« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月31日

健康の正体

健康の最大の利点とは?

果たして、どれくらいの人が、即答できるだろう。

ただ何となく、健康であることは良いこと。

この段階で、止まっていないだろうか?

だから、健康の有り難みを知るのが、ケガや病気の時となる。

健康の最大の利点、それは自由であるということ。

自由であるから、好きな時に、好きなことが出来るのだ。

これに気づかないと、健康の有り難みは、分からない。

健康とは、決して、そうであるのが、当然ではない。

ある日突然、失い得るものなのだ。

そのことこそを、知らねばならないのだが。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月30日

あまりにお粗末

たまたま目にした国会中継。

野党議員が、言ってたのが、桜を見る会。

正直、世界的に、新型ウィルスで騒いでるのに、何やってるの?

というか、学習能力無いのだろう。

その前は、モリカケ論争なんてやっていた。

支持率、下がりこそすれ、上がっていないはず。

もっと、国の未来を見据えた、建設的な議論が出来ないのか?

まあ、出来ないから、野党議員なのだろう。

正直、税金の無駄遣いだと思う。

ただ、これらを当選させる、有権者がいるわけで。

一体、未来に、どういう青写真を?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月29日

ウィルス雑感

新型コロナウィルスが、猛威を。

そんなウィルスが、国内に、撒き散らされている。

おまけに、中国では、人から人へ感染している。

であるなら、日本でも、そうなる危険性が。

にもかかわらず、「国内では、人から人への症例はないから、安心だ」と。

もう言ってる意味が、分からない。

現に、国内でも、一例発症した。

危機管理は、最悪の場合を、想定すべきだろう。

安心だと思えば安心、などと、誤魔化すべきではない。

そんな中、中国からの観光客が減り、がっかりしている観光地もあるらしい。

そこまで、金が欲しいのか?

何と言うか、寂しさを感じる、今日この頃だ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月28日

常識と非常識の間

先日、タバコを吸う人と会話した。

驚いたのが、その値段。

ざっくり言えば、一箱500円だと。

タバコを吸わない私にとっては、浦島太郎のような感覚に。

というのも、私の中では、煙草は一箱200円位で、止まっていたから。

逆に、「一体、いつの話?」と驚かれる始末。

意識していない分野では、得てして、こういうこともある。

まさに、こちらの常識が、非常識だ。

だから、気をつけておく必要がある。

油断してると、穴に落ちることも。

無いと思っても、在るところには、在るからだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月27日

悩みを紐解いてみれば

「悩みがありますか?」

そう問われたら、どう答えるか。

大抵の人が、「ある」と答えるだろう。

そして「私の悩みは云々」と続くはず。

例えば、安月給のため、生活が苦しいという悩み。

給料が安い、生活が苦しい、そのどちらも、自分の感覚だ。

よって、その感覚が変われば、悩みは消えることになる。

しかし、現実問題として、悩んでいる。

自分の感覚を変えろと言われても、どうやって?

そこからが、学びの道。

簡単に解決するのなら、悩む人など、いないだろう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月26日

身近にある教材

たまに、木工ボンドを使う。

これが、乾くまでに、時間のかかること、かかること。

でも、その時間をかけないと、十分な強度を発揮しない。

いくら、こちらが焦れても、我関せず。

それほど待てぬのなら、速乾性の高級品を買え、と言わんばかりに。

だから、ジレンマに陥るわけで。

しかし、それも、僅かな逡巡にしか過ぎぬ。

なぜなら、時を買ったとしても、それを何に使う?

その答えを、持ち合わせていないから。

ならば、ゆるりと、乾くのを待っても良いだろう。

結局そうなるのに、使う度に焦らされるのが、木工ボンド。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月25日

季節の流れと自分の歩み

今の時期、たまに、こういうことがある。

昨日の最高気温が、今日の最低気温。

そうなると、まだ冬真っ盛りというのに、生ぬるいのだ。

こんな日は、ついつい、動きたくなる。

やはり寒い日よりは、暖かい日。

春が待ち遠しくも、なるわけだ。

とはいえ、それほど遠くもない。

梅は咲き出したし、桜だって2ヶ月しないうちだろう。

こちらの都合など、無視するかのごとく、季節は流れる。

油断してると、時だけが過ぎ行く。

今の自分、果たして、大丈夫か?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月24日

点と線と面と

自分の行動範囲を、地図上に記してみた。

見事に、線であった。

固定した導線が出来上がっており、その線上を、行ったり来たり。

これが健常者なら、面になるのだろうなぁ、とは思う。

思いはしても、残念感は無い。

なぜなら、車イスになった当初は、点の動きでしか無かったから。

車イスでも不自由しない場所、そこにしか出向けなかった。

今の自分、点から線へと、進化しているのだ。

そして、その線が、面へと変わることが、あり得ないことも、理解している。

ならば、後は、その線を伸ばすこと。

狭い面より、長い線だろうと、考えるから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月23日

粗食だろうとなかろうと

ネットニュースに、粗食のことが、書かれてあった。

「粗食は、身体に良いのか?」というテーマで。

栄養学的には、粗食は、身体に悪いとなる。

しかし、粗食こそが最善、という主張も数多ある。

こうなると、水掛け論で、結論が出ない。

私自身、1日1.5食という生活を、10年ほど続けた。

朝はおにぎり1個、昼食は普通に摂り、夕食は抜く、というもの。

これを粗食と呼べるか分からぬが、栄養学的にはダメだろう。

ただ、その間、病気らしい病気も無かった。

だからといって、粗食が身体に良いとは、言い切れぬ。

たまたま、私の身体に、合っていただけのこと。

結局、お好きにどうぞ、としか言えないわけで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (2)

2020年1月22日

前提条件が違い過ぎ

自己否定が過ぎる人には、こういうアドバイス。

「あなたは、あなたのままで、素晴らしい」

それをきっかけとし、自分の中に、何か光るものを、見つけられれば、と。

しかし、すべての人には、当てはまらない。

なぜなら、そのままでは、ダメ人間という輩が、数多いるから。

そういうタイプに「あなたのままで」などと言えば、ただ、図に上るだけ。

逆効果というか、迷惑人間を、量産してしまう。

だから、自戒を込めて、言い放つ。

ほとんどの人間は、今のままじゃダメなんだ、と。

「世界にひとつだけの花」以前の、雑草にしか過ぎない。

これを、自己否定と解釈するから、前に進まない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月21日

薬になるもの

ここ数日、氷点下の朝が続いている。

それでも、毎日、庭先での作業療法はするし、気合の水風呂も。

では、これが、本当に、身体の為になっているのか?

早い話、結果論でしか分からない。

寿命を伸ばしたのか、縮めたのか、その時にならないと判明しないから。

よく、「ガンにはコレが効く」なるものを、目にする。

本当かどうかは、誰にもわからない。

仮に効いたように見えても、実際、何が効いたかなんて、本人にも分からないだろうし。

結局、やっている時の気持ちが、大事なのだろう。

それをやることで、前向きになれる。

そのことこそが、最高の薬。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月20日

本来の姿が消えていく

自宅で会食用に、寿司の5人前パックを購入。

1個つまんで、何か物足りなさを。

その理由は、わさびだった。

今の持ち帰り寿司には、わさびは入っていないと、知らされた。

そういえば、子供の頃、わさびは食べられなかった。

だから、寿司ネタをめくり、わさびを取り除いて、食べたもの。

いつから、さび抜きが、常道となったのだろうか?

わさびがダメなら、自分で取り除く努力を、すべきだろう。

最初から抜くことを、優しさとでも?

何かがどこかで、間違っているような‥‥

そんな違和感持つ方が、おかしいのだろうか?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月19日

油断なく目を開けて

何やら新しげなことを、小難しい言葉で語っている。

こちらとしては、分かったような分からないような。

それでも、そこそこ、広がっているらしい。

だから、半歩、踏み込んでみる。

直感的に、胡散臭さを感じた。

だから、一歩、引いてみる。

すると、だまし絵だったことに、気づかされる。

何も新しくないし、難しくもない。

分かってしまえば、「何だそんなことか」と。

魑魅魍魎の現代社会。

我が身を守るは、我のみのようで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月18日

今の前には何が在ったか

無から有は生まれない。

生まれていそうだが、決して、生まれていない。

だから「会社を、一から立ち上げた」という表現にもなる。

たまに「会社をゼロから、立ち上げた」という人もいる。

でも、ゼロからは、無理なのだ。

会社を立ち上げる資金、いきなり財布に入ってる?

ありえないだろう。

ゼロから立ち上げたように見えても、その前が、必ず在る。

その前が在る以上、それは、決してゼロじゃない。

だから、今の自分が在ることも、同様となる。

ある日突然、今の自分が、生まれたわけじゃない。

もし、そう思うのなら、ごう慢そのものと、自覚すべきだろう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月17日

何かがモヤモヤして

win7のサポート終了、というニュースが流れた。

今後は、セキュリティ的に、非常に危険な状態へ。

にもかかわらず、世界中には、まだ多数のwin7パソコンが在る。

もし、これらが、ネット犯罪の温床となったら、悪いのは誰?

第一には、使い続けた人や、組織となるだろう。

でも、個人的には、そういう製品を、世に出した方では?とも思う。

将来的には、危険な存在となる。

それを、分かっていて、世に出しているのだ。

半永久的にサポートするのが、責任ある大人の姿だと思うのだが。

しかし、工業製品でも、10年くらいしか、サポートしない。

買い替えてもらわなければ、儲からない。

分からないじゃないが、何かが、どこかで、掛け違ったように感じている。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月16日

内と外では大違い

一日一回は、外気に触れる意識を持つ。

そうしないと、家から出ない。

理由としては、室内の方が、快適だから。

特に、風の冷たい冬の時期とかだと、尚更だ。

しかし、閉じ込もっていたら、身体がなまる。

動かない身体でも、実感できる程度に。

骨折した人が、1ヶ月入院しただけで、歩けなくなるのと同じ。

動く筋肉が在るのなら、動かさないと衰える。

自明の理なのである。

だから、寒くとも、夏なら暑くとも、外に出る。

外での運動量は、室内の数倍に、匹敵するのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月15日

すべての因は己の中に

車の運転中、前をノロノロ運転されると、つい苛つく。

その瞬間、悪いのは、ノロノロ運転一色に。

でも、考え直してみる。

根っこにあるのは、何だろう?

それは、急ぎたいという、自分の気持ち。

というか、ハッキリ言えば、急ぎたいという欲だ。

これがあるから、それを妨げられた時に、イラッと来る。

いくらノロノロ運転されても、到着時間に、5分も違いはないだろう。

なのに、欲丸出しで、イライラするとか、愚の骨頂。

こんな欲を、一つ一つ消していくことが、自分のためになる。

分かっちゃいるが、難しい。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月14日

成人の日に思ったこと

田舎に住んでると、成人式は、成人の日に行われない。

大抵は、正月休みの間に、執り行われる。

理由は、簡単。

若者が、都会に出ているから。

主役がいないのでは、成人式を開く、意味がないのだ。

つまり、祝日と中身が、一致していない。

別に、祝日に限らず、言ってることとやってることが、一致していないなんて、どこにでも。

だから、つい、どうでもいいやと、感じてしまう。

実は、それって、おかしいことだろう。

一致していなければ、一致させる努力が必要。

なのに、端から、あきらめてしまっているのだから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月13日

経験は消えない

私の子供の頃、普通にSLが走っていた。


 


当然、乗ったこともある。


 


あの独特な煙の臭いも、まだ記憶に残っているわけで。


 


今でも、トンネルに入るたび、窓を開閉したことを、思い出す。


 


そんなSLも、今では、展示品。


 


そして、乗ったことを記憶する人々も、減っていく。


 


そのうち、「なぜ電車に煙突が?」などと、問われるのだろうか。


 


