« 食欲以外の秋を探して | トップページ | 子供時代に体験すること »

2019年10月11日

寺子屋に帰る道も

なぜ、学校内での犯罪行為は、いじめで済まされるのだろう?

最悪、幼い命が、散ることになっても。

今回、神戸の小学校で、教員間の犯罪行為があった。

未だ加害者側の情報は、隠蔽されたまま。

これも、いじめの問題と、誤魔化されている。

それにしても、なぜ、こういうクズが、教員になれたのか?

問題は、そちらの方が、大きい。

そういう採用システムなら、表に出てこないクズが、多くの学校に入り込んでいるわけだ。

ということは、いじめで済まされる犯罪行為が、蔓延しているということに。

ひょっとしたら、江戸時代の寺子屋って、ある意味、理想形?

学びたい、学ばせたい人のみが集う、学びの場だったから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 食欲以外の秋を探して | トップページ | 子供時代に体験すること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食欲以外の秋を探して | トップページ | 子供時代に体験すること »