« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月31日

どん底から見えるもの

一度、どん底に落ちてみると、見る目が変わる。

ただし、そこから、這い上がる気概は、必要だが。

その気概の下、這い上がって行く。

当然、いろいろな階層が存在する。

以外に多いのが、まだ浅い底でつまづき、落ち込むタイプ。

どん底から見れば「何、贅沢言ってるんだ」と。

こちらは、どん底から、やっと這い上がってきたところ。

そして、落ち込んでる暇など無いと、動いてる途中。

「もう少しで、地上に出られる」

ただ、その気持ちがあるだけで、落ちたということさえ、考えない。

甘えの心などに、用は無いのだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月30日

他人のふり見ても

自分のことは、まるで見えていなくとも、他人のことなら、よく分かる。

だから、他人のふり見て我がふり直せ、と。

ただ、そこには、確かな見る目が必要だろう。

他人のトンデモ言動に、賛同したら?

自分もトンデモ人間へ、まっしぐら。

いくら他人のことを観察できても、判断基準が間違ってると、そういうことに。

何が良くて、何が悪いのか?

自分の感情で判断すると、必ず、間違ってしまう。

所詮は、煩悩の塊なのだ。

それを正そうというのだから、生半可な覚悟じゃ無理。

そもそも、本当に、正そうとしているのかさえ、覚束ない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月29日

悪い思考への誘い

自分が幸福になることは、善か?

普通に答えれば、YESだろう。

でも、自分が幸福になるために、誰かを不幸にしたら?

それでも、YESと答えられるだろうか?

普通に答えれば、NOのはず。

でも、残念ながら、自分のことしか考えられない人間がいる。

つまりは、自分さえ良ければOKというタイプだ。

こういう人間が近くにいると、不幸の火の粉が、降りかかってくる。

平気で、それらを撒き散らすから。

とにかく、自分のことしか見えていない。

自分のことしか、見ようとしない。

つい「人間なんて」と、考えてしまう、きっかけになる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月28日

笑い話を踏み込んで

あるサイトで、馬鹿馬鹿しいことを、真面目に議論していた。

テーマは「美人は3日で飽きるが、ブスは3日で慣れる」は本当か?

侃々諤々やっていたが、自称モデルの発言がトドメに。

「美人は3日でも飽きないし、ブスには、そもそも1日目さえない」

だから、女は、磨かねばならないということだった。

まあ、表面的な美醜の捉え方は、人それぞれ。

それよりも、内面の美醜だと思っている。

見た目がどんなに美しくとも、性根の腐った人間は、ご遠慮願いたい。

1日どころか、5分も保たないだろうから。

だから、顔を磨く暇あれば、心磨けば?と思う。

しかし、それこそ、人それぞれの生き方。

そこへ口出しなど、する権利もない。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月27日

泥沼の中とか

人生を、泥沼に例えられることがある。

そこに、蓮華を咲かせろ、と。

正直、実感がわかない。

そもそも、泥沼の、何が人生というのだろうか?

濁ってるから?淀んでるから?

確かに、そんな人や、組織もある。

でも、すべてがそうじゃないことも、確か。

ただ、そうじゃないからといって、それらが蓮華なの?

この辺りが、あやふやすぎて‥‥

とはいえ、ままならないのが人生なのは、間違いない。

それが、泥沼を、泳いでるということなのだろう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月26日

頭と足の整合性

世の中、巧言令色に、満ち溢れている。

理由は簡単、それが好まれるから。

逆に、その人のためにと、苦言を呈したら?

二度と口を利いてもらえないかも。

ここに大きな分水嶺がある。

耳障りの良い言葉のみを、聞こうとする人。

苦言も自分のためと耳傾ける人。

その二人が交わることは無いだろう。

分水嶺から、右と左に、別れていくから。

では、どちらを、目指すか?

その方向と、自分の耳に聞こえる言葉、整合性は?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月25日

縁のあるなし

ふと、10年前に出会った人の、顔が浮かんだ。

そして、こう思う。

「Aさん、どうしているだろうか?」

たった、これだけのこと。

しかし、縁があったからこそなのは、間違いない。

10年前に出会ったのは、もちろん、Aさんだけではない。

にもかかわらず、隣りにいたであろう誰かとか、顔も思い出せない。

その誰かさんと、Aさんとの違いは?

縁以外に、考えられないわけで。

人の縁なんて、無限に広がっていそうなもの。

でも、想像以上に、狭いのかも知れない。

ならば、その縁なるもの、いかに貴重か、思い知らされる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月24日

鵜呑みにしない

あらゆることに、否定から入る。

これをやると、煙たがられるだろう。

まあ、実際、そんな人が隣りにいたら、面倒くさい。

でも、脳内でやる分には、良いトレーニングとなる。

例えば、皆が、絶賛していることを、否定してみる。

すると、その絶賛の「真の姿」を、垣間見ることも。

それをやると、大抵は、何を絶賛しているのかが、分からなくなる。

対象となる、具体的なものが、あやふやなのだ。

にもかかわらず、大絶賛‥‥

そこにあるのは、思考停止。

気をつけなければ、自分も止まる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月23日

なぜ認めたくないのか

加齢に伴う、様々な変化を、老化と呼ぶ。

誰にでも起こる老化ではあるが、一般的には、忌避される。

必ず起こるのに、忌避とか、無駄の極みだろう。

何故、老化を認めたがらない?

認めてしまえば、楽になるのに。

一つ言えるのは、老化を忌避させることで、儲かる人間がいるということ。

結局、その口車に、乗せられてるだけでは?

そうでないというなら、聞かせて欲しい。

老化を認めないという、正しい理由を。

老化に限らず、その正しい理由というものを、探してみる。

いろいろ「思い込まされている」ことが、見つかるかも。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月22日

どこにでもある食い違い

黙っていても、売れる商品があるとしたら?

商人なら、誰でも、売りたがるだろう。

でも、実際、そういう商品が有る?

なかなか無いから、作るのだろう。

それが、新作ラッシュとなって、目の前に。

買い手としては、それが、悩みの種に。

どれを買えば良いかが、分からなくなる。

結局、迷って、買わずに済ますことにも。

これって、どうなのだろう?

売り手の良かれと、買い手のそれに、齟齬が有る。

あらゆる場面で、垣間見る。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月21日

何を基準とするかによって

科学的根拠というものは、何かを判断する際の、一つの基準となる。

それに対し、己の感情を基準にすると、話が噛み合わない。

前者は、数字が物を言う。

後者は、目に見えない何かが、幅を利かす。

そして、なぜか、声が大きいのは、後者だったりする。

そうなると、前者的には、面倒くさい。

だから、相手にすることをやめる。

その結果、後者は、自分が勝ったと勘違い。

でも、それが、成功体験となるから、修正することもない。

そして、また、どこかで、感情基準で、物を言う。

もう、存在自体が、迷惑そのもの。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月20日

知らないところで進んでいる

人工知能の進歩が、すごいらしい。

すでに、社員採用の合否に導入している企業も、有るとか。

このまま進めば、どういう未来に?

未来と言えば、先日、自動車保険の更新をした。

すると、担当が「これから、この業界は、先細りなんです」と。

理由を問えば、自動運転の進歩らしい。

考えられるのは、10年後は、今と大違いだろう、ということ。

誰でも出来る仕事なら、あっさり人工知能に、替わられるだろう。

であるなら、人でなければ出来ない仕事とは?

ここを押さえておかないと、大変なことになるような‥‥

旧態依然のまま、何も変わらないでは、時代に取り残されるだけ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月19日

秋は寒さも釣瓶落とし

いつの間にか、肌寒いを通り越し、寒い!に。

なのに、半袖で過ごしているから、体調崩す。

じゃあ、長袖にすれば?

しかし、日中は、まだまだ暑い。

よって、長袖なんか、着用する気にもなれない。

そして、明け方、やっぱり冷えるな、と。

不思議なのが、冬より、冷えを感じてしまう。

やはり、夏の暑さとの差が、あるからだろうか?

冬は、とにかく、ただ寒いだけ。

秋の寒さは、急に来る。

だから、それだけ、印象に。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月18日

ゴールを意識して

朝、窓を開けると、どこからともなくキンモクセイの香りが。

鼻で感じる、秋深し、だ。

正直、この香りを、あと何回、感じ取れるだろう?と思う。

同世代なら、あと20回?いや30回?

まあ、残り回数を、意識するほど、少なくはない。

それだけ、平均余命が、あるということに。

しかし、平均余命の消化レース、私は、先頭集団にいる。

だから、あと10回くらいは、感じ取れるだろうか?に。

まあ、ものは考えようで、まだ10回も、キンモクセイを楽しめる。

どちらにせよ、ただ何となく香りがする、ということは無くなる。

今この瞬間を、生きていく。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (2)

2019年10月17日

輝く一歩を

手足に麻痺がある身体は、不自由なものだ。

だからといって、すべてが不自由ではない。

不自由な身体になったから、社会生活からは、早々にリタイア。

その結果、自由な生活を、送れることに。

不自由こそが、自由への道だった。

まあ、私の場合は、稀有なケースかも。

しかし、逆境を逆手に取って、順境となすことは、誰にも可能だろう。

俗に言うところの、失敗は成功の元、なわけで。

逆境や失敗を、ただ落ち込んで、過ごしてしまう。

通常はそうだろうが、そこで止まっては、次がない。

ひっくり返すには、踏み出す一歩が、必要に。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月16日

一度出来るように慣れば

公園の片隅で、小さな子が、自転車の練習をしていた。

父親が、後ろを支え、一緒に走る。

それでも、途中で、こけるわけで。

5分ほど眺めていたが、何度も、何度も、やり直していた。

そこを離れ、30分ほど散策し、また同じ場所へ。

ちょっとの間に、漕ぎ方が、上手くなっていた。

そして、父親が、支えていた手を、離したのだ。

目の前で、自転車に乗れるようになった瞬間が、発生。

名も知れぬ親子の、溢れるような笑顔が、そこに。

つられて、こちらも、つい笑みが。

何より、その子は、これから、ずっと乗ることが出来る。

乗れなかった時期など、無かったかのように。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月15日

「すごい」を身に付けたいが

多くの人が、いろいろな悩みを抱えている。

それを数え上げたら、星の数ほどになるだろう。

まるで、悩みの海を漂うがごとく、だろうか。

それでも、明るい人がいる。

悩みが無いはずないのに、それを思わせない。

すごいことだと思う。

できれば、自分も、そうありたいと思う。

しかし、すごいことは、簡単には出来ない。

やはり、トレーニングが必要に。

でも、そんな教本は、どこにもないのだ。

だから、結局、すごいと思うだけで、終わってしまう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月14日

その渦に巻き込まれぬよう

こぼれ種を放置していたら、いつの間にか、花咲していたアサガオ。

それを、相変わらず放置していたら、いつの間にか、枯れていた。

でも、しっかり、種を残して。

おまけに、すでに、何個かは、こぼれてしまっている。

おそらく、来年も、ここで芽吹くのだろう。

こんな小さな草花だって、自分の成すべきことを、知っている。

なぜ、人が、こうでないのだろうか?

ただ、大多数の人々は、成すべきことを行っているはず。

一部の阿呆が悪目立ちするため、「皆、そうなの?」に。

であるなら、この阿呆共の罪は、大きすぎる。

間違っても、自分が、その波に、飲まれないようにしなければ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月13日

糧にする前の準備

真面目に生きていれば、良いことがある。

とは限らないのが、現実社会だ。

何も悪いことしていないのに、巻き込まれてしまう。

自分はそうでなくとも、そんな経験者を、一人や二人は知っているのでは?

この現実の恐ろしさ、いつ、我が身に降りかかるか、分からないこと。

予防接種していても、罹患する時は罹患する。

ある意味、手の施しようがない。

だからといって、泣き寝入りを勧めるわけじゃない。

我が身に起こったことは、そのまま、糧とすべき。

ただ、それだけのこと。

そのためにも、心をしっかり、磨き込む。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月12日

子供時代に体験すること

この時期、週末になると、花火が上がる。

間違いなく、どこかで運動会。

最近は、春に行う学校も増えたが、個人的には秋。

そして、青いミカンなのだ。

そういえば、体育の日が、10月10日でなくなったのは、いつ?

今でも、体育の日は、私の中では、10日のまま。

結局、子供の頃の原体験は、いつまでも残る。

であるなら、なるだけ良い体験をさせてあげる。

それが、大人の仕事だろう。

なのに、とんでもない大人の、多いこと。

何でも自由が許されると、勘違い。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月11日

寺子屋に帰る道も

なぜ、学校内での犯罪行為は、いじめで済まされるのだろう?

最悪、幼い命が、散ることになっても。

今回、神戸の小学校で、教員間の犯罪行為があった。

未だ加害者側の情報は、隠蔽されたまま。

これも、いじめの問題と、誤魔化されている。

それにしても、なぜ、こういうクズが、教員になれたのか?

問題は、そちらの方が、大きい。

そういう採用システムなら、表に出てこないクズが、多くの学校に入り込んでいるわけだ。

ということは、いじめで済まされる犯罪行為が、蔓延しているということに。

ひょっとしたら、江戸時代の寺子屋って、ある意味、理想形?

学びたい、学ばせたい人のみが集う、学びの場だったから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月10日

食欲以外の秋を探して

秋と言えば、食欲の秋だったり、スポーツの秋だったり。

一般的に言われてる秋を満喫するのも、心地良い。

でも、自分なりの秋を設けると、満足感が違う。

いわば、短期の目標となるわけだ。

1ヶ月くらい集中して、邁進する。

気候が良いから、その分、捗る。

その結果、目標達成、そして大満足と。

では、どういう秋を設定するか?

意外と、パッと出てこないかも。

だとすれば、ゆとりを無くしている可能性が。

そういう面を、見つめ直せるのも、秋の効用か。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月 9日

分相応な背伸び

ある人のブログに、新車購入予定の記事が。

ただし、レクサスにするか、ベンツにするかで、迷っている、と。

この段階で、私とは、無縁の世界に。

同じ新車購入でも、車種が、フィットとかデミオとかなら、興味も湧いたろうが。

結局、そこにあるのは、分というもの。

高級車など、私には、分不相応。

それを知ればこそ、端から、気にもならない。

持てないからと、悔しくもない。

分を知れば、ゆとりが生まれるのだ。

無駄な背伸びするから、余裕が無くなる。

どうせ背伸びするなら、有意義なものにこそ、したいもの。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月 8日

恥知らず増殖中

時代劇に、こんなセリフが出て来た。

「お天道様は、しっかり見ておるぞ」

これって、一種の恥の文化だろう。

自分の誤った行動を、恥ずかしく思う。

そして、二度としないと、心に決める。

「慚愧に堪えない」と表現される。

動物の人間が、人となるには、慚愧の念が必要では?

最近、つくづく思うわけで。

世の中、あまりにも、恥知らずが増え過ぎた。

「自分さえ良ければ」ただそれだけだ。

そこに、どんな未来が、あるというのだろう?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月 7日

無自覚の悪事

小説の中に、盗賊団が出て来た。

そこの団員にとっては、強盗が仕事。

そして、一生懸命に働いた者が、出世していく。

自分が、悪事を働いているというのは、分かっている。

分かった上で、堂々と働いているのだ。

よって、最終的に、騎士団に滅ぼされても、潔いもの。

こういう悪事が、長続きしないことさえ、自覚していたかのように。

打って変わって、現実社会では、どうだろう?

自覚のない強盗団が、かなり存在しているのでは?

そして、無自覚なまま、悪事を働いているような‥‥

まさか、自分も、その片棒を?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月 6日

諦観は進む

田舎の駅には、エレベーターなどない。

なのに、ホームは、階段の先。

これを、簡単に、バリアフリーの問題とされる。

しかし、ここにあるのは、強大な差別なのだ。

機会均等から、大きく離れた世界そのもの。

なのに、誰も、声を大にしない。

これが、嫌韓とか言えば、即ヘイトだ、差別だと。

いつの間に、こんなおかしな世の中に?

などとつぶやけば、「お前の方が、おかしいからだ」と。

まあ、おかげで、あきらめることは、進んでいく。

結果、不平不満も、尻すぼみ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月 5日

理不尽に接したら

コンビニで、季節限定の弁当を購入。

レジを済まそうと並んだら、横から手が伸びた。

「この弁当は、自分のだ」と。

「昨日から、この弁当を食べようと、決めていたのだ」と主張。

このような理不尽を、突きつけられたら?

徹底して論破する?

もしくは、面倒だからと、言いなりになる?

ここまで極端じゃなくとも、理不尽な場面は、あらゆる形で、降りかかる。

その都度、対応していかねばならないのだ。

その対応さえ、自分というものを、しっかり持っていないと大変なことに。

心が、徐々に、蝕まれていくから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月 4日

立ち止まる勇気

生きていれば、道に迷うこともある。

その際、必ずやらねばならないことがある。

それは、立ち止まること。

立ち止まって、現状を、確認すること。

今、自分は、どこにいるのだろう?

それをせず「まあ、いいや」で、進んでいく。

結局、訳が分からなくなる。

意味不明なまま、深みに嵌まってしまうのだ。

そこで、もがいて、余計な辛苦を味わうことに。

おまけに、周りの人に、迷惑かけることさえ。

あの時、立ち止まることを、厭ったために。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月 3日

悪い連鎖を観察

どんよりした、今にも降り出しそうな、パッとしない天気。

油断すると、気持ちも、そうなってしまう。

天気がパッとしないからって、心の中まで、どんよりさせる理由はない。

天気と心には、何の因果関係もないのだ。

とはいえ、意外に、やってしまってる。

まるで無関係なのに、それに引きずられるのだ。

例えば、贔屓チームが、負けてしまった。

残念感が、仕事に、影響を。

結果、ミスして、怒られる、とか。

ひとつひとつを、しっかり観察してみる。

その瞬間、訳の分からぬ連鎖が、ぷつりと切れる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月 2日

憎まれっ子とは袂を分かつ

「憎まれっ子世にはばかる」ということわざ。

「だよね〜」と、つぶやく人が、どれくらいいるだろう?

そういう人は、おそらく、憎まれっ子とは、対極にいるだろう。

でも、憎まれっ子ほどは、評価されていない。

そこから、何が、見えてくるのか?

憎まれっ子のことを、愚痴ることは出来る。

それに同意してくれる人も、周りにいるかも。

でも、自分の立場は?気持ちは?

何も変わらない。

変わるためには、どうすることが?

憎まれっ子を目にしない、別次元に立つだけのこと。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年10月 1日

物悲しさを払拭し

いつの間にか、夕方が、暗くなってきた。

秋の物悲しさを思わせる、ひとつのきっかけ。

そして、自分の人生も、終わりに近づいていると、考えさせるきっかけ。

だから、人生の終わりが、悲しく思えるのかも。

しかし、そうなのか?

今生から来世へと、移りゆくだけのこと。

そう思えれば、楽しみにもなる。

そんな来世が、地獄ではたまらない。

だから、そうならないように、今をしっかり生きる。

肝心なのが、具体的に、しっかり生きること。

何となくでは、効果も薄し。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »