« 単にそれだけじゃなく | トップページ | これも多生の縁 »

2019年12月12日

ちょっと違う吊橋効果

学生時代、山深い集落を、訪ねたことがある。

その過程で、一本の吊橋が出てきた。

それも、100%木造製の古い橋。

入り口の看板には、「同時に3人以上渡るべからず」と。

踏み板同士には隙間があり、手すり部分も蔦やツルの組み合わせ。

当然、ユラリユラリと、揺れまくる。

ジェットコースターどころではない、スリル満点の橋だった。

そこを、念の為、1人ずつ、渡って行く。

すると、最後に残った者が、「どうしても無理」としゃがみ込み。

結局、その後、同行できず、一人だけ引き返すことに。

でも、それをイジられ、いつの間にか、人気者へ。

人生、何が幸いするか、分からないもの。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 単にそれだけじゃなく | トップページ | これも多生の縁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 単にそれだけじゃなく | トップページ | これも多生の縁 »