« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月29日

実感することの大切さ

春の日差しは、柔らかい。

よって、全身で浴びても、心地良いのだ。

その中に、生きていることを、実感する。

別に、春の日差しを浴びずとも、生きていることに、変わりはない。

ただ、実感があることが、大事なわけで。

何事でもそうだが、当たり前のことだと、実感しない。

空気があるから、呼吸が出来るのに、その存在を、気にすることがないように。

何とも、罰当たりな存在なのが、自分自身。

いろいろなことに感謝せず、当たり前だと享受する。

返す返すも、罪作りな自分自身。

そんな自分と、今日も向き合う。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月28日

成仏のありがたさ

「成仏」という言葉がある。

一般的には、他界の意味で、使われる。

しかし、漢文読みしてみれば「仏に成る」ということ。

別に、死ぬことではないわけで。

そもそも、生きながら仏となったのが、釈尊。

その釈尊の教えが、仏教となっている。

その教え、あまりに広大すぎて、逆に、面食らう。

よって、何をどうすれば?状態にも。

そこに付け入る、カルト集団さえいるわけで。

そんな中、本当の仏教を求めてみる。

一個人でも、やる気次第で、勉強できる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月27日

勉強嫌いは勘違い

どうして、勉強が楽しくなかったのだろう?

特に子供の頃など、多くの人が「勉強しろ」と言われたはず。

結局、無理やりやらされてたから、楽しくなかった。

これに尽きるのかも。

では、自発的な勉強なら、楽しいのか?

こればかりは、やってみなければ分からない。

特に、「勉強=苦痛」となっている人ならば、特にだ。

しかし、よくよく考えてみれば、趣味の世界のことなら、勉強しまくりでは?

他の人が知らないことを、スラスラと。

まさに、勉強の賜物。

結局、好きこそものの上手なれ、ということか。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月26日

逆風を涼風に

生きてれば、逆風に晒されることもある。

その中を、前に進もうとするから、逆風。

回れ右すれば、順風となるわけで。

しかし、闇雲に進もうとしていれば、こんなことさえ思いつかない。

別に、回れ右する必要はない。

風が止むまで、立ち止まれば良いのだ。

すると逆風が、単なる風に、早変わり。

でも、心にゆとりが無いから、立ち止まる勇気を持てない。

その場に、ちょっと立ち止まっても、ゴールまでの時間に大差はない。

というのも、逆風の中では、大して進んでいないから。

ただ、その身を任せてみるも良し。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月25日

雨の二面性

月曜日の朝、雨だったら憂鬱になる人、多いのでは?

濡れるし、傘という荷物は増えるし、動きにくくなるし、と。

これだけ見れば、迷惑な存在?

でも、同じ雨でも、雨音となると、話は変わる。

憂鬱どころか、癒しの象徴にさえなる。

同じ存在が、ここまで両極端に、扱われるのだ。

周りを見渡しても、なかなか存在しない。

あまりに身近すぎて、見落としていた。

まさに、生きた教材だったわけで。

雨を参考に、我が身に起こる出来事を、観察し直す。

憂鬱の裏に、癒しがあるかも。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月24日

幽霊より恐ろしい化物

怪談話といえば、幽霊だろう。

果たして、幽霊は、いるのだろうか?

実際、「見た」という人もいる。

そんなの「目の錯覚」と断じる人もいる。

結局、いるかいないかは、その人の立場ということに。

じゃあ、どうでもいいことだなと、容易に考えてしまう。

実際、幽霊がいようといまいと、実生活には影響ないからだ。

これが、幽霊ではなく、化物になると厄介だ。

それも「自分の正義」なる化け物となれば。

誰の目にも見えないのに、化け物だということは、はっきり分かる。

それを生み出した人間のみに、自覚がないだけ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月23日

ちょっと違うというだけで

窓の外には、雲ひとつ無い青空が、広がっていた。

それをチラ見しつつ、キーボードを。

一段落し、ふと、窓を見ると、白く煙っている。

これが都会なら「火事か!?」となるかも。

しかし、煙っているのではなく、靄っていただけ。

早い話、いきなりの霧ということ。

霧自体、珍しいものではない。

でも、霧が発生というか、流れて来る場面には、滅多に遭遇しない。

大抵は、カーテン開けたら、霧で真っ白が、一般的なのだ。

だから、珍しくもない霧が、新鮮に映る。

ただ、動きがあったというだけで。

落ち着きのない心が、ここにもあった。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月22日

絶賛格闘中

好意の元、懸命にやったことを、無にされた。

その瞬間、何とも言えぬ、絶望感に。

しかし、タダでは起きない。

その絶望感は、どこから来てるのか?

