« ある勘違いから | トップページ | あやふやで掴みどころが »

2019年2月28日

地獄の沙汰

古い映画を見ていたら、こんな台詞があった。

「地獄の沙汰も金次第やぁ」

一般的には、あらゆることが、お金次第で、どうにでもなること、と。

しかし、閻魔大王が、お金で動くか?

そう思い、この故事の云われを、調べてみた。

すると、面白い話に、行き当たる。

 ある長者が亡くなった。葬式に呼ばれた坊さんが、その長者が、地獄に落ちていく様子を見る。
 あわてて遺族に、「蔵の中の金を、村人に分け与えなさい」の説法。
 その結果、村全体が裕福になり、長者の地獄落ちも免れた‥‥

まるで、意味合いが、違っている。

お金の使い方が、まるで、逆方向なのだ。

いつの間に、こういう使い方、するようになったのだろう?

心の中を、透かされている。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« ある勘違いから | トップページ | あやふやで掴みどころが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地獄の沙汰:

« ある勘違いから | トップページ | あやふやで掴みどころが »