« あやふやで掴みどころが | トップページ | ただ在るということ »

2019年3月 2日

道楽三昧を

人生を、「道」に例えることがある。

道だから、上り坂もあれば、下り坂もあるというように。

すると、輝き出した、言葉が出てくる。

道楽。

一般的には、褒められる意味では、使われない。

でも、人生を楽しむことが、道楽ならば、満更でもない。

上りの辛い坂でも、道楽なのだ。

その道自体が、楽しみなのだ。

今までの苦しみが、雲散霧消。

心の中が、晴れ渡る。

まさに、道楽の真骨頂か。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« あやふやで掴みどころが | トップページ | ただ在るということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道楽三昧を:

« あやふやで掴みどころが | トップページ | ただ在るということ »