« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月31日

すでに夏か

いよいよ、朝から暑い季節へ。

少し前までは、雲ひとつ無い青空に、爽快さを感じていた。

それが今では、今日も暑くなりそうだの、ため息ひとつ。

そういえば、ため息つけば、幸福が逃げるという話があった。

そこに、科学的根拠は無い。

かえって、本人の健康には、良いくらいらしい。

しかし、聞かされた方は、不快に思うだろう。

いくら、本人には良くても、それでは、迷惑千万。

それを、戒めるための、迷信だったのだろうか?

まあ、昔から言われてきたことには、何らかの意味があるはず。

たまには、その奥の、真意を見定めるのも、おもしろいかも。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月30日

ただラッキーだっただけかも

小学校の給食時間になると、曲が流れた。

石鹸で、手を洗おう♪

子供の頃から、手を洗う習慣が、身に付いている。

だから、うがい手洗いしろと言われても、抵抗感がない。

逆に、食事前とかに、手を洗わず「いただきます」の方が、嫌なほど。

しかし、これは、水が豊富だから、出来ること。

数年前の水不足の頃だったら、どうなった?

手洗いの前に、飲み水の確保だろう。

だとすれば、コロナ感染、もっと拡大したはず。

トイレットペーパーで大騒動したのに、これが、水もだったとしたら?

考えるべきことは、まだまだ、ありそうだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月29日

紙一重の愚かさに

自ら手放しておいて、後日「盗まれた」と主張すれば?

一般的には、嘘つきで、終わり。

しかし、何度も何度も、「盗まれた」と主張すれば?

中には、そうなんだと、納得する輩が出てくる。

なぜか?

片方の言い分しか、聞いていないからだ。

それが、いかに危ういか、気づいていない。

だから、他人の言葉を、鵜呑みにしてしまう。

それを、素直と言う人もいるだろう。

でも、素直ではなく、単に、愚かなだけ。

だから、自分がどうかを、鑑みる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月28日

誰もが心の奥に

車イスのままでは、階段を上ることは、一般的に不可能。

厳密に言えば、上がれる可能性はあるが、まずやらない。

あまりにも、危険すぎるからだ。

よって、どうしても、上る必要があるのなら、車イスを降り、這って上ることに。

ただ、その姿を見て、無視する人は、少ないだろう。

ほとんどの人が、手助けしてくれるはず。

そこにあるのは、困っている人がいるから、手助けするだけ、という真の優しさ。

なのに、その優しさは、なかなか、顔を出してくれない。

本来持つものなのだから、日頃から、あちこちで、出せばよいのに。

ちょっとしたきっかけで、すぐ、出て来るだろうに。

そうすれば、訳の分からぬ誹謗中傷など、消え去るはずなのに。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月27日

車イス成人

私にとって、5月下旬といえば、二次感染。

あれから、丸二十年経ったことに。

健康体だった38年、障害者として20年。

当然、中身は、別物となった。

しかし、充実具合としては、大差ないのだ。

どちらも、それなりに、過ごせてきたし、過ごしている。

いろいろ紆余曲折もあるが、それさえ、人生の味わい。

災いなんて、どう転じてやろうかなどと、考えたりもする。

そんな前向きさも、障害負ったから。

一般的ではない経験を、させてもらっている。

悪いことばかりではない、それだけは、確かなことだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月26日

都合の良い綺麗ごと

今の時期、多くの草花が、芽吹き出す。

その姿、まさに、多種多様。

ものは言わねど、確かに、生きている。

しかし、それらに、思いを馳せることはない。

せいぜい、「そんな季節になったか」程度。

これが、天然記念物とか絶滅危惧種なら、話が変わる。

多くの人々が、賞賛するだろう。

でも、何が、違うのか?

