、完璧な悪循環に陥っている。

おまけに、手の施しようがないという、最悪のパターンに。

こういう時こそ、発想を転換せねば、と。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月 3日

氷山の一角以外に

潜在意識は、よく、氷山に例えられる。

氷山の目に見えぬ、まさに、その部分として。

氷山は、目に見える部分のみで、成り立ってるわけじゃない。

見えない固まりが合ってこその、氷山だ。

よって、潜在意識があるから、目に見える、顕在意識が存在する、ともいえる。

その潜在意識のせいで、無自覚に感情が動いてしまう。

もう、絵に描いたような、条件反射で。

これを、意識的に、改善することは不可能だと知る。

残すは、搦手的なやり方のみ。

よって、時間がかかる。

それでも、何もしないよりはマシだろう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月 2日

受け取る側で言葉の意味変わる

エイリアンと聞けば、多くの人が、あのキャラを浮かべるだろう。

しかし、元々、エイリアンとは、外国人を意味した。

よって、いろいろな案内には「Alien」(外国の方はこちらへ)

ただ、クレームが、入ったらしい。

我々は、異星人ではない、と。

大ヒット映画のおかげで、言葉の意味が、変わってしまった良い例かも。

似たような事例は、古い映画を見ても、分かる。

いわゆる、差別語に当たる、というもの。

個人的には、やり過ぎの感もあるが、仕方ないのだろう。

なにせ、手軽に、正義の味方を、気取れるからだ。

バリアフリーの、バの字さえ、理解していなくとも。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年7月 1日

20年ぶりの新調

最初に購入した車イスが、20年経過した。

さすがに、ボロボロとなったため、更新することに。

最初の購入時には、10万円以上の自己負担金が発生。

今回も、それを、覚悟していた。

しかし、パンフレットには、既製品なのに、オーダー品と変わらぬ仕様が。

迷うこと無く、お願いすることに。

福祉事務所への手続きで、若干トラブったものの、何とか交付決定へ。

それにしても、20年の年月は、製品を進化させていた。

重量は10kg切るは、タイヤはノーパンクだは、まさに言うことなし。

それが、自己負担金なしで、入手可能なのだ。

ある意味、良い時代になったもの。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »