« 何となくでは勿体ない | トップページ | ちょっとの刺激に反応し »

2019年5月19日

探せば宝の種はある

中途で障害を負うと、満足な生活が出来ない。

そう言い放っても、誰も反論してこない。

逆に「そうだね」と、納得さえ。

でも、それ自体、「真」ではない。

だからといって「偽」でもないから、ややこしいのだ。

結論から言えば、中途で障害負っても、満足な生活は出来る。

ただし、発想を、ガラリと変える必要があるだけ。

この「ガラリ」で、多くの人が、躓くのだろう。

どうしても、「これまで」に、執着してしまうから。

その執着自体、人間の性でさえあるわけだし。

よって、中途障害は、普通の人より、一皮むける可能性を、秘めている。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 何となくでは勿体ない | トップページ | ちょっとの刺激に反応し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何となくでは勿体ない | トップページ | ちょっとの刺激に反応し »