« 虹を見た | トップページ | 手をこまねいているだけじゃ »

2018年12月 9日

階段とは何か

成功への階段を上る。

昔読んだ本に、そういうことが、書かれてあった。

一段上るたび、成功が近づいてくる、というわけだ。

この場合の階段とは、何か?

成功というものの、延長線でなければならない。

もし上った先が、失敗なるものだったら、目も当てられない。

そもそもの、前提から、ひっくり返ることに。

目の前に、階段がある。

だからといって、闇雲に、上れば良いわけではないのだ。

その階段の、行き着く先は、どこなのか?

上る前の、確認からとなる。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 虹を見た | トップページ | 手をこまねいているだけじゃ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 階段とは何か:

« 虹を見た | トップページ | 手をこまねいているだけじゃ »