« 信仰というもの | トップページ | 機が熟す »

2018年11月18日

一昔前なら老人

初老とは、40歳のことだと、初めて知った。

ならば、昔話に出てくるおじいさん、おばあさんも、40代だろうと。

人生50年なんて言われていた時代。

40も過ぎれば、老人域も、当然か。

であるなら、知恵袋なるもの、40歳で持っていないと、いけないのでは?

そんなことを、考えてみたりもする。

というのも、ニュースを賑わす、中高年者。

まことに浅ましい限り。

時代が違うと言われたら、そうかもしれない。

しかし、どちらも、人間であることに、変わりはない。

その整合性は?

まあ、他人のことより、まずは、我が身のことなのだが。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 信仰というもの | トップページ | 機が熟す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一昔前なら老人:

« 信仰というもの | トップページ | 機が熟す »