« 固定観念を捨てる | トップページ | 自分らしくより »

2019年2月19日

あきらめるの意味

車イスで、上の階へ行こうとしたら、エレベーターが必要。

よって、初めての場所なら、まず、エレベーターを探す。

これが、丁寧な案内板あれば、迷うことなど無い。

しかし、すべての場所が、そうとは限らぬ。

係の人を探し、尋ねなければ、分からないなんて、多々あるわけで。

それでも、エレベーターがあれば、まだマシ。

開口一番、エレベータが無いことを、告げられることも。

それはそれで、仕方ないと、あきらめていく。

否が応でも、あきらめる習慣が、身につくというもの。

その結果、あきらめることと、そうすべきでないことの判断が、早くなる。

まさに、あきらめる=明らかに見る、を実感している。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 固定観念を捨てる | トップページ | 自分らしくより »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あきらめるの意味:

« 固定観念を捨てる | トップページ | 自分らしくより »