« 押しやってしまいがち | トップページ | なぜだろう »

2018年10月17日

たまには違うこと考えてみる

ニュースの見出しに、「平等」の文字が。

ただ、人は、見たいものしか見ないし、聞きたいものしか聞かない。

真剣に平等を考えるなら、見たくないものや、聞きたくないものを、受け入れねばならないだろう。

そう考えたら、平等を目指すことが、いかに困難か分かる。

仮に、「命は、すべて平等である」とする。

そうなってしまえば、どうなるだろう?

間違いなく、人類滅亡。

生きている物を、食することが、出来なくなるからだ。

そこまで突き詰めてみると、知識人とやらの「平等」の、薄っぺらいこと。

所詮は、自分の主張する条件内での、平等にしか思えない。

果たして、それを、平等と言えるのだろうか?

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 押しやってしまいがち | トップページ | なぜだろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまには違うこと考えてみる:

« 押しやってしまいがち | トップページ | なぜだろう »