« 雨の日に思う人の優しさ | トップページ | 良くも悪くも »

2019年6月 8日

けじめのついた姿

ツバメの飛ぶ姿は、美しい。

その行為の裏付けがあるため、一層輝く。

素早く飛んでいるのは、巣で待つ雛のため。

大きな口を開け待っている雛に、親鳥が懸命に、エサを運ぶ。

来る日も来る日も、飛び交って。

そして迎える、巣立ちの日。

それ以降、親が雛に、構うことはない。

親と子の間に、愛執など存在しない。

だから、家庭内暴力や家庭内殺人など、起こり得ない。

どちらが、高等な生き物なのか?

万物の霊長が、聞いて呆れる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 雨の日に思う人の優しさ | トップページ | 良くも悪くも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨の日に思う人の優しさ | トップページ | 良くも悪くも »