« 怖いに決まっている | トップページ | 巨木から見て »

2019年1月16日

当たり前と思う愚者

病気やケガをすると、健康のありがたみが、分かるという。

元々、健康だったことに、気づいていなかったからだろう。

病気やケガという枷をはめられて、初めて、健康の自由さを知る。

健康に限らず、自分の周りには、多くの「当たり前」がある。

空気があるから、呼吸が出来る。

当たり前だ。

でも、その「当たり前」を、意識することはない。

意識するのは、「当たり前」が、そうでなくなった時。

逆に言えば、そうでなくならないと、見えてこないのかも。

だとしたら、愚者と言われても、反論できぬ。

そうでなくなるまえに、意識してみる。

まるで違う、景色が見えるはず。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 怖いに決まっている | トップページ | 巨木から見て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 当たり前と思う愚者:

« 怖いに決まっている | トップページ | 巨木から見て »