« 巨木から見て | トップページ | 信頼ということ »

2019年1月18日

素直が一番

何も無いところからは、何も生まれない。

何かが生まれたということは、そこに、何かの種があったということ。

それでも「何も無かった」と言い張るか?

単に、その種を、見る力が無かっただけなのに。

こういう論調、そこかしこで、見受けられる。

原因は、自分のことを、棚に上げているからだろう。

突き詰めれば、素直さの欠如だ。

素直じゃないため、自分だけは正しい、に。

では、「何も無かった」と言い張り、何かを得たのか?

そう突き詰めれば、グウの音も出ない。

しかし、素直じゃないため、何も得てないことさえ、認めない。

素直なことは、強大なパワーを、秘めているのに。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 巨木から見て | トップページ | 信頼ということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素直が一番:

« 巨木から見て | トップページ | 信頼ということ »