命が、等しく平等なら、こういうことは、あり得ないはず。

結局、現実は、そういうことなのだ。

嫌でも、無視することは、出来ないわけで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月25日

きれい好きの勝利

今回のコロナ騒動、日本は、少死者数で、乗り越えようとしている。

それに対し、検査していないだけとか、死亡原因をすり替えてるとか言う輩が。

こうなると、妄想癖があるのでは?に。

生命保険会社のデータで、1〜4月の死亡者数が、前年比マイナスだと。

そういう国、おそらく、世界中で、日本だけだろう。

ほとんどの国では、コロナで死亡した人々が、万単位なのだから。

なぜ、日本だけ、コロナ死亡数が、少なかったのか?

住んでるのが、日本人だから。

つまりは、我々の文化が、コロナウイルスに、打ち勝ったということ。

そのことに、誇りを持つべきだし、持たせるべき。

自国を蔑むことを是とする姿勢、はっきり言って、うんざりなのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月24日

たまたま幸運だっただけ

PCのキーボードを、交換した。

今まで使っていた物を、別の部屋で、使うことになったから。

通常なら、新調となるのだろうが、そうではない。

10年前まで使用していた、2003年製の古い品にだ。

それが、何の問題もなく、使えている。

それにしても、なぜ、保管していたのか?

10年間使っていないのだから、廃棄していても、おかしくない。

頭のどこかに、「いつか使うかも」が、あったのだろう。

そして、実際、その「いつか」が、やって来た。

だからといって、すべての品々で、こんなことやっていたら、片付かない。

今回は、たまたま幸運だったくらいで、調度良い。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月23日

嫌い嫌いが好きならば

多くの人々に、愛される人がいる。

それでも、全員に愛されるわけじゃない。

中には、嫌いという人も、存在している。

だから、他人の好き嫌いなんて、どうでも良いこと。

ましてや、己の好き嫌いなど、問題外だ。

好き嫌いなんて、感情の表れでしかない。

よって、状況次第では、好きが嫌いに変わってしまうことも。

そんないい加減な現象に、振り回されるとか、愚かしい。

愚かしいのだから、気に留めないことにする。

たったそれだけのことなのに、なかなか難しい。

何とか、一皮、剥きたいものだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月22日

未経験故の回り道

学生時代に、行列の出来るラーメン店へ、行ったことがある。

そのラーメンが、どういう味だったか、覚えていない。

なのに、最初に出てきた、ダイコンの漬物の味は、鮮明に覚えている。

タクアン漬でもない、ベッタラ漬でもない。

あっさりしているようで、噛みしめると、奥深い味がする。

初めて味わう、一言で表現すれば、美味しい漬物だった。

どうしても味わいたければ、そのラーメン店へ、出向く必要があるのだろうな。

そんなことを、ぼんやり思いつつ、数十年。

ある日突然、その味が、食卓に上った。

興味本位で始めた、ぬか漬けの中に、あったのだ。

結局、ダイコンのぬか漬けを、食べたことが無かったことによる、回り道。

何事も、経験することの大切さを、教えられたのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月21日

考えるということだけで

どうやれば、出来るだろうか?

生きるということを、突き詰めて考えると、そこに行き着く。

溺れて、息が出来ない。

どうやれば、息が、出来るだろうか?

コロナショックで、リストラされた。

どうやれば、再就職出来るだろうか?

どうやればと考えていることは、少なくとも、前を向いているということ。

考えている事象が、重く苦しいことだとしてもだ。

だから、胸を張るべき。

世の中には、考えねばならないのに、考えない人間もいる。

考える人は、その分、きちんと生きているのだから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月20日

流行り物に触れてみる

今さらと言われるだろうが、定額サービスなるものを、利用してみた。

本なら1冊、CDなら1枚の値段で、読み放題、聴き放題となるものだ。

本とかCD、学生時代から、購入するものであった。

しかし、使えるお金には、限度がある。

だから、我慢せざるを得ない作品も、数多あったわけで。

それらが、僅かな金額で、大丈夫となった。

おかげで、読書、音楽に費やす時間が、ついつい増える。

それらが増えた分、どこかにしわ寄せが行く。

当然、調整作業が、生じてくる。

のんびり過ごすために、スケジュール管理が、必須となっているわけで。

矛盾しているような、それでも充実した時間の中を、過ごしている。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月19日

期待外れがここにも

コロナ対策で、次から次に、給付金が出て来た。

最初の出ししぶりが、嘘のようだ。

当然、困っている人々からは、歓迎されるだろう。

でも、その金は、どこから?

