« 縁あればこそだから | トップページ | 妥協が悪いわけじゃなく »

2019年3月27日

桜を愛でる

今年も、桜が咲き出した。


同時に、今年も見ることが、出来たのだな、と。


元気な頃は、4月になったら花見をすることが、決定事項だった。


桜を愛でることは、出来て当然だったのだ。


しかし、それらはすべて、あやふやなもの。


次も愛でられるなんて、保証はないのだ。


誰であろう、自分自身が、我が身で知ることに。


あと何回、愛でることが出来るのか?


昔なら、考えることもなかった。


考えるということは、当然、終わりを自覚しているということ。


それがあるから、生きることと、がっぷり四つに。


ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 縁あればこそだから | トップページ | 妥協が悪いわけじゃなく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 縁あればこそだから | トップページ | 妥協が悪いわけじゃなく »