「刺し身」という魚が、泳いでいると、真顔で言われる時代。


 


そういう頓珍漢さも、あり得るかも。


 


20年前、私は、普通に歩いていた。


 


不活化ワクチンがあるにも関わらず、生ワクチンを使い続けた行政。


 


すでに、忘れ去られようとしている。


 


ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月12日

真逆に振り切る

空を見上げたら、雲ひとつ無い、青空だった。

考えたら、久しぶりに、こういう動作を取る。

車イスに乗っていると、どうしても、視線は下向きに。

なぜなら、そこに、危険が散らばっているから。

つまり、青空を眺める時間より、地面を見つめる時間の方が、圧倒的に長い。

卑屈な言い方をすれば、下ばかり見つめている人生なのだ。

ものの本によれば、それはダメな生き方だとか。

まあ、個人的には、「うるさい、黙れ」なのだが。

とにかく、下を向いていないと、危ないのだ。

だから、とことん、うつむいてやろう。

宝物は、大抵、地面の下に埋まっているものだし。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月11日

見た目綺麗な清流にも

清過ぎる水には、魚は住めないし、飲んでも不味い。

様々なミネラルや、養分が溶け込んでいる、不純な水だから、住めるし飲めもする。

じゃあ、心の中も、ある程度、不純で良い?

などと、バカな考えが、浮かびもする。

でも、観察したら、よく分かる。

心の中なんて、汚れすぎて、魚は住めないし、飲めもせぬ。

だから、最大限の努力で以って、浄化しなければならないのだ。

それをやって、初めて、透明ではないにせよ、何とか、の状態に。

しかし、弱いのも、人の心。

ついつい、自分の心は、清らかだと思い込む。

また、ここで、思い込みの過ちを、犯しているのわけで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月10日

気がつけば騙されて

とある文章を読んでいて、「そうなんだ!」と納得する。

日頃からの疑問が、消えた瞬間だ。

通常は、それでお終い。

でも、先日、それが、とんでもないことに。

疑問解消こそが、悪徳商法への、誘い水だったのだ。

つまり、疑問への答え自体、巧妙な嘘。

いかにも、こういう答えが喜ばれるだろう、ということが、書かれてあったわけだ。

人は、自分の好むものを、受け入れる。

だから、逆算的に、こういう疑問を持つ人間は、このような答えを求めるだろう。

この仮説が、成り立ってしまうわけで。

やはり世の中、油断も隙もあったものじゃないようだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月 9日

無意味の中の意味

他人の苦しむ姿を見て、笑みを浮かべる。

映画やドラマのワンシーン。

であるなら、娯楽の一つで、片がつく。

しかし、そういう人間が、実在するのだ。

個人的には、狂ってるとしか思えない。

ただ、そんなことを言えば、やれヘイトだ、差別だと、やかましい。

だから、口を閉ざす。

すると、ますます、調子づく。

一体、こういう輩って、どういう意味があるのだろう?

単に毛嫌いするだけでなく、その意味を探ってみる。

漠然とだが、その探ること自体に、意味がありそうだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月 8日

老化の何が悪いのか

老化テストとやらに、こんな質問が。

「一昨日の夕飯に、何を食べましたか?」

そんなことに、即答できるか。

つい、ぼやいてしまう。

そもそも、一昨日の食事なんて、記憶しておく必要がない。

だから、記憶領域から、消し去っている。

そのこと自体と、老化に、何の関連性が?

問いかける前に、まずは、そこを説明して欲しい。

などと、屁理屈述べること自体、老化が進んでいるとか。

それなら、まことに喜ばしいことと、自覚する。

なぜなら、老化という、正しい道を進んでいる、証拠なのだから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月 7日

大丈夫だという思い込み

日に日に、夜明けの時間が、早まっている。

下手したら、「えっ、もう日の出!?」という時も。

冬至を過ぎているのだから、当たり前と言えば、当たり前。

でも、まだ冬だし、朝は暗くて当然。

そんな思い込みが、早くなる日の出時間に、とまどいを。

やはり、思い込みというものが、一種の罠のようだ。

一つずつ精査していけば、かなり出てくるのではないだろうか?

思い込みの数々が。

おまけに、大抵の思い込みは、誤っているわけで。

そりゃ、上手くいくものも、いくわけない。

物事の手順を、最初から、踏み外しているからだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月 6日

ふとしたことに気づいてみれば

改造や改良をするために、必要なものは?

当然、その手順や材料などは、必須となる。

しかし、最も大切なものがある。

それは、オリジナルの品。

結局、基になる何かが無ければ、改造、改良は不可なのだ。

これは、目に見えることだけではない。

目に見えない、心の部分にだってある。

1を2にすることは、容易。

大変なのが、0を1にすること。

だから、オリジナルには、敬意を払う。

払った上で、使わせてもらう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月 5日

目標の難しさ

目標が定まれば、迷いが消える。

ただただ、それに向かって、進むのみ。

余計なことをしなくなるから、無駄も無くなるだろう。

だから、目標を持てと言われる。

しかし、それが、難しいのだ。

目標を持てさえすれば、大抵の問題は、解決するのに。

なぜなのか?

そういえば、目標の持ち方なんて、習った覚えがない。

自己責任で「持て」と言われても‥‥

やはり、何らかのマニュアルが、必要?

でも、マニュアル示すと、それに習う人間だけが溢れそう。

簡単そうで難しいことが、いろいろあるわけで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月 4日

生命力を利用して

朝、外に出る。

周りは、霜で真っ白。

吐く息も、同様だ。

そんな白い世界に、しばらく、たたずむ。

身体が、段々、冷えてくる。

その冷たさが、痛みへと変わる。

その冷え切った身体を、水風呂の中へ。

すべての細胞が、生きようとあがき出す。

その生命力を、実感する。

だから、着替え終わったら、全身ポカポカとなる。

他人の目には奇異に映るだろうが、自分なりの健康法。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月 3日

年の初めに思うこと

年が変わるということは、また一つ、歳を取ったということ。

個人的には、還暦というものが、目の前に、ちらつき出した。

そういえば、友人との会話も、二言目には、健康のこと。

若い頃の、趣味や娯楽がテーマになる会話も、減少気味に。

これを、老化と思うか、年相応と思うかで、評価が別れる。

ただ、別れるだけで、どちらが良い悪い、というものでもないだろう。

とにかく、この世というステージに立てる時間が、残り少なくなっているということ。

そのことだけは、忘れぬように。

そうでないと、ついつい、今が永遠に続いていくような、錯覚を起こすから。

終わりが来るのは、間違いない。

その終わりを、どう迎えるかが、問われているのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月 2日

高い壁がある以上

「耐えられない試練は、与えられない」

「すべての艱難辛苦には、意味がある」

そういうことが、あちこちで言われる。

だから、苦難に直面しても、我慢できるとでも?

前述のことを公言できるのは、実際、耐えきった人だからだろう。

でも、その奥に、どれだけの、耐え切れなかった人々が、いるだろうか?

そこに思いが行かないと、言葉が、軽くなる。

自分が出来たからって、誰もが出来るわけじゃない。

可能だった人には正解でも、すべての人に正解とは限らない。

耐えられない試練もあれば、意味のない艱難辛苦もあるはず。

何事も、断言できるものなど存在せぬだろう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2020年1月 1日

謹賀新年

新年と言うだけで、気分が変わる。

どうせ変わるのなら、良い方向へ。

でも、何を以って、良いとするのか?

そこを誤ると、とんでもないことになる。

単純な分、間違いやすいのだ。

良い方へ向かって、自分が苦しむということは、まず無い。

そもそも、苦しむ方へは、向かわないだろうし。

問題は、その良い方向とやらで、苦しむ人が出てこないか?

自分の苦しみは分かっても、他人の苦しみなんて分からない。

だから、良かれと思っても、誰かの迷惑だったりする。

ただ、考えているだけでは、進歩もしない。

まずは、自分を、正してみることから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一年が、あなたにとって良き年でありますように。

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »