« 自分なりの理解 | トップページ | すべてはジャストタイミング »

2018年10月26日

海の何が広大なのか

海というのは、ある意味、平等の権化。

というのは、どのような河川の水でも、受け入れるから。

この川の水は綺麗だから受け入れるが、こちらは汚れているからダメ。

などということは、決してないのだ。

その水が、清だろうと濁だろうと、併せ飲む。

そして、等しく、海水と化してしまう。

その単純にして、広大な働き。

見ているようで、まるで、見えていなかった。

それからすれば、何と、自分の矮小なことか。

つまらぬことで、ああだこうだ。

たまには、海水でも、なめてみるか。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。
これからの一日が、あなたにとって良き日でありますように。

|

« 自分なりの理解 | トップページ | すべてはジャストタイミング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海の何が広大なのか:

« 自分なりの理解 | トップページ | すべてはジャストタイミング »