じっくり観察すれば、自分の心の奥底から。

いくら相手の性格が悪かろうと、そこから移植されたわけじゃない。

間違いなく、自分の心から、湧いて出たものだ。

であるなら、正すのは、こちら側となる。

これぞ、正真正銘の自分との闘い。

それも、強大無比な、心を相手の。

なかなかに、やりがいを感じるものとなる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月21日

今一度見つめ直して

人生において、一度や二度は、土俵際まで、追い込まれることがあるだろう。

その状態、気力体力ともに、万全とは、程遠いはず。

単に押されてるだけでなく、多数の矢を受けているかも知れない。

そんなボロボロでも、切り抜けねばならないのだ。

切り抜けねば、自分の人生という舞台から、降りることに。

そうなると、もはや、生きているとは言えない。

心臓は動いているかも知れないが、ただそれだけのこと。

一体、自分は、何のために生きているのか?

今一度、問い直すべき。

そこに答えを見いだせれば、押し返せる。

土俵際から、中央へ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月20日

ただ珍しいだけで

数年ぶりに、雪を見た。

積もるまではないが、窓の外を、流れていた。

滅多に無いことなので、つい、浮足立つ。

地域によっては、雪で大変な思いをするというのに。

そんな浮かれた心を、叱咤する。

それでも、浮き立つから、改めて、押さえ込む。

そして、ハッとし、ふと思う。

一体、何をやっているんだ?と。

ただの自然現象に、ここまで振り回されるとか‥‥

まるで話しにならない、自分の心。

小さな雪景色に、教えられる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月19日

自ら苦労を背負って

ラジオを聴いてたら、いつの間にか、昭和生まれは、年寄り扱いに。

確かに、年号で見れば、二世代前。

昭和の真ん中辺で生まれた私も、還暦近い。

言われてみれば、あながち、嘘でもないのか。

人というのは、おかしなもので、なかなか、自分が見えていない。

客観的には年寄りなのに、いつまでも、若いと勘違い。

勘違いと言うより、悲しい思い込みかも。

とにかく、他人に言われずとも、歳は取っていく。

日に日に、老いているわけで。

それを、悲しむことなんて、どこにあるのだろう?

当たり前と受け入れないから、要らぬ苦労を、背負い込むわけで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月18日

呼ばれた友から類推す

類は友を呼ぶという。

よって、その人の真の姿を知りたければ、周りの人間を観察しろ、と。

よほどの人格者でなければ、付き合いやすい人とのみ、友人関係を。

自分の心には、嘘付けないからだ。

だから、変な友人に囲まれているのなら、その人も、変なのだろう。

ただし、科学的な根拠があるわけではない。

あくまでも、自分の経験則からの、推測でしかないわけで。

しかし、一つの指針として、自分の中に持っていれば、参考にはなる。

一見、良さげな人が、実は性悪。

分かった後に、友人関係眺めたら、つい納得。

そうならないための、防衛策かと。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月17日

笑うことで免疫を

私が、ポリオウィルスに感染した20年前、厳重な体勢が取られた。

まず、私の着衣は、次亜塩素酸ナトリウムで消毒後に、洗濯。

病室に入る医療関係者は、必ず、防護服。

当然、窓が開くこともなく、ただ寝ていることしか出来ぬ日々。

それを知っているから、今回のコロナウィルスへの対応の拙さが、目に付く。

私自身、命の危険に晒されはしたものの、九死に一生を得た。

でも、今回は、感染者の死亡が、相次いでいるのだ。

過剰反応は、不要だろうが、あまりに無防備では?

つい、そう感じてしまう。

最終的には、自己免疫力が、鍵となろう。

ならば、まずは、笑うことを念頭に。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月16日

真面目に自己防衛

コロナウィルスの、変異説が流れ出した。

早い話、強毒性になったということ。

こうなると、マスクやうがいなどで、防げるはずもないのでは?

そう感じるのだが、これといった情報もない。

結局、時の流れに任せるだけか?

この無策、被害を増大させねばよいのだが。

そもそも、私の二次感染も、行政の不作為が、引き起こしたもの。

役人など、無能の無責任集団。

そう断じて、自己防衛に努めるべきかも。

ただし、そうなると、何のための政府?

