« 鵜呑みにしない | トップページ | 頭と足の整合性 »

2019年10月25日

縁のあるなし

ふと、10年前に出会った人の、顔が浮かんだ。

そして、こう思う。

「Aさん、どうしているだろうか?」

たった、これだけのこと。

しかし、縁があったからこそなのは、間違いない。

10年前に出会ったのは、もちろん、Aさんだけではない。

にもかかわらず、隣りにいたであろう誰かとか、顔も思い出せない。

その誰かさんと、Aさんとの違いは?

縁以外に、考えられないわけで。

人の縁なんて、無限に広がっていそうなもの。

でも、想像以上に、狭いのかも知れない。

ならば、その縁なるもの、いかに貴重か、思い知らされる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 鵜呑みにしない | トップページ | 頭と足の整合性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鵜呑みにしない | トップページ | 頭と足の整合性 »