« 気が滅入るのなら | トップページ | 簡単に見えることの裏 »

2019年9月13日

猿も木から

庭先に、プラスチックの小さなバケツがある。

そこに、先日のゲリラ豪雨で、雨水が溜まっていた。

そこまでは、いつもの光景だが、今回は違うものに。

なぜか、カエルが1匹、浮かんでいたのだ。

手足も伸び切っていたので、死んでる?

処理しようとしたら、足がピクッと。

水ごと、バケツをひっくり返したら、普通に飛び跳ねた。

どうやら、バケツの中で、溺れていたようだ。

プラスチックが滑り、出るに出られなかったのだろう。

しかし、水生動物だと思っていたので、ちょっとビックリ。

何はともあれ、油断大敵ということで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 気が滅入るのなら | トップページ | 簡単に見えることの裏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気が滅入るのなら | トップページ | 簡単に見えることの裏 »