ついつい、グチが出てきてしまう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月15日

見解には違いがある

南からの暖かい湿った空気のせいか、暖かな朝だった。

そんな日に、「南極の気温18度を観測」というニュース。

季節が正反対とは言え、我が家の方が、南極より寒かったわけで。

このニュースだけを切り取り、「地球温暖化」を叫ぶことは、可能だろう。

しかし、先週の旭川、マイナス36度を観測している。

となれば、一概に言えないことなど、分かりそうなもの。

中には、「単に寒暖軸が、ずれてるだけ」という説もある。

自分に都合の良い情報のみで、世間を惑わす輩がいる。

それに踊らされるなど、愚かなこと。

やはり、自分の目で、しっかり確認しなければ。

他人の意見を、鵜呑みにはしない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月14日

ギブアンドテイク

障害を負ってからは、より多くの人に、助けられて来た。

そんな私でも、誰かの助けになることは、出来る。

大きな助けは無理としても、出来る範囲が、しっかり存在。

差し伸べられる手があるなら、ためらうこと無く、差し伸べる。

ただ、出来ることを、やるだけだから。

助け、助けられ。

こういう基本は、大事だと思う。

基本を蔑ろにするから、おかしくなるのだ。

真理は、意外とシンプルなもの。

難しく、考える必要もない。

ただ、それを、実践するだけのこと。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月13日

対称的ないろいろ

田んぼの畦に、白鷺が1羽。

今では、普通の光景となった。

でも、初めて、その白い鳥を見た時は、感動したもの。

そのような大きな鳥といえば、カラスくらいしか、目にしていなかったから。

色にしても、黒と白だから、対称的。

それが、余計に、印象付けたのだろう。

同じようなのが、人間関係にもある。

信頼していた人に、裏切られた時など。

信頼と裏切り、これも、対称的。

しかし、こちらは、心に傷を負う。

単なる鳥の違いとは、レベルが異なる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月12日

素直が一番

人の持つ美徳、いろいろなものがある。

誠実なこと、勤勉なこと、優しいこと、など。

それらの中でも、素直なことは、最たるものだと感じる。

素直であれば、必然的に、聞く耳を持つ。

聞く姿勢が備わっているから、いろいろ忠告してもらえよう。

それらが、すべて有益ではないかも知れぬ。

それなら、自分で、取捨選択すれば良いだけ。

これが素直でなければ、忠告など、誰もしてくれぬ。

忠告しても、聞く耳を持ち合わせていないから。

人は、独りでは、生きて行けぬ。

素直な心は、人生を上手く運ぶための、大いなる手段。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月11日

善人と悪人

いつも笑顔で、面倒見が良い。

普通、そういう人は、善人と呼ばれる。

しかし、その裏で、弱い者いじめやってたら?

そして、そのいじめが、表に出て来なかったら?

おそらく、その人の評価は、善人のまま。

下手したら、偉人伝に、名を連ねたりするかも。

だから、人の評価は、難しい。

特に、善人の仮面を被った、極悪人などは。

このようなタイプ、ある意味、新型ウィルスより恐ろしい。

感染したら、精神面へ、多大なダメージ与えられるから。

そして、どこにいるか分からないから、困ったものだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月10日

一つくらいは知っておくのも

これまで、何回くらい、自分の限界に挑戦したか?

勉強、スポーツ、仕事など、何でも良い。

胸を張って、宣言できるレベルで、だ。

すると、二種類のタイプが現れる。

「一つでもある」という人と、「全く無い」という人に。

その原因は、単純なもの。

早い段階であきらめるか、そうでないか。

ただそれだけのことのようだ。

人それぞれの生き方なので、どちらがどうだとも言えぬ。

しかし、ちょっとやって、すぐ、あきらめる。

個人的には、もったいないかな、と感じる次第で。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月 9日

心の中は矛盾だらけ

何事にも動じない、強い心を持つ。

そんな目標を、立てたこともある。

すでに過去形なのは、投げたから。

どうやっても、自分には無理と、あきらめたわけだ。

ただし、気づいたこともある。

それは、心なんて、ちょっとしたことで、揺れ動くのだな、と。

だから、何事にも動じるのが心だと、認識してみる。

そこから、その揺れを、抑える術を、考える。

いきなり止めるのではなく、小さくすることから。

すると、楽に構えられる。

結果、少しだけ進んだような感覚を。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月 8日

向き合うことの大切さ

自分に向き合うことが、大切だ。

そんなセリフを、あちこちで。

じゃあ、やってみるかと、即、実践。

しかし、この程度で、向き合えるわけがない。

真剣に向き合うためには、それなりの課題が必要。

逆に言えば、そのような問題に直面した時、自ずと向き合うことに。

その段階で、「そうだったのか」と、その大切さに気づくのだ。

表面的に良いことを言うのは、簡単。

簡単そうでも、実践するとなれば、困難となる。

頭の中では、すぐ出来そうなことが、出来ないわけで。

だからこそ、日頃から、問題意識を持って、向き合っていく。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月 7日

正解もどきの罠

一つの問題に、一つの答えを出す。

正解は、ただ一つ。

しかし、いつも正解とは限らない。

当然、誤答もあるから、多種多様な解答が、出て来る。

そして、世の中の問題は、数学とは異なる。

限りなく正解に近い、誤答も存在するわけで。

気がつけば、その誤答を、正解だと認識してしまう。

でも、誤りは、所詮、誤り。

数重ねていくうちに、正解とは、大きな隔たりを生むだろう。

そして、ある日、ふと思うことに。

正しいことを続けてきたのに、なぜなんだ?と。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月 6日

受け入れることから

自分に起こるすべての出来事は、最良の状態で起こる。

そのような意見が在る。

つまり、災難に思えるような事象でも、結果的には良かったことになる、というもの。

そう思えれば、どのような苦難にも、耐えられるだろう。

「この苦しさが、自分を鍛えているんだ」

このセリフの元に。

しかし、そう簡単に、出来ることではない。

やはり、苦しいことは、苦しいまま降りかかってくる。

よって、前述の意見を、世迷い言などと断じてしまう。

でも、それで良いのだろうか?

この疑問から、始まっていくと思う。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月 5日

有益と無益の壁

自分のミスを、認めないタイプがいる。

「ああだ、こうだ」と、自己弁護。

しまいには、相手をしている、こちらが疲れる。

だから、もういいと、突き放す。

突き放した以上、ミスの修正は、こちら側でやることに。

結果、何が起こるか。

傍目には、前者はミスのない人間、後者のこちらはミスばかり。

そして、前者評価のみが、上がっていくわけだ。

それがおかしいことに、気づいている人は、たくさんいる。

でも、評価する側に見えていなければ、何の意味もない。

漬物石は、漬物樽の上にあってこそ、役立つ石となる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月 4日

心と向き合う

人は、心を持つ生き物である。

そのことに、異論は無いだろう。

では、その心とは?

そう問われると、答えに窮すのだ。

誰もが、自分の心なるものを持つ。

でも、それが、何なのか、ハッキリしない。

である以上、いくら「心を大切に」と言われても、困ってしまう。

それほど、心とは、あやふやなもの。

あやふやな分、危うさも、併せ持つ。

だから、静かにしておけと、諭される。

心のままに動いても、ろくな結果には、ならないからだろう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月 3日

言葉だけで通じないもの

あることに、感動した。

それを、誰かに、伝えたい。

口八丁手八丁で力説するも、いまいち伝わらず。

そして、ふと思うのだ。

「なぜ、あの素晴らしさが、分からないんだ?」

まるで、相手の方が、悪いかのごとく。

でも、理由は、簡単だ。

相手に、共通の体験が、無いだけのこと。

まさに、百聞は一見にしかず。

だから、どうしても伝えたければ、経験してもらう。

それが、一番の近道となる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月 2日

夢の実現例

数日、ポカポカ陽気が続いた。

そのおかげで、いろいろな花も、咲き出した。

いよいよ、春が近づいたか?

そう思わせておいての、今朝は、氷点下。

一気に、冬の現実に、引き戻される。

立春は、すぐそこでも、春本番へは、まだ遠い。

所詮は、つかの間の、夢だったわけだ。

しかし、このまま、冬が続くわけじゃない。

間違いなく、春はやって来る。

夢が、夢のままでは、終わらない。

ひとつの見本と、心得る。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年2月 1日

免疫力をチェックして

新型のコロナウィルスが、緊急事態へ。

特効薬が無い以上、自己防衛あるのみ。

その最たるものは、免疫力だろう。

これさえ高めておけば、大抵のウィルスには、対抗できるだろうから。

しかし、免疫力には、天敵が存在する。

それが、ストレスだと言われて、久しい。

今の時期、受験生など、ストレス溜めまくりだろう。

社会人でも、日々のノルマに、ストレス溜めてるかも。

ちょっとでも、自分がつらさを覚えたら、それすなわちストレス。

だから、自分で、診断してみる。

今のストレス状況から、自分の免疫力は、いかほどに?

発症してからじゃ、遅いのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »