« ざらついてこその紙やすり | トップページ | いつもと違うこれくらい »

2019年6月24日

残り繋がり

ウイスキーの樽材で出来たボールペンを、使っている。

かれこれ20年ほどになるだろうか。

考えたら、ウイスキーの樽材として、50年以上は、使用されたはず。

そして、樽材に使われるのは、樹齢100年ほどの樹木。

ということは、手元にあるボールペン、200年の時を刻んでいることに。

そう考えれば、不思議な感覚に。

当然、この樹木を、伐採した人がいる。

それを、樽材として、加工した人もいる。

すでに、この世の人ではないだろうが、しっかり繋がっている。

どんな人々だったか、知る由もないが、証はしっかり、残っているのだ。

自分は何か、残せるだろうか?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« ざらついてこその紙やすり | トップページ | いつもと違うこれくらい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ざらついてこその紙やすり | トップページ | いつもと違うこれくらい »