それを考える人、どれくらいいるのだろうか?

本来なら、リーマンショック並の経済悪化だから、消費税は、減額されねばならない。

その約束を破っているわけだから、間接的な増税となっている。

10万、20万もらって、喜んでいては、ダメだろう。

憲法改正はしない、拉致被害者も取り返さない。

まるで、やるやる詐欺なのが、現政権。

そのことは、しっかりと、肝に銘じておく。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月18日

変化は受け入れ

飲食店に行くと、日本茶は、大抵サービスで出て来る。

だから、ペットボトルの日本茶が出た時、こう思った。

金出してまで、飲む?と。

それが今では、一大市場に。

近所にも、飲料メーカー契約茶畑の看板が、点在している。

世の中、変われば変わるものなのだ。

よって、昔は良かったとか、御託でしかない。

常に、今が、一番良い。

その気持ちで生きていないと、辛いだけ。

頭の中に渦巻いている、余計なものを、洗い流す。

99%は、ゴミのつもりで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月17日

過去は変えられる

週間天気予報に、雨マークが、増えてきた。

そろそろ梅雨入りか?

そうなると、外出がままならぬ。

これまでも、緊急事態宣言で、自宅待機。

通常なら、ストレス溜まるだろう。

幸い、私には、当てはまらない。

基本が、自宅篭りだからだ。

それも、車イスの身体になったから。

一般的に、中途障害というものは、不幸の象徴だろう。

しかし、今の状況は、それが、幸福をもたらす。

未来の出来事が、過去の不幸を、幸福に変えている。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月16日

知らぬうちに流されて

先日は、雲ひとつない青空だった。

久しぶりに、見たような感覚に。

このところ、下向き、後ろ向きな話題ばかりだった。

だから、ついつい、視点も、そのように。

流されないようにしていたつもりでも、しっかり流されていたわけだ。

ただ、ふとしたことで、気づけるだけマシかも。

怖いのが、気づかぬまま、ズルズルだから。

ズルズル落ちてる間は、一種の浮遊感さえある。

ハッと気づくのが、底に、足が着いた時だろう。

でも、それは、地に足着けての、意味違い。

這い上がるまで、気の遠くなるような努力が必要となる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月15日

七転び八起き

自分なりに、努力した。

しかし、結果は、惨憺たるものに。

そういう経験、誰もが、しているだろう。

だから、特別、珍しいことではない。

珍しいのは、それでも、落ち込まないということ。

落ち込まずに、立ち上がれるということ。

その強靭なしなやかさがあれば、前を向ける。

自分の意志で、顔を上げられる。

たとえ涙がこぼれようと、目を開けていられるのだ。

八起きのためには、七転びが必須。

あたり前のことなのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月14日

半年後を見据え

季節は、夏へ向け、まっしぐら。

そんな中、冬の楽しみが出来た。

それは、インフルエンザへの対策。

どれくらいの人が、コロナ並の対策を、施すだろうか?

また、どれほど、メディアで、取り上げられるだろうか?

そして、政権は、どのような施策を打っているだろうか?

さあ、どういう結果を、示してくれるのだろう。

それを見るためには、夏バテ対策が、必要に。

インフルエンザの前に、熱中症とか、洒落にならぬ。

そう考えたら、一年中、油断できないわけで。

そういう中、ゆるりと生きていくわけである。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月13日

見えてきたことを落とし込む

連休明けから、何となく、コロナ騒動が終わったかのような雰囲気に。

実際、ウイルスがどうなっているのか、誰にもわからない。

なのに、行動様式が、180度転換。

一体、今までの自粛やマスクは、何だったの?と問いかけたくなる。

結果的に見れば、日本の死者数は、圧倒的に少ない。

であれば、欧米諸国の対策よりも、数段上だった、ということだろう。

その対策を批判するとか、どこかの国の工作員?

しかし、手際の悪さも、際立ったことは確か。

この点は、早急に、改善すべきだろう。

政策だけでなく、個人レベルに落とし込んでも、同様だ。

一体、自分は、どうすべきかを、見つめ直す。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月12日

剥がし液があれば良いが

古いシールを剥がそうとしたら、失敗した。

その結果、剥がす前より、汚くなった。

人も同じで、一度貼られたレッテルは、剥がせない。

「信用できない」「当てにならない」などだ。

これを剥がすには、そうでないことを、示さねばならぬ。

それも、大きく、もっと大きく。

そして、その結果を、示し続けねばならない。

そうでなければ、こう言われてしまう。

「やっぱりね」

自分は努力していると、反論したくもなるだろう。

でも、そもそものレッテル、貼らせたのは、自分だった。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月11日

知らぬと損することも

コロナの特別給付金で、各自治体の窓口が、混乱の極みとか。

あれほど、自粛やら三蜜やらを、謳っていたのに。

金の力は、ここまで強大だったのか、と。

私の場合、マイナンバーカードは持つものの、スマホやカードリーダー不保持。

よって、ゆっくり郵送されるのを、待つつもり。

しかし、最近のスマホには、カードリーダー機能が、付いているのか、と。

数年後には、私のガラケー自体が、使えなくなる。

どうせスマホに、買い換えるわけだ。

確定申告のオンライン申請に、カードリーダー買おうと思っていたが、不要そうだ。

技術の進歩、目をつぶっていては、知らぬまま。

使う使わぬは別として、とりあえず、知っているべきか、と。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (2)

2020年5月10日

天才にもいろいろ

世の中には、天才と呼ばれる人がいる。

凡人の目からは、ただ「すごい」とだけ。

しかし、何もせずに、天才なんてあり得ない。

見えない努力が、必ず、あるはずだ。

それを、見せずに、結果のみを示すところが、天才の天才たる由縁かも。

ただし、中には、「てんさい」違いも、存在する。

まさに、天災というタイプだ。

こういう輩も、結果を示す。

周りへの、多大な迷惑という形で。

おなじ音でも、意味は、まるで逆。

音だけ聞いて、自分は「てんさい」と、悦に入るのが、天災タイプ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月 9日

経験は活かすの心意気

いろいろな分野で、声が上がりだした。

「コロナ前には、戻らないだろう」と。

商売だったら、コロナが収束しても、客は戻らない、という認識のようだ。

だから、それを前提とした、戦略の練り直しが、必要だろう、と。

これは、商売に限ったことでもない。

多くの人が、生き方そのものを、考えたはず。

それを元に、どう進化させていくかだ。

自分が、面白おかしく、生きられたら良い。

そんなわがままは、もう通用しない。

自分も大切だが、同時に、相手のことも考える。

それをしないと、未来が狭まる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月 8日

嘘もつき続ければ

私が入院していた頃の体温は、37.5℃だった。

最初は、検温の度に「熱があるね」

それが、数日経つと「熱がある?」に。

仕舞いには、「気分が悪くなければ、平熱ということで」

一見異常な状態でも、それが続くと、平常となる。

これはこれで、危ういのだ。

なぜなら、異常な状態には、必ず、原因がある。

それを見ぬふりして、平常としてしまっているからだ。

異常な状態というものは、決して、居心地良いものじゃない。

それを、無理して、居心地良いと思い込む。

いつか、その歪が、表に出るだろう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月 7日

真の自覚

自分が、あと何年、元気で過ごせるか?

余命を、具体的な数字で持つから、逆算し続けられる。

とてもじゃないが、10年ローンなど、組むわけにはいかぬ。

それは、あまりに、無責任なことだから。

今回のウイルス騒動で、死を意識した人、増えただろう。

これまでは、単に、忌み嫌っていたものを、自分にも起こり得る、と。

いつ死ぬかわからないから、考えなくても良い、ではないのだ。

死を自覚するからこそ、見えてくるものがある。

自分の生き方に、無駄なものを、削ぎ落とせる。

大抵のことが、どうでも良いことへと、分類できる。

そして、本当に、大切なものを、胸に抱けるのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月 6日

それぞれへの課題

今ほど、身に沁みる時代は、無いのでは?

それは、必要なものと、不要なものの境界線。

誰でも、自由に、好きなことが出来た時代は、その境界は、あやふやだ。

逆に、そのあやふやさが、魅力だったりもした。

でも、今の御時世、不要不急なものは、切り捨てられる。

落ち着きを取り戻せば、それらは、再び、返り咲くかも知れない。

しかし、そのまま、朽ち果てるということも、考えるべきだろう。

それが、今、現実に、起こっている。

コロナのせいでと、嘆いてばかりじゃ、変わらない。

変わるのは、自分たちでなければ、ならないわけで。

ウイルスの刃が、一人ひとりの喉元に、突きつけられている。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月 5日

自分の立ち位置を確認

緊急事態宣言の、延期が決定。

まったく先が見えない状況が、まだまだ続きそうだ。

このままでは、日本のGDPは、マイナス二桁という予測もある。

そうなると、失業から自殺というパターンが、増えてしまう。

いよいよ、どちらを取るか?となりつつある。

とにかく、様子を見る、というのが、最もリスクが高いだろう。

確かに、様子を見ていれば、責任からは、逃れられる。

なにせ相手は、見えないウイルスだから。

でも、そんな無責任なことをやられては、たまらない。

科学的データに基づく施策が、必須に。

何となくの感情で、動くべきではない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月 4日

受動から能動へ

関西の病院で、1000人の患者に、抗体検査したら、3%が陽性だったらしい。

当然、コロナの症状は、無かったとのこと。

となれば、多くの人が、感染しても、気づかぬまま、ウイルスをバラまいていることに。

ここから見えてくるのは、伝染らぬ努力よりも、伝染さぬ努力。

大多数は、感染しても、大丈夫なのだ。

しかし、重篤化してしまえば、死に至る可能性が、大きくなる。

伝染る可能性の高い人々を守るためには、家の中で、じっとしていることが必要。

でなければ、加害者となりうるからだ。

でも、座したままでは、死に至る人が、数多いることも事実。

環境が変わった以上、働き方、仕事の中身も、変わる必要が出てきた。

ただ流されるだけの生き方が、根本的に、ひっくり返る。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月 3日

赤い傘

学生時代に、傘を買った。

それまで使っていた物が、壊れたからだ。

買った傘は、赤く可愛い女性物。

周りの友人に、その都度、聞かれた。

「なぜ、そんなのを買った?」と。

答えは、いつも決まって、「普通からの脱却」

単なる気まぐれだったが、意外に好評を。

数名ながら、似たようなことをする者さえ、出現していた。

たかだか傘1本で、普通から脱却できたのだ。

日常生活に飽き飽きしているのなら、探せば良い。

自分にとっての、きっかけとなるものを。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月 2日

視点を変えてみる

恋愛映画には、必ず、告白シーンが出てくる。

観客側からは、結果がどうなるか?のみに注目。

そこで、ちょっと視点を変えてみる。

告白した人間の心の内に。

そこにあるのは、「自分の思いに応えてくれ」だろう。

相手がどう思うかなんて、どこにもない。

まあ、筋書き的には、そこに醍醐味があるのだろうけど。

とにかく、相手に「こうあって欲しい」は、単なるエゴだ。

それで苦しむなんて、自業自得とも言える。

ある意味、人間関係の縮図が、垣間見える。

ならば、どうあるべきかも、分かってくる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年5月 1日

その基準の精度はいかほどか

最近は、千円も出せば、正確な腕時計を入手できる。

その精度、月差10秒以内とかだ。

だから、一度、時刻を合わせたら、いつ見ても、正しい時刻となっている。

その感覚で、古い機械式の腕時計をしたことがある。

いつもの感覚で、そろそろ時間だろうと、時計を見る。

すると、予定時間を、5分も過ぎていた。

まずいと思い、あわてて、約束の場所へ。

あわてて到着した私に、相手が一言。

「まだ、時間前ですよ」

単に、この古い腕時計が、2時間の間に、10分ほど進んでいただけだった。

考えたら、いろいろな判断に、基準を持つ。

しかし、その基準となるもの、精度やいかに。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (2)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »