« ボヤくだけでは何も変わらず | トップページ | 他人の善意が前提では »

2019年5月10日

いわゆる知ったかぶり

自分の知っていることと、知らないこと。

どちらの割合が、大きいいだろうか?

どう考えても、知らないことの方だろう。

では、その割合は?

そう考えると、分からなくなる。

一体、自分は、どれほどのことを、知らないのだろう?

例えば、図書館に行けば、万単位の本が並ぶ。

そのほとんどを、読んだことが無い=知らない。

そう考えると、1を知り、万を知らない?

いや、億もしくは兆の単位に、及ぶかも。

いやはや、知ったかぶりの、無知さを知り得た。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« ボヤくだけでは何も変わらず | トップページ | 他人の善意が前提では »

コメント

釈さん、こんばんは。
たいがい、一般庶民の皆さまは、知らないことを知ったかぶりしています。釈さん以外に、知っていても、知らないと言われる方に、出会ったことがありません。

投稿: おやおやオヤジ | 2019年5月10日 22:39

おやおやオヤジさん、こんにちは。
知らないことは、知らないって言う方が、楽に生きられますからね。
まあ、その後の、知る努力は、必要ですけど(笑)

投稿: 釈円融 | 2019年5月11日 06:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボヤくだけでは何も変わらず | トップページ | 他人の善意が前提では »