« 身近だった無常 | トップページ | これまでの概念覆す »

2018年11月22日

因果応報

青々していた草木が色づき、やがて葉を落とす。

残った姿は、まるで枯れたかのよう。

ところがどっこい、生きている。

眠っているかのように見せ、せっせと春の準備を重ねている。

その努力は、決して裏切らない。

なのに、努力を放棄するとか、何を考えているのだろう?

自分の芽吹きくらい、自分で準備すべきこと。

すべての生物に、出来ることなのだ。

下手な頭を持つ分、人間だけが、楽をしようとする。

しかし、その報いは、必ず返ってくる。

その時、泣こうと、誰も助けられぬのに。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 身近だった無常 | トップページ | これまでの概念覆す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 因果応報:

« 身近だった無常 | トップページ | これまでの概念覆す »