« 真実写す鏡があれば | トップページ | 無駄でもついつい »

2018年12月20日

クモの目の数

子供の頃、図鑑でクモを見た時のこと。

目が8個あったことに、驚きを覚えた。

それまでの認識として、生き物の目は2個。

なぜなら、人間はもちろん、犬猫や魚だって、そうだったから。

トンボとか複眼は知っていても、見た感じは2個。

そこへ、8個の目だ。

一種の衝撃を伴い、記憶へ残ることに。

このように、自分の持つ常識から逸脱したことに触れると、驚きを伴う。

問題は、その時の、心の有り様だろう。

嫌悪感を持ち、絶対に認められないとなったら?

こちらの気持ちなど関係なく、事実は事実として、そこに在るのに。

自分で、社会の扉を、閉ざしてしまう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 真実写す鏡があれば | トップページ | 無駄でもついつい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クモの目の数:

« 真実写す鏡があれば | トップページ | 無駄でもついつい »