« 生きるということ | トップページ | 人口減の時代となって »

2019年7月13日

自分の属すグループは

グループ分けすれば、私などは、「障害者」という範疇へ。

では、そのグループは、必要か?

言い換えれば、自分から進んで入りたい、グループか?

決して、そうではないだろう。

だから、バリアフリーが、進まないわけで。

でも、障害者ではなく、一個人としてなら?

問答無用で、不要とはならないはず。

障害の有無に関わらず、必要としてくれる人は、存在するから。

しかし、個の力なんて、微々たるもの。

ミクロでは必要でも、マクロでは不要。

それらが合わさって、どうでもいい存在へと化す。

考えたら、非常に、不安定な立ち位置か。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 生きるということ | トップページ | 人口減の時代となって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生きるということ | トップページ | 人口減の時代となって »