« 同じなのか違うのか | トップページ | 主役を演じることとは »

2019年11月26日

身勝手さをあきらめる

20年前は、駐車場の身障スペース、探すだけでも苦労した。

その頃と比べれば、今は、拡大している。

と同時に、そこへ駐車する、不届き者も、目に付き出した。

以前なら、腹立たしく感じたその行為、今では、平常心で。

人の身勝手さに、あきらめが付いたからだ。

人とは、そのような、どうしようもない存在。

そう決めつけていた方が、精神的には、楽になれる。

だから、身障スペースが空いていても、一般スペースに並ぶ人を見て、感動する。

当たり前のことに、心が震える。

心の奥底では、こちらの人の方が、真実だと感じている。

でも、目にする多くは、身勝手な人々。

だから、どうしても、真実が、隠されてしまうのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 同じなのか違うのか | トップページ | 主役を演じることとは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 同じなのか違うのか | トップページ | 主役を演じることとは »