« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月30日

大げさな人

どうでもいいことを、大げさにする。

その結果、周りに迷惑かける。

通常なら、しまったと、反省する。

それが出来れば、問題ないのだ。

出来ないのが、大げさ人間か。

結局、自分が、中心にいたいのだろう。

だから、わざわざ、問題を大きくする。

そして、そんな大きな問題に関わっていると、自慢する。

下手くそな、自作自演でしかない。

分かっていないのが、自分だけ。

どういう育ちをしたら、こうなれるのだろう?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月29日

迷いない自信あれば良いのか

迷いなく、自信満々に生きていく。

成功者の生き方、そのもののように思えてしまう。

というのも、自信なく、迷いっぱなしが、自分だから。

だから、つい、そういう生き方を目指しがち。

しかし、本当に、迷いなく、自信満々が、正解なのか?

ふと、頭をよぎったのだ。

あるカルト教団信者の、生き方を見て。

まさに、迷いなく、自信満々に、布教してくる。

これの、どこが、成功者?

迷いなく、自信満々に、道を踏み外したら、どうなるか?

大事なことに、気づかされる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月28日

過去をどうする

過去とは、既に、過ぎ去ったもの。

よって、今ここには無い。

なのに、いつまでも、囚われる。

無いものに、心を支配され、悩み苦しむ。

それが、無益なことは、重々承知。

しかし、理屈と実際は、異なるのだ。

そのことが、悩みに、拍車をかける。

一体、どうすれば?

捨て切ることが、根本的な解決法だとは、知っている。

ただ、とても困難なだけ。

捨てる端から、増えていく。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月27日

バカを馬と鹿に

昔読んだ本に、書かれてあったこと。

「バカな働き者は、手に負えない」

働き者と言われるくらいだから、一生懸命、動いているのだろう。

しかし、バカだから、すべてがピント外れ。

となると、それの尻拭いという、余計な仕事が増えてしまう。

これだと、いない方が、マシとなるわけで。

でも、働き者成分は、貴重なのだ。

よって、バカ成分を、修正してやれば良い。

理屈はそうだが、このバカ成分には、「他人の話を聞かない」が含まれる。

せっかく良いもの持っておきながら、使い方を、間違っている。

誰のことでもない、自分のことだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月26日

気楽ということ

己の欲にまかせ、気の向くまま、気楽に生きる。

それが理想と、豪語する人がいたりする。

しかし、すべての人が、そうなったら?

あっという間に、社会自体が、崩壊するだろう。

ならば、前者を、破壊者と呼んでも?

しかし、そう呼ぶ人は、少ない。

やりたくても出来ない、一種の理想、と。

なぜか、そのように、分類されている。

でも、改めて、言い直したい。

理想ではなく、単なる、妄想なのだ、と。

人として生きること自体、気楽とは、無縁だろう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月25日

独りということ

ブッダの言葉に「サイの角のようにただ独り歩め」というものがある。

端的に解釈すれば、孤独のすすめだろうか?

しかし、多くの人は、孤独を恐れる。

たまにニュースになる「孤独死」とか、忌み嫌うことのように。

その根底にある孤独とは、一体何なのか?

無人島に、独りぼっちが、怖いのじゃない。

都会に住んでいながら、自分のことを、誰も気に掛けないのが、怖いのでは?

もっと言えば、学校や職場で、無視されることとか。

それが怖いから、人間関係に、溺れていく‥‥

などと考えていたら、それに呼応するような院号を、頂戴することになった。

独明院釈円融

新たな法名である。 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月24日

台風に吹き飛ばされ

窓の外は、台風の影響で、木々が大きく揺れている。

それにしても、今年は、台風が多い。

そう感じるのだが、調べたら、例年通りだったりする。

結局、その時の気分次第で、多だったり、少だったり、しているだけ。

所詮、あやふやな世界に、生きているわけか。

などと思っている瞬間、一本の枝が、飛んでいった。

何度も揺らされ、痛み、それでもかろうじて残っていたのだろう。

それが、最後は、力尽きて、木から離れる。

それを見て、人の一生も、こんなものでは?と。

であれば、何をやらねばならないのか?

その何かを、しっかり見極める。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月23日

価値観の相違で済むことか

厚顔無恥な人がいる。

政治家など、そのオンパレード?

正直、こんな人間には、なりたくないと思う。

しかし、少なからず、存在する。

それらを、支持する人もいる。

きっと、そこには、知り得ぬ世界があるのだろう。

だからといって、知る気も、更々ないのだが。

そもそも、なぜ、厚顔無恥な人が、減らないのか?

一つには、生き易いからだろう。

何と言っても、他人の迷惑を、省みる必要がないのだ。

とにかく、自分さえ良ければ、大丈夫のようで。

周囲にいたら、疲れそう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月22日

比べたがるということ

なぜ、ここまで、人のことを見下せるのだろう?

そう思わせる人と、出会う。

大抵、そういう人は、卑しい。

そのため、間違いを犯しがち。

だから、非常に、怒りっぽいのだ。

なぜなら、怒鳴り散らすことで、己の誤りを、消そうとするから。

ただ、そこまで極端でなくとも、誰の心にも、潜んでいる。

つい、比べて、「まだ自分の方がマシか」と。

だから、平等心を、常駐させる。

人そのものに、優劣は、無いのだ、と。

しかし、とても難しい仕事でもある。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月21日

多生の縁

袖振り合うも多生の縁、という。

その根底には、輪廻転生がある。

今は、人間として生きている自分。

仏教の世界では、悟るまでは、六道を輪廻し続けるという。

その永劫の時間の中で、今の状況を生む、種を蒔いているのだ、と。

その種が、縁となって、いろいろな人と出会う。

近しい人と出会ったのは、まさに因縁。

それが、濃かったということに。

仮に、嫌な人が、近くにいるとしても、過去生での、種まきの結果。

正真正銘の自業自得で。

そう考えれば、腹立たしい気持ちも、少しは減るはずなのだが。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月20日

なぜ困るのか

急な出費で、財布が空に。

その瞬間、こう感じる。

「困った、お金がない!」

そう思っても、不思議はないだろう。

でも、よく考えてみると、違う面に気づく。

お金がないことが、困ったことなのか?

そうではないのだ。

お金がないと、次の支払いが出来ないから、困るのだ。

では、次の支払いがなければ?

もしくは、もうすぐ給料日なら?

お金がないから困る、という思考に、ブレーキかける。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月19日

これまでと真逆だが

健康体だった頃、夏は半袖で過ごした。

よって、腕時計の後だけが、異様に白く残っていた。

今年は、手袋に、長袖姿で、庭の草取り作業を。

腕時計などしていなかったため、そこだけ黒くなっている。

歩けた頃は白かった手首周りが、今は、そこだけ真っ黒に。

その光景に、つい笑ってしまう。

一つの変化が、作用する。

あらゆる面に、影響を与える。

良いこともあれば、悪いことだってある。

それもこれも、一つの変化が、及ぼしたこと。

それを包み込むようにして、今日がある。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月18日

諸々の変わり目

早朝、写真撮ろうと、窓を開けた。

その瞬間、冷たい空気が、部屋の中に。

どう考えても、外の方が、涼しい。

いよいよ秋が、深まってきた模様。

そろそろ、エアコンも、店じまいかと思いきや、ラジオから、「本日も真夏日になる」と。

まだまだ、活躍してもらわねばならないようだ。

季節に限らず、変わり目への対応は、難しい。

こちらを立てれば、あちらが立たず。

こうなることが、必然だからだ。

それでも、どちらかを優先しなければならない。

その判断結果の積み重ねが、今の自分か。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月17日

やりもせずの奥に

強制ではないが、誰かがやらないといけない仕事がある。

分かりやすいものでは、学校の役員とか、地区の役員など。

そのような仕事を前に、手を上げるかどうか。

それで、その人の一面を、知ることが出来る。

仕方ないと、手を上げる人A。

我関せずと、そっぽを向く人B。

Bから見てAは、どう写る?

お人好しとか物好きでは?

まあ、好意的な見方ではないだろう。

しかし、大多数からは、好意的に評価される。

引き受けてくれて、ありがとう、と。

そのことに嫉妬しているBとは、何者なのだろう?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月16日

決断する以上は

明日の天気を、予報見ながら、思案する。

雨マークの予報でも、目覚めた時は快晴、なんてことはザラ。

よって、予報は、あくまでも、予報として捉える。

それを元に、最終判断は、自分で下す。

外出するか、家に篭もるか。

屋根のある場所を探すか、濡れることを覚悟するか。

自分で下した結論、当然、納得している。

仮に、誤った判断だったとしても、文句は言わない。

ここまで明確にあれるのも、自分一人で決めたから。

過程において、誰かに助言もらうと、意に反した決定をしたりする。

後悔生むのは、決まって、こういう場合だろう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月15日

常に改善最善を

今、自分が、時計の12時の位置に、立っているとする。

そこから、10時の位置に向かうという、仕事を与えられた。

マニュアルによれば、1時、2時‥‥9時、10時とある。

最初は、そのようにやってみた。

次にやった時、疑問が湧いた。

その次には、思い切って、逆方向にショートカット。

その効率の良さに、笑ってしまった。

前例踏襲とかマニュアルどおりでは、こうはいかない。

違うやり方、確かに、それなりのリスクは、伴うだろう。

しかし、当たれば、でかいのだ。

失敗しても、元に戻せば、済むだけのことだから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月14日

簡単に見えることの裏

朝顔の花は、朝開く。

よって、早起きしなければ、見ること叶わず。

では、早起きさえすれば、大丈夫?

いくら目覚めても、外に出ていかなければ、見ることは出来ない。

そして、そこに朝顔が無ければ、花以前の問題だ。

単に、朝顔の花を鑑賞と言いつつも、いろいろな要素が必要に。

なのに、それを、意識することはない。

確かに、目にしてしまえば、何のこともない、容易な出来事。

その容易さが、そこに至るまでの過程を、流してしまう。

一つ躓けば、あっさり瓦解するにも関わらず。

蛇口から水が出るのも、そこまでの過程に、問題ないから。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月13日

猿も木から

庭先に、プラスチックの小さなバケツがある。

そこに、先日のゲリラ豪雨で、雨水が溜まっていた。

そこまでは、いつもの光景だが、今回は違うものに。

なぜか、カエルが1匹、浮かんでいたのだ。

手足も伸び切っていたので、死んでる?

処理しようとしたら、足がピクッと。

水ごと、バケツをひっくり返したら、普通に飛び跳ねた。

どうやら、バケツの中で、溺れていたようだ。

プラスチックが滑り、出るに出られなかったのだろう。

しかし、水生動物だと思っていたので、ちょっとビックリ。

何はともあれ、油断大敵ということで。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月12日

気が滅入るのなら

仕事が山積みで、朝から気が滅入る。

そんな時、どうすれば?

どうもこうもない。

ただ仕事を、片付けるのみ。

気が滅入っても、仕事は、減らないのだ。

減らすためには、片付けること以外、方法はない。

結局、逃げたくても、逃げられないから、気が滅入るのでは?

なら、逃げようとしなければ良いだけ。

そのためには、決断する。

とにかく、自分で自分を、奮い立たせる。

その訓練を、日頃から、やり続け、習慣化しておく。

ということも、口で言うほど、易しくはないのだが。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月11日

何となくを削除して

今日生きてるから、明日も生きてるだろう。

こんなふうに、何となく大丈夫で、生きる人は多い。

もったいないことだと思う。

「台風の海で、サーフィンし、60代男性死亡」

そんなニュースを見て、感じたのだ。

この人も、何となく大丈夫で、荒れ狂う波に、向かったのだろう、と。

今日生きているということは、とてつもない幸運である。

ただ、そのことに、思いを馳せるだけで良い。

それだけで、見える景色が変わってくる。

何となくでは、分からなかったもの。

実は、それらは、常に有った、と。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月10日

受け継ぐということ

創業以来、継ぎ足し継ぎ足しで守ってきた、秘伝のタレ。

そんな謳い文句を、掲げた店がある。

厳密に言えば、継ぎ足した段階で、創業当時の味じゃないだろう。

しかし、同じ味になるよう努力する姿が、まさに継ぎ足し。

これって、自分の身体と同じ。

数え切れない細胞が、生まれ変わる。

生まれた当時の細胞なんて、どこにも残っていない。

そう考えたら、生まれた時と、今では、別人?

でも、そんなことを、言う人はいない。

細胞は生まれ変わっても、自分は、受け継がれている。

果たして、正しい受け継ぎやって来たかを、再確認。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月 9日

腹立たしいことも教材に

法律より、国民感情を、優先するとどうなるか?

その反面教師が、隣国だろう。

これを、個人感覚に、落とし込んで見る。

法律とは、約束とも言える。

仮に、明日までに、返事をもらう約束をする。

その約束を、その日の気分で、破るとしたら?

仕舞いには、「そんな約束したことない」では?

とてもじゃないが、付き合いきれない。

考えるだけで腹立たしくもなるが、個人的に益なし。

だから、いかに、刺激されないかの、教材とする。

どのような理不尽極まりない主張にも、冷静な目を保つ、という。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月 8日

勢いのまま進むことも

ガタが目立ちだした車イス、いよいよ買い替えか?

そう考え、いろいろ探してみることに。

種類が無さそうで、有りすぎた。

結局、どこのメーカーの、どのタイプが良いのか、さっぱり。

そんな時、ネット通販サイトを覗いたら、そこにもあった。

それも、スタイリッシュな品が、格安で。

ひょっとしたら、福祉制度使わずに、直接購入した方が、安いのでは?

しかし、ネット通販の怖さは、よく知っている。

説明文が、100%正しいとは、限らない。

そうこうしているウチに、段々、面倒になってきた。

無理すれば、現行車を、使えるかな、に。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月 7日

火のない所に立つ煙とは

冬になると、ストーブ出した。

そして、上には、決まってヤカンを。

暖房と加湿を、同時に行えた優れ物。

そんなストーブだが、触れたら、火傷する。

いくら大丈夫と言っても、しっかり水ぶくれなのだ。

この場合、ケアしておかないと、大事に至ることも。

その事実を前にすれば、何を言っても、始まらぬ。

痛かろうが、痛くなかろうが、まずは冷やすことから。

これが、火の着いていないストーブだったら?

抱きついても、火傷などせぬ。

いくら本人が、痛いと言っていてもだ。

そこから見えるものを、考えてみる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月 6日

あるがままを

世の中には、無駄なものが、山ほどある。

それらを排除できれば、どれほどスッキリするだろう?

とは思うものの、まるで変わらない。

なぜなのか?

こちらには無駄でも、あちらには必要だから。

要は、価値観の相違となる。

10人いれば、10の価値観が生まれる。

それぞれに、要、不要が、出て来る。

それを、一つの価値観で、排除とか、無理に決まっている。

であるなら、やれることは、決まってくる。

ただ、それらを、認めるだけに。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月 5日

転換することで

歯を食いしばり、負けるもんかと、上を向く。

反発する心が、向上のきっかけとなることもある。

映画やドラマでは、よくある話だ。

これが、現実社会では、どうだろう?

確かに、反発心を、向上心に変換できる人は、多数存在する。

でも、反発心が、そのまま、怨みやグチに変わる人だって、数多見かける。

そして、どちらが容易かといえば、後者の方。

だからこそ、注意が必要となる。

反発しなければならない壁を目の前に、「誰がこんなところに」

なんて、ブツブツ言ってたりしないだろうか?

いつでも、常に、我が身を振り返る。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月 4日

小さな虫に感心し

庭先に、結構な数のコオロギが生息している。

それらが、鳴くのだ、暗くなると。

その音色、まさに、虫のオーケストラ。

そんなコオロギ、たまに、間違って、玄関先に入ってくることも。

そして、鳴く。

庭先で聴くのとは、別次元の大音量となる。

TVの音が、聴き取れぬ程の。

あんな小さな虫の、どこに、そんなパワーが?

捕まえて、外に出そうとするも、逃げ回る。

そして、改めて、思う。

こんな小さな身体の、どこに、そんなパワーが?と。

果たして、自分には、そんなパワーが、少しでもあるのだろうか?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月 3日

鈍感力のひとつ

まだまだ残暑厳しいが、吹く風の中に、冷たさを感じるようになった。

まさに秋の気配なのだが、そうなると、風邪の心配が出て来る。

いわゆる、季節の変わり目の、体調不良というやつだ。

ただ、「馬鹿は風邪を引かない」という。

そういえば、ここ数年、風邪を引いていないな。

そうか、自分は馬鹿だったんだ!

などという、科学的根拠は無い。

そもそも、健康管理がしっかりしているから、風邪とは無縁。

なのに、なぜ、馬鹿と言われるのだろう?

調べてみると、納得する説明が。

風邪を引いても、気づかないから、馬鹿と言われる、らしい。

これはこれで、ひとつの才能か?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月 2日

いつまでこんなことを

今日も、いじめ関連のニュースが流れた。

若い子が、いじめられ、命を落とす。

あまりに、痛ましい。

なのに、平気で、こういうことを言う。

「いじめと自殺には、関連性が無かった」

いじめた生徒が、まず殺す。

それを認めたがらない大人が、再び、殺す。

そういうことを、やっているのだ。

あまりに、人の命を、軽んじていないだろうか?

これに対し、したり顔で、「証拠がないのだから」と言われるかも。

まあ、閻魔大王の前で、好きに言ってれば。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

2019年9月 1日

運命の浅学

クラシックの曲を、耳にする機会は多い。

CMやドラマの中などでも、使われるから。

でも、すぐに曲名が浮かぶものは、意外に少ない。

メロディーは聴いたことがあるのに、曲名が浮かばないのだ。

そんな中、ベートーベンの「運命」は、迷うことがないのでは?

耳にした瞬間、「あっ!運命だ」に。

そんな「運命」、実は、休符から始まる。

つまりは、最初は無音。

よって、オーケストラの演奏者は、緊張するらしい。

そういえば、学生時代、一度だけ生演奏を、聴いたことがある。

一人の奏者が、最初の無音を失敗し、音を出してしまった。

当時は、こういうことを知らず、ただ失笑していただけ。

恥ずかしくなるくらいの、浅学だった。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »