« 猛暑なればこそ | トップページ | 何事にも大前提があるもの »

2019年7月29日

隣り合わせの難しさ

生と死は、隣り合わせだと言われる。

なのに、なかなか実感できない。

他人事ではない、自分のことなのに。

その一つに、生と死を、分けて考えるからだろう。

どうしても、生と死は、別物に思えるから。

しかし、隣り合わせと言えば、同じ方を向いているはず。

生は右向きで、死は左向き、なんてことはないのだ。

ということは、生から死は、見えないってことでは?

ならば、別物と勘違いするのも、納得。

また、死を往生とも言う。

この世の生から、あの世での生へ。

この辺が、まだぼんやりしているわけだ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 猛暑なればこそ | トップページ | 何事にも大前提があるもの »

コメント

釈さん、こんにちは。2週間前に心筋梗塞になり、危うく三途の川を泳ぐところでした。冠動脈にステントなるものを入れてしまいました。生きてることの喜びを感じています( ^ω^ )

投稿: 園芸オヤジ | 2019年7月30日 15:46

園芸オヤジさん、こんにちは。
ご無事で何よりです。
まだ渡るには、早いですから。
死の扉を眺めた「同志」になってしまいましたね(笑)

投稿: 釈円融 | 2019年7月30日 16:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猛暑なればこそ | トップページ | 何事にも大前提があるもの »