« 言われてみれば自分のことと | トップページ | 天気次第で »

2019年3月 9日

共感することこそ

デパートで、祖父母が孫に、おもちゃを買っている。

ほっこりとする光景だ。

そこに、優しい流れを感じる。

でも、これが、本当の優しさだろうか?

もし、先の祖父母が、孫の言うまま、常に買い与えていたとしたら?

優しさというより、甘やかし。

しかし、孫が、そのおもちゃの前を通るたび、グッと我慢している姿を、見ていたとしたら?

まさに、祖父母の優しさなのだ。

おもちゃのない、何ともいえない切なさ。

その心を、孫、祖父母、両方で共感している。

その共感こそが、優しさの根本なのではないだろうか?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 言われてみれば自分のことと | トップページ | 天気次第で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 共感することこそ:

« 言われてみれば自分のことと | トップページ | 天気次第で »