« あるがままに受け入れる | トップページ | 目指す目指さぬ自分の裁量 »

2019年5月13日

下り坂転げ落ちるかじっくりか

地球上のすべての生き物が持つ、二つのもの。

それは、生と死である。

生まれてこなければ、そもそも、生き物と呼ばぬ。

そして、生まれてきた以上、必ず、死を迎える。

よく生まれ落ちると表現することがあるが、至言だと思う。

生まれたら、後は、死へ向かって、落ちるのみ。

ブレーキのない車で、下り坂を、走るようなものだろう。

ただ、ハンドルやアクセルは、持っている。

よって、左右にブレたり、加速したりが、あるわけで。

しかし、落ちていることに関しては、変えようがない。

そこに気づくと、日常のああだこうだが、どうでも良くなる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« あるがままに受け入れる | トップページ | 目指す目指さぬ自分の裁量 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あるがままに受け入れる | トップページ | 目指す目指さぬ自分の裁量 »