« 目先ばかりに囚われず | トップページ | 妖怪ワカラナイモノダラケ »

2020年4月26日

あぶり出されたものは何か

今年のゴールデンウィークは、静かなことだろう。

つまり、観光レジャーは、不要不急のことではない、ということ。

早い話、無くても困らないもの。

そういうものに頼り切った生活が、いかに、危ういものか?

今回のウイルス騒動が、あぶり出してくれた。

この「あぶり出し」を、初めてやったのは、小学生の頃。

果物の汁か何かで、紙に、絵や文字を書く。

それを、ろうそくの火であぶると、あ〜ら不思議というものだった。

その紙、あぶる前には、何も書かれていない。

でも、書かれていないように見えるだけで、実際には、書いてあるのだ。

自分の周りの、そういうもの。

一体、どれくらい、隠れているのだろう?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 目先ばかりに囚われず | トップページ | 妖怪ワカラナイモノダラケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目先ばかりに囚われず | トップページ | 妖怪ワカラナイモノダラケ »