« いつかは破れる | トップページ | 自分の感覚を信じる »

2018年12月28日

目には見えねど

いろいろな人と、いろいろな話をする。

すると、いろいろなことが、見えてくる。

今まで見えてなかったことに、気づかされる。

自分一人で考えてるだけでは、決して見えなかった世界。

それでも、その種となるものは、確かに在った。

その種自体は、見えていた。

ただ、どう育つかが、見えていなかっただけ。

そういう意味では、無限に広がっているのだろう。

可能性という世界そのものは。

ならば、見えないからって、あきらめるには早い。

ひょっとしたら、何かの種が、今、目の前に、あるやも知れぬ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« いつかは破れる | トップページ | 自分の感覚を信じる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目には見えねど:

« いつかは破れる | トップページ | 自分の感覚